赤字原因の「特別費」は積立貯金で貯める!なぜかお金が貯まらない時に見直したい家計管理

tokubetsuhi

特別費とは「毎月、決まって発生しない支出」のこと。「特別出費」や「特別支出」とも呼ばれます。

「普段通りの生活だったはずなのに、なぜかお金が足りず、先取り貯金に手を出してしまったことがある」という経験がある人は(私のことです)、特別費に対する備えがなかった為に起きたわけです。

特別費は万単位の出費になることが多く、不定期な分、意外と見落としがちな支出なので、いつの間にか家計を逼迫させる大きな原因になります。

家計管理は「生活費・固定費」「貯蓄」だけ注目してしまいがちですが「特別費」も忘れずに考えていきたい部分です。

特別費の考え方

【POINT】

  • 「主な特別出費」から年間予算を考える
  • 特別出費がいつ起こるのか把握する

特別費は月や年ごとに、発生イベントや金額、頻度が大きく異なるので、年間できちんと把握することは家計管理で大いに役立ちます。

主な特別費を見ながら「予想される特別費が1年のどのタイミングで起こるのか?」「総金額はいくらになるのか?」を考えてみましょう。

【主な特別出費】

衣類 冠婚葬祭の衣服
スーツやコートなど金額が大きくなるもの
住まい 家具・家電の購入、修理
引越し
更新料(賃貸物件)
固定資産税(持ち家)
自治会費
家の修理費
NHKの受信料
買い物 年会費
解約手数料
交際費 お中元・お歳暮
冠婚葬祭(祝儀、香典)
結婚祝い・出産祝い・七五三
誕生日、結婚記念日、母の日、父の日、敬老の日、クリスマス、バレンタインデー、その他イベント
車関係 自動車税
自動車保険
車検
タイヤの交換
バイク関係 バイク保険
車検
医療費 交通事故など不慮のケガや入院
不定期の通院
整体・マッサージ
高額な医療費
ペットの医療費
娯楽 旅行代
観劇・チケット代
帰省代
円盤(Blu-ray、DVDBox)購入
習い事の発表会

月別に予想される出費を書き出すことで「1年間で、いくら準備しておく必要があるのか?」が分かります。

新婚生活1年目だと特別費だらけで、何かと家計管理が大変だとは思いますが「来年以降、このお金は引き続きかかりそうだな……」などの目安は付けておいた方が安心ですね。

特別出費に備えるお金の貯め方

特別支出の貯め方

特別費の貯め方は

  • 毎月、積み立て貯金をする
  • ボーナスで貯める

の2パターンあります。

特別費は不定期に引き出されるお金なので「貯蓄用口座」とは別にしておいた方が管理が楽。

お金の引き出しやすさを考えると「普通預金口座」または短期間(2週間や1ヶ月、3ヶ月など)の「定期預金口座」に貯めておきます。

特別費は「夫婦2人に関わるもの」と「1人だけに関わるもの」に分かれますが、とりあえず「特別費用口座」に一括でまとめてみて、上手くいかないようであれば考え直す……という感じで始めてみれば良いと思います。

毎月、積み立て貯金をする

給料が振り込まれる口座から、先取りで「特別費用口座」にお金を入れる方法です。

先取り貯蓄と合わせて行なうと、毎月の生活費がカツカツになりやすいのですが、きちんと毎月一定額を貯めておけば、突然の大きな出費にもそれなりに備えられます。
「年や業績によってボーナスの頻度や金額が異なる」という世帯には、確実に金額が貯まる積立貯金がおすすめです。

毎月の特別費用口座に入れる金額は「1年間でかかる特別費(の予想金額)を12ヶ月で割ったもの」が目安。

家計のやりくり後に余剰金が出た時は、貯蓄用口座に入れる他、特別費用口座に入れておけば「思った以上に特別費が多くなった」という時の足しになりますね。

ボーナスで貯める

年1~2回、ボーナスとしてまとまった金額を受け取った後、特別費分の予算金額を「特別費用口座」に入れておく方法です。

生活費用口座にボーナスを入れっぱなしにすると「お金がたくさんある!」と思って、どうしても多く使ってしまうので「絶対に手を付けないお金」として先取りしておきます。

給料からではなく、ボーナスで準備する方法なので、毎月の負担がぐっと減るのがメリットです。
ただしボーナスの支給頻度や金額が年によって異なる場合は、アテにし過ぎると危険。

まとめ

特別費は毎月の生活費と一緒に考えると「毎月、頑張ってやりくりしているのに、さらっと大金が出てしまうから、節約しても意味が無いのでは?」と思ってしまい、節約意識がどんどん目減りしてしまいます。

そのため、特別支出に関しては「出て行く時は出て行くのだ」とすっぱり割り切ってしまい、日々の家計簿とは別に管理することが大切。

良くある「いつの間にか赤字」は特別費のことを全く考えていないと起こりえることなので「今年の○月には車検があって、△万円が引かれるから、遠出の旅行は控えよう」など計画立てれるようであれば、貯金を大きく切り崩さなくても済みますよね。

