【挨拶回りと写真整理】新婚旅行(ハネムーン)後に忘れずやること

お土産を手渡し

結婚式・新婚旅行が終われば「全て終わり」ではなく、まだやるべきことが残っています。

それは「お世話になった人へのあいさつ回り」と「写真・動画の整理」です。

お世話になった人へのあいさつ回り

帰国当日は気力や時間的な問題があり、電話やメールで「帰りました」報告をしても構いませんが、なるべく早めにお土産を持参して訪問しましょう。

自宅が遠方だったり、自分たちの休みが思うように取れなかったりして、新婚旅行後すぐに両親や仲人へのあいさつが難しい場合は、電話や手紙(お礼状)で丁寧なあいさつをします。

訪問しての挨拶は少なくとも結婚旅行後1ヶ月以内には済ませておきたいのが理想です。

結婚式と新婚旅行の期間が大幅に空く場合は、結婚式後に「この度はありがとうございました」の挨拶を済ませて、新婚旅行後にお土産を持参して訪問します。

家族

まずはお互いの実家に、旅行の無事を報告して、できるだけ早い内に挨拶に行きます。

結婚式・新婚旅行を一つの区切りとした新生活開始とお互いが親類になったことへのあいさつを兼ねているので、相手任せにせず、二人で訪問することが大切です。

訪問の順序は「男性を立てる」という意味合いもあり「夫側→妻側」が一般的です。
互いの予定が合わず、先に妻側の両親にあいさつする場合は、夫側の両親にその旨を伝えて了承を得ておいた方が、後々になって色々と言われずに済みます。

また特別お世話になった親族の方がいる際は、両親へのあいさつ後に、あいさつに行くと印象が良いです。

仲人・媒酌人

両親の次にあいさつに伺うのは、仲人や媒酌人です。

旅行から戻った後、初出勤前にあいさつを済ませるのが良いのですが、なかなかタイトなスケジュールになると思うので、新婚旅行に出発する前に予定を聞いておきましょう。

職場

初出勤の際、職場の上司や同僚などに「挙式や披露宴への出席のお礼」や「新婚旅行中の仕事をカバーしてくれたことへのお礼」を忘れずに行ない、お土産を合わせて渡します。

友人

親しい友人(特に披露宴や二次会などでお世話になった人々)には、帰ったら電話で連絡をして、お礼を言います。

後日、新居のお披露目を兼ねて自宅に招待したり、人数が多い場合などは外で食事会をしたりして、おもてなしをします。その際にお土産を渡したり、結婚式や新婚旅行の写真を見せたりもすれば、話題が広がります。

画像・動画の整理

結婚式ムービー

結婚式(挙式・披露宴)、新婚旅行で撮影した写真や動画をそのままにせず、アルバムやフォトブック、DVDの形などで記念に残しておきましょう。

時間が経てば経つほど、やる気が起きにくくなってしまうので、熱意がある内に取り組んでおくと良いです。

あいさつに伺う前に何枚か写真を印刷しておいて、あいさつ先で見せたり、渡したりすれば、当日の話題作りにも役立ちます。

記録に残す際は、自分たちの写真だけではなく、結婚式や二次会で色々な人が写っている写真を選ぶと、その時々の雰囲気が伝わりますし、誰もが楽しんで見られます。

古い写真

写真プリントするには、色々な方法があります。

  • 自宅のプリンターで印刷する
  • 写真店でプリントを頼み、店頭で受け取る
  • ネットプリント専門店で注文、写真を自宅に届けてもらう
  • PrintRushなどセルフプリント機を利用する
  • コンビニのマルチコピー機を利用する

それぞれ、1枚あたりの料金やサイズ、印刷の質などが異なるので、メリット・デメリットを考えながら最適な方法を選んでみてください。

その後に他の写真と合わせてアルバムなどを作成する手はずにしておけば、短い準備期間でも用意できるので「いつまで経っても、写真を見せてくれないのは、どうなの?」という不満を言われずに済みますね。

フォトブック

フォトブック

スマホやデジカメで撮った写真を印刷して、1冊の本にまとめたものを「フォトブック」と言います。

アルバムのように「写真を印刷→用意したアルバム用紙に貼る→コメントを書く→完成」とは違い、フォトブックのページに写真が直接印刷されており、「結婚式」「新婚旅行」のテーマごとに思い出が1冊に残せます。

フォトブックの作成は「店舗」または「ネット」から行なえます。

【店舗】
店頭の受付機を使って、写真データを取り込み、編集して注文。店頭または自宅で受け取り。

【ネット】
写真データをアップロードして、WEB上で編集して注文。自宅に届けてもらう。

最近は色々な所がフォトブック作成サービスを行なっており、例えば富士フイルムの「フォトブック」カメラのキタムラの「フォトプラスブック」あたりは、何かで見たり聞いたりしたことがあると思います。

