結婚費用は二人の貯金で何とかなる?平均総額から考える親の負担、両家の分担相場などお金の話

結婚費用

「結婚には何かとお金がかかる」とは良く言われますが、実際にどれくらいの金額になるのでしょうか?

「具体的な結婚費用」を、ゼクシィ結婚トレンド調査2015のデータを元に見ながら「結婚する為に必要なお金をどう工面すれば良いのか?」について考えてみたいと思います。

結婚費用の項目別平均額(全国推計値)

結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用

全国推計値
結納式(食事代込み) 17.3万円
両家の顔合わせ(食事代込み) 6.3万円
婚約指輪 34万円
結婚指輪(2人分) 23.8万円
挙式、披露宴・披露パーティ総額 352.7万円
挙式料 29.2万円
料理+飲み物(1人あたり) 1.8万円
新婦の衣裳 46.1万円
新郎の衣裳 16.6万円
ブライダルエステ 8.6万円
ギフト(1人あたり) 0.7万円
ブーケ(1個あたり) 2.9万円
会場装花 17.4万円
ウエルカムアイテム(ウエルカムボードなど) 1.6万円
スナップ撮影(事業者に支払った費用) 22.1万円
ビデオ撮影(事業者に支払った費用) 18.7万円
新婚旅行 60.6万円
お土産 11.7万円

結婚費用で最も高額になるのが挙式・披露宴・披露パーティーです。全国平均は352.7万円。

披露宴・披露パーティの招待客人数は平均68.7人。1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティ費用平均費用は6.6万円……と、招待客が多ければ多いほど、用意する料理や飲み物、ギフトも多くなるので費用も高くなります。

グラフにしてみると、挙式・披露宴・披露パーティーの総費用が突出していることが良く分かりますね。

項目別結婚費用一覧

婚約・結婚式・式後・新生活なども合わせると結婚費用の総額は「650万円」くらいが相場になります。

「自分たちの結婚は、そんなに高額にはならないだろう」と思っていても、最終的に割高になってしまうのは良くあることです。
また地域ごとにお金をかける項目が異なるので、平均よりも高い費用がかかってしまうこともあります。

では実際に、結婚費用はどのように用意すれば良いのでしょうか?

結婚費用を用意する方法

結婚に関するお金を用意するには、以下のような方法が挙げられます。

  • 二人の貯金
  • 親や親戚の援助
  • ご祝儀・お祝い金
  • ブライダルローン

二人の貯金

現在、二人の貯金がいくらあり、その中で結婚費用に使える金額がいくらなのか?を確認します。
結婚費用の各項目の平均費用を見ながら「何にいくら使えそうか?」を大体で良いので見積もっておきましょう。

二人の貯金額

結婚費用のための夫婦の貯金総額は全国平均で「300万円」。
100~200万円未満が24.1%、200~300万円未満が20.2%、300~400万円未満が14.7%と、100~400万円未満がボリュームゾーンです。

実際に全額使ったかどうかは別として、挙式・披露宴・披露パーティーの総額の全国平均が352.7万円を考えると「足りない~やや足りない」くらいの金額になりますね。

積立

また今の貯蓄額では足りなくても、会場にお金を支払う時までにお金を貯めておけば大丈夫。
「月々の貯蓄目標額を決めて、必要な金額が貯まる時期に結婚式の日取りを決める」という方法もあります。

結婚式費用専用の口座を作って、定期的に決まった金額を入れたり、給料から天引き貯蓄をしたりすると、目標が明確になるだけではなく、堅実に貯めやすくなりますね。

親や親戚の援助

親・親戚の援助

結婚式・披露宴を行なったカップルの4組に3組近くが、親や親戚の援助を受けています。

援助総額の平均は183.9万円
100~200万円未満が35.8%、200~300万円未満が24.7%と、両家合わせて200万円前後の援助を受けて、結婚をするカップルが多いです。

親や親戚からの援助を平均額ほど期待できるのであれば、自分たちの結婚式費用の負担は1/3程度まで減ります。

やはり「結婚は本人だちだけではなく、家同士の結びつきだから」や「せっかく結婚式をするのだから、二人にとって良い式にしてほしい」、「これが最後の援助だから、後は二人で頑張って」という意向が感じられます。

ただし親や親戚からの援助金額が多ければ多いほど「式内容(招待客の内訳や会場など)に口出しされやすい」という場合もあるので、援助を申し出られた場合は、そのあたりも確認しておいたほうが良さそうですね。

ご祝儀

ご祝儀

招待客からいただくご祝儀やお祝い金は、結婚費用にあてることができます。

ご祝儀総額の全国平均は227.1万円。
招待客別の1人あたりのご祝儀額の平均は以下の通りです。

  • 友人:3.0万円
  • 上司:3.9万円
  • 親族:6.3万円
  • 恩師:3.7万円

招待客の人数が多ければ多いほど、受け取れるご祝儀額も多くなるので、自分たちが負担する金額は減ります。

ただし「誰が結婚式の費用を負担したか」によって、ご祝儀の扱い方が変わってきます。

【親や親戚が援助・負担した場合】
親や親戚(祖父母など)から援助を受けた場合、ご祝儀は親に渡すのが一般的です。
ただし「ご祝儀は、今後の為に使いなさい」と言われたら、そのまま受け取っても構いません。

