結婚式BGMやムービーでCDの原盤が必要な場合とは?著作権(演奏権・複製権)について

音響

結婚式で流せる楽曲には「式場が用意した楽曲」と「自分たちが用意した曲」の2パターンあります。

自分たちで曲を用意する場合、多くの場合、結婚式場の方から「CDの原盤を持ってきてください」と言われます。

以前は「流したい曲を1枚のCD-Rに入れてまとめる」や「1曲の中で使いたい部分だけ編集する」という方法も使えたのですが、最近は「CDの原盤を持参」が求められます。(実際に打ち合わせ時に言われました……)

これには「楽曲にまつわる著作権」が大きく関わっており、結婚式で自分たちの好きな曲を流したいのであれば、楽曲に関する著作権の「演奏権」と「複製権」について、良く知っておく必要があります。

目次

演奏権

演奏権とは音楽を公衆に聞かせることを目的に、楽曲を流したり、演奏したり、歌ったりするときに発生するもので、生演奏だけではなく、CDなどで音楽を再生する場合も含まれます。

結婚式では以下の項目が演奏権に当てはまります。

【生演奏】
・挙式、披露宴会場での演奏や歌唱。
【録音物の再生】
・披露宴で(原盤の)CDを使ってBGMを流す。
・余興でカラオケをする。
【上映】
・新郎新婦のプロフィールビデオの上映

演奏権に関しては、結婚式場がJASRACなどの音楽著作権を管理する事業団体に手続きをしているので、上記の範囲内であれば、問題なく自分たちの好きな音楽がBGMとして利用できます。各楽曲に対して個人がJASRACなどへの著作権使用料の支払いをすることはありません。

以前、JASRACが音楽教室での演奏に対して「著作権料を徴収する」という方針を示しましたが、こちらは「演奏権」が絡んだ話です。

複製権と著作隣接権

結婚式の楽曲に関する著作権で、ややこしいのが「複製権」と「著作隣接権」です。

複製権とは「著作物(楽曲)を何らかの方法でコピーする権利」のことで、作詞家・作曲家(著作物を創作した人々)に与えられた著作権の一つです。

一方、著作隣接権とは「歌手・アーティストなどやレコード会社などに与えられた権利」のことで、CDなどの音源を別のCDやDVDに録音したり、録画したりする場合は、複製権と著作隣接権の両方に許可を求めなければなりません。

(ちなみに著作隣接権には演奏権がありません)

結婚式関係では以下の項目が当てはまります。
どの項目も「原盤のCDに入っていた楽曲を、別の記録媒体にコピー(複製)して利用すること」が引っ掛かるのです。

【BGM用の録音物】
・披露宴で使用する為、複数の楽曲や編集した楽曲を一枚のCD-RやDVD-Rに入れる。
・インターネット音源をダウンロードしてCD-RやDVD-Rに入れる。

【演出用の録音・録画物】
結婚式ムービー(オープニングビデオ、プロフィールムービー、エンドロールムービーなど)に使う為に、楽曲を動画に取り込み、CDやDVDに焼く。

【記録用の録音・録画物】
・楽曲が流れている場面をビデオカメラで録画してDVDに保存する。
※ビデオカメラで録画自体は問題ない(複製権の範囲外)のですが「DVDへ保存」が引っ掛かります。

結婚式場では「演奏権」の手続きをしてあるのに対して「複製権」と「著作隣接権」に関しては、結婚式場によって対応がマチマチの為、多くの結婚式場では「式で使用したい曲があれば、CDの原盤を持ってきてください」と説明があるのです。

楽曲を複製利用して使うには?

楽曲を複製利用して使うには「複製権」と「著作隣接権」の両方に許可を得なければなりません。

著作権が消滅している楽曲や、著作権者が著作権フリーにして自由に利用可能な楽曲でも「CD化」されていれば、たいていは対象になります。

「要はJASRACで手続きすれば良いんでしょ?」と思うのですが、JASRACなどが管理しているのは、著作権者の著作権(演奏権・複製権)だけで、著作隣接権に関しては各レコード会社に音源の複製利用について確認をする必要があります。

……とは言え、どのレコード会社も「個人で著作隣接権の承諾を得るのは、ほぼ無理」なので、現状、私たちが複製利用して使いたい場合は、一般社団法人 音楽特定利用促進機構「ISUM(アイサム)」に登録された事業者を利用する他ありません。

ISUMに登録している事業者を利用する

「ISUM(アイサム)」は、著作権と著作隣接権の手続きをまとめて代行してくれるので、ISUMを通じて利用可能な楽曲であれば複製利用が可能です。
ISUM楽曲データベースにない曲でも、ISUMから権利者へ承諾の確認を行なってくれます(確認には最低1ヶ月前後かかります)。

