【通知カード】引っ越しで住所変更、結婚で氏名変更をする時の手続き方法

通知カード

通知カードとは、マイナンバー(個人番号)をお知らせする緑色の紙製のカードです。

プラスチック製のICチップ付きカード「マイナンバーカード」の申請は義務ではなく、希望者からの申請で発行されるものなので「マイナンバーカードは作らず、通知カードだけ持っている」という人も多いと思います。

通知カードの券面には、お住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」「マイナンバー(個人番号)」が記載されています。

その為、引っ越しにより住所が変わった場合は住所変更、結婚で氏名が変わった場合は氏名変更を行なう必要があります。

どちらも住所地の市区町村の役所窓口で変更可能なので、各手続きや届け出を行なう時に一緒に行なっておくと手間がありません。

引っ越しならば旧住所(引越し前の)市区町村の役所、結婚ならば住所地以外の市区町村の役所では、通知カードの各変更を行なえないので、その点だけ注意して下さい。

通知カード(裏面)

通知カードの裏面に変更内容が記載されます。変更手続きにかかる時間は、窓口の混み具合や他の手続きの有無によっても変わりますが、5~30分程度が目安です。
運転免許証の各事項変更と同じような感じですね。

引っ越しが続き、記入欄がいっぱいになり、新しく記載ができない場合は、新しい通知カードを再発行してもらえます(無料)。

住所変更

新しい住所地の市区町村役所の窓口で、住民異動届(転入または転居)でお住まいの住所を変更する手続きを行なう際に、一緒に通知カードを出して「通知カードの住所変更もお願いします」と伝えれば、通知カードの住所変更の手続きも合わせて行なってくれます。

この場合は「通知カード表面記載事項変更届」を書かなくても大丈夫です。

別に通知カードの住所変更をする場合は、

  • 通知カード
  • 窓口に来られる方の本人確認書類

を用意して、役所窓口で「通知カード表面記載事項変更届」をもらい、修正を申請する部分を記載します。

代理人が届け出をする場合は、上記の他に、本人が作成した「委任状」が必要です。ただし代理人が同一世帯員(住民票上で世帯が同じ人)の場合は委任状は要りません。

その為、自分や同一世帯の人が、全員分の通知カードをまとめて持っていき、一括で住所変更することも可能です。

例えば結婚前でも、住民異動届(世帯合併)により、住民票での続柄が「未届の夫・妻、同居人」になっていれば、委任状無しで代理人が通知カードの住民変更の手続きが行なえます。

法定代理人(15歳未満の方は法定代理人のみが届出人になります)が届出をする場合は、戸籍謄本など法定代理人であることを証明する書類が必要になります。

氏名変更

住所地の市区町村役所の窓口で、新しい住民票を発行してもらう際に通知カードを出して「通知カードの氏名変更もお願いします」と伝えれば、通知カードの氏名変更の手続きも合わせて行なってくれます。

新しい住民票が発行可能になるまで通常1~2週間かかります(婚姻届受理後、新しい戸籍が編纂されて、自動的に住民票に内容が反映されるまでに日数がかかる為)が、婚姻届を提出した役所で発行してもらった「婚姻届受理証明書」を持参すれば、すぐに新しい住民票が受け取れます。

別途、通知カードの氏名変更を行なう場合は、

  • 通知カード
  • 窓口に来られる方の本人確認書類

を用意して、役所窓口で「通知カード表面記載事項変更届」をもらい、修正を申請する部分を記載します。

氏名変更が必要な本人以外でも、同一世帯員(夫など)であれば、委任状なしで代理人による手続きが可能です。

通知カードの変更って必要?

通知カードの記載内容に変更がある場合は、変更手続きを行なうのが一般的です。

ただし実際には「通知カードがどこにあるか分からない」や「通知カードも変更が必要なことを知らなかった」という理由で通知カードを持参せず、各種変更をしていない人も少なくありません。

通知カードの各変更をしないと困る事態になるのが、銀行や証券会社など一部の取引(例:証券や信託の取引など)で、氏名変更手続きの際に通知カード(個人番号)の写しの提出が必要な場合です。

その際に通知カードの氏名変更をしていないと「氏名が異なる」という理由で書類が返却される可能性があります。

各変更届を提出の際に「個人番号(マイナンバー)が必要」と記載されたものがあった場合は、確実に通知カードの各変更が必要になるので、忘れずに変更しておきましょう。

また以前に職場に通知カードやマイナンバーの写しを提出していた場合は「記載事項に変更があったが、新しい写しの提出は必要かどうか?」を確認しておくことをおすすめします。

紛失した場合は再発行手続きを

ちなみに通知カードは2015年10月以降、住民票に登録されている住所宛に簡易書留で郵送されています。
「通知カードがどこにあるか分からない」という時は、実家で保管されている可能性が高いので、確認しておくことをおすすめします。

通知カードを紛失した場合は、個人番号カードコールセンター(0570-783-578)に連絡をして、住所地の市区町村へ届け出を行ない、通知カードの再発行手続きをしましょう。再発行料は500円かかります。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。