【「結婚準備のリアル」管理人の体験談】
挙式前、親と結婚費用について話し合う機会があった際「ご祝儀は自分たちの招待客の分は受け取ってしまって、私たちには返さなくて良い。今後の為に使わず貯めておいて。相手のご両親はどうするかは分からないけど、家はそのような形で」という話があり、私も同意しました。

【自分たちで費用を分担した場合】
基本的に自分たちが好きに使えます。例えば……
○会場の支払いに使う
式当日や式後に後払いが可能であれば、ご祝儀を支払いに用いることができます。

一方「支払いは前払い(結婚式の約1~2週間前に全額振込み)」という会場だと、ご祝儀をあてにできないので「いつ支払うのか?」は早い段階で確認しておきましょう。
また支払い金額が高額になる分「クレジットカードNG」という場合もあるので、合わせて見ておきたい所ですね。

○新生活・新婚旅行などの費用に使う
結婚式の前後に新居に引っ越すカップルが多いと思いますが、追加で欲しい家具や家電を購入する方法もあります。

また式後すぐに新婚旅行をしないのであれば、ご祝儀を旅費として使うこともできますね。

ブライダルローン

ブライダルローンとは、自動車を購入する為の「自動車ローン」や家を購入する為の「住宅ローン」と同じ目的型ローンの一つで、結婚式や披露宴など高額になりやすい結婚費用を対象にしたローンのことです。

金利は4~15%前後、固定金利が相場で、これは一般的な銀行のカードローンと変わりありません。

借りられる限度額は金融機関や審査によって異なりますが「約300~500万円」が相場なので、自分たちの貯金や親や親戚からの援助が少なくても、大半の費用をブライダルローンから捻出できますね。

ただし借りる額が大きく返済期間が長いと、利息額も大きくなってしまいます。

「憧れの結婚式を挙げたいから、ブライダルローンを組む」というのは、選択肢の一つとしては有りですが、結婚式後、毎月何万円もの出費が何年も続いてしまうのは、今後の新生活に大きな影響を出すので、ブライダルローンはあくまでも「最終手段」として考えておいた方が良いです。

両家の分担

昔は「男性の方が多く出す」という考え方もありましたが、現在は両家で公平に分担するのが一般的です。

ただし費用に関しては両家で考え方も異なるので、二人で勝手に決めず、両家の顔合わせ時や具体的な見積もり金額が出た時を目安に話し合うと良いです。

両家で費用を分担する場合、大きく分けて以下の4通りの方法があります。

  • 両家で完全に折半する
  • 新郎側:新婦側=7:3または6:4
  • 招待客の人数比で割る
  • 項目で分担を決める

両家で完全に折半する

最もシンプルな方法です。
ただし全ての費用が折半になると「料理のグレードを上げたい」「お色直しで別の婚礼衣装が着たい」など、各親の希望が出しにくくなるのが欠点です。

両家で良く話し合ったり「項目ごとに分担をする」の方法を利用したりすることが必要不可欠です。

新郎側:新婦側=7:3または6:4

完全な折半ではないけれど、男性側の意向で「多く出したい」と言われる場合もあります。

「婿に来てもらう」や「新婦の方が金銭的な余裕がある」、「新婦だけにかかる費用が高額になった」という場合は、新郎側と新婦側の比率が逆になることも。

招待客の人数を比較して割る

両家で招待客の人数が大きく異なる場合、料理や飲み物、ギフト(引き出物や引き菓子)の金額にも差が出ます。

各家の招待客の人数に応じて、負担すれば不公平感が出ません。この場合は、ご祝儀も互いに受け取るのが基本になります。

項目で分担を決める

会場費は折半、衣裳代は各自で負担……というように、二人に関わる項目は折半して、それ以外は各自が負担する方法もあります。

また挙式や披露宴にかかる費用は男性側、新生活で必要な家具家電は女性側……というような分担方法も考えられます。

挙式・披露宴

費用項目 分担
招待状印刷・配送 頭割り
婚礼衣装 各自
新婦のヘアメイク・着付け 女性
男性のヘアメイク・着付け 男性
ブーケ、ブーケトニア 男性
男性から女性に贈るものだから
挙式料 折半
部屋使用料・宴席料 折半
挙式・披露宴のその他演出料 折半
料理・飲み物 頭割り
引き出物・引き菓子 頭割り
写真 頭割り
介添人へのお礼 女性
司会者のお礼 折半
ヘアメイク・着付け担当へのお礼 各自
式場スタッフへの心付け 折半
媒酌人へのお礼・車代 折半
世話役へのお礼 折半
招待客への車代 各自

新婚旅行

費用項目 分担
新婚旅行費 折半
お土産代 折半

新生活

費用項目 分担
新居における諸費用など 折半
家具家電 折半
引越し代 各自
内祝い 各自

いかがでしたか?

「結婚費用は二人の貯金で何とかなる?」という質問の答えは「二人の貯金の平均額から考えると、一般的な規模の結婚式は難しい」です。

自分たちらしい結婚式を考えているならば、資金援助を受けない方が何かとやりやすいのですが、現実的にはなかなか大変かと思います。

だからこそ親や親戚からの援助をありがたく受けるカップルが多いのですが、後々になって「こんなはずじゃなかった!」と揉めない為にも

  • 結婚費用の予算目安をつけておき、大幅にオーバーしないよう計画を立てる
  • 各親御さんと「援助額」や「分担」、「口出しの有無」を早め早めに確認する

ことをおすすめします。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。