予算や用紙、大きさ、レイアウト、オプションの有無など、自分たちの希望に合わせて選べるようになっているので、いくつか比較してから決定することをおすすめします。

CD・DVDに保存(書き込み)する

DVD

CDやDVDなどに書き込みに対応するドライブが搭載されているパソコンであれば、専用ソフトは特に必要なく、簡単にデータを保存できます。

お使いのパソコンが書込み可能なCD/DVDドライブを搭載しているか確認する方法は以下の通りです。
1.[コンピューター]または[マイコンピュータ]にある「~~ドライブ」のプロパティを開く。
2.[書き込み]タブの表示の有無を確認する。
[書き込み]有り→書き込みOK [書き込み]無し→書き込みNG 

▼パソコンに取り込んだ写真をDVD(新品)に保存する方法▼
1.書き込み可能なディスクを入れると[自動再生]が表示される。
2.写真を取り込む場合は[ファイルをディスクに書き込む]をクリックする。
3.[このディスクをどの方法で使用しますか?]と質問されるので、用途に応じて[USBフラッシュドライブと同じように使用する(編集可能)]または「CD/DVD プレイヤーで使用する(編集不可)]を選択する。
4.[次へ]をクリックする。
5.エクスプローラーのウインドウが表示されたら、保存したい写真を入れる。
6.[ディスクを書き込む]をクリックして、ディスクのタイトルと書き込み速度を設定する。
7.[次へ]をクリックすると書き込みが始まるので、終わったら[完了]をクリックする。
8.ディスクへの書き込みが完了。

書き込みや読み込みには各CDやDVDに対応したドライブが必要になります。
自分のパソコンでは何が対応しているのかを調べるには、以下の方法で確認できます。

・取り扱い説明書を確認する
・品番を調べて、ネットで検索する
・ライティングソフトの[ディスク情報を取得]などの項目で調べる
・CD/DVD/BDドライブの正面に刻印されているロゴマーク(disc~)(DVD~)の内容を確認する

お使いのパソコンにドライブが付いていなかったり、ドライブが読み込み専用だったりして、CDやDVDを書き込みたい場合は、書き込みに対応するCD/CDVDドライブを新たに取り付ける必要があります。

内蔵型と外付けの2種類がありますが、外付けの方が使い勝手が良いです。
パソコンの性能によっては、思ったような書き込みができない場合もあるので、売り場の店員さんに選んでもらった方が安心です。

他にも「写真店に画像データを持ち込み、CD・DVDに保存してもらう」という方法もあります。

詳しくは▼
ビックカメラのCD/DVD書き込みサービスフジカラーCD
カメラのキタムラ「DVDダビングサービス」

CDやDVDは種類が色々あり、用途などに応じて使い分けます。

容量 書き込み回数
CD-R 650MB、700MBなど 1回
書き込んだ情報は削除不可
CD-RW 650MB、700MBなど 繰り返し可能(約1,000回)
書き込んだ情報は削除可
DVD-R 4.7GB 1回
書き込んだ情報は削除不可
DVD-R DL(片面2層) 8.5GB 1回
書き込んだ情報は削除不可
DVD-RW 4.7GB 繰り返し可能(約1,000回)
書き込んだ情報は削除可
CPRM(著作権保護規格)に対応
DVD+R 4.7GB 1回
書き込んだ情報は削除不可
DVD+R DL(片面2層) 8.5GB 1回
書き込んだ情報は削除不可
DVD+RW 4.7GB 繰り返し可能(約1,000回)
書き込んだ情報は削除可
DVD-RAM 片面4.7GB、両面9.4GB 繰り返し可能(約10万回)
書き込んだ情報は削除可
CPRM(著作権保護規格)に対応

クラウドサービスを利用する

写真をPCで

写真をプリントする必要がないと思うのであれば、クラウドサービスを利用して、ネット上にアルバムを作り、URLやID・パスワードを教えるという方法もあります。

1枚1枚送る手間が無く、一括で沢山の写真データをダウンロードできるのがメリットです。

  • LINEのアルバム機能
  • Dropbox(ドロップボックス)
  • OneDrive(ワンドライブ)
  • Googleドライブ

など、無料&大容量で使えるクラウドサービスが数多くあります。
写真や動画公開用のメールアドレスを新しく作って、アカウントを作成すれば、私的なアカウントとの住み分けができます。

いかがでしたか?

結婚式・新婚旅行後1ヶ月以内に行なうこととしては、

結婚報告はがき・結婚通知書」を出す。
・「結婚内祝い※」を用意して、お礼状を添える。

※結婚式には招待していないけど、お祝いを頂いた方には「結婚内祝い」の形で品物を渡します。

もあるので、最後まで気を抜かず、頑張りましょう……。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。