ISUMでの申請・利用はブライダル関連の事業を行なっている法人・個人事業主が対象になり、一個人が「今回の結婚式だけ利用したい」という場合には対応してくれません。

ISUMに登録している事業者は以下の通りです。

  • 結婚式場
  • 映像演出・記録撮影の事業者
  • 映像自作ツール

▼結婚式・披露宴会場▼
アーヴェリール迎賓館
アーカンジェル迎賓館
アーククラブ迎賓館
アートグレイス
アーセンティア迎賓館
アーフェリーク迎賓館
アクアガーデン迎賓館
アルカンシェル
アプローズスクエア
ヴィラ・デ・マリアージュ
エクシブ
グランドエクシブ那須白河
セントグレース
ベイサイド迎賓館
ヒルサイドクラブ迎賓館
……etc
結婚式・披露宴会場 – iSUM参照

▼映像演出・記録撮影依頼先▼
映像演出・記録撮影依頼先 – iSUM参照

▼映像ソフト・アプリ自作ツール▼
レコフォト for Wedding

注意したいのがISUMを通じて手続きをする際、著作権料や著作権隣接権の使用料は「自腹」ということ。

各料金は以下の通りです。

著作権料(ISUM)

著作権料について – ISUM

ISUMを利用した場合、支払う料金の例を紹介します。

▼3曲(5分未満)を使用して1枚のオリジナルCDを作成した場合▼
(200円+2000円)×3曲×10%=7,260円

▼新郎新婦のプロフィールムービー(静止画)を作る際、5分の曲を1曲使用して1枚のDVDを作成した場合▼
(400円※+2000円)×1曲×10%=2,640円

※5分以上の楽曲は、5分を超えるごとに1曲として曲数が加算されます。

1曲あたりの料金は約2,500円。曲数や多ければ多いほど、1曲あたりの時間が長ければ長いほど、支払う費用が高くなります。

レンタルCDやダウンロード音源は利用規約的にNG

「原盤のCDが必要ならば、TSUTAYAやGEOなどでレンタルCDを借りれば安く済みそう」と思うのですが、各企業の利用規約にある「個人の私的使用の範囲」外の利用になるのでNGです。

TSUTAYAとGEOの利用規約にもきちんと明記されています。

第2条(レンタルサービスについて)
11.レンタルされた商品は、著作権法で保護されていますので、家庭内等での個人利用に限ります。

TSUTAYAフランチャイズチェーンレンタル利用規約 – CCC

第15条 著作権
お客様は、権利者の承諾を得ないで、いかなる方法においても、当サービスを通じて提供される著作物等を、著作権法で定める個人の私的使用の範囲外の目的でご使用する事はできないものとします。

ゲオオンラインサービスガイドライン – GEO Online/ゲオオンライン

レンタルCDを中古で購入したのであれば、問題なく結婚式のBGMとして利用できます。


また普段から音楽配信サイトで曲をダウンロードして聞いている人も多いと思いますが、ダウンロード音源も同じように配信事業者の「利用規約」で、使用できる範囲が「個人的、非商用目的」などに限定されている場合が多く、結婚披露宴での利用は規約違反に当てはまります。

実際にiTUNES STOREの利用規約を見ても「個人的、非商用目的での使用に限る」と明記されています。

すべてのサービス:

お客様は、個人的、非商用目的での使用に限って本サービスとコンテンツを利用することができます (以下の App Store コンテンツのセクションに明記されているものを除く) 。

iTUNES STORE – サービス規約 – Apple

フリーBGM(音楽素材)の利用はOK

ちなみに、ネットで投稿・配信されている「フリーBGM(音楽素材)」であれば、ダウンロードした音源を以下の用途で使うことが可能です。

  • 複数の楽曲を1枚のCDやDVDにまとめる
  • 自分が使いたい部分だけ、楽曲を編集する
  • 動画作成ソフトに楽曲を取り込み、完成した結婚式ムービーをCDやDVDに保存する

フリーBGMであれば「楽曲が流れている場面をビデオカメラで録画してDVDに保存する」、「撮影した結婚式の動画をYoutubeなどの動画投稿サイトにアップロードする」も可能です。

各サイトによって、利用可能な条件が異なる場合もあるので、利用する前に利用規約を確認しておきましょう。

現実味がある結婚式・ムービーの楽曲利用

結局のところ「結婚式で使いたい楽曲がある場合はCDの原盤の音源をそのまま流す」のが、一番お金がかからず、各利用規約に引っかからない方法です。

「複製権」と「著作権隣接権」が絡む内容については、例えば「結婚式ムービーで自分のお気に入りの曲を使いたい」と思うのであれば、結婚式場の音響スタッフさんと打ち合わせをして「結婚式ムービーが始まったら、原盤のCDに入っている何番目の曲を流してほしい」とお願いをするのも一つの手です。

「結婚式ムービーは音楽に合わせて、しっかり作りたい」「披露宴の様子をビデオ撮影して、それをDVDで保存したい」と思うのであれば、ネットで投稿・配信されている「フリーBGM(無料の音楽素材)」を各BGMに使えば大丈夫です。

多少、お金がかかっても良いと思うのであれば、ISUMに登録している事業者を利用すれば、安心感が違いますね。

各権利については「ややこしいなぁ」と思うことが多々ありますが、自分たちができること、できないことを見極めて、後悔が無いようにBGMを選んでみてください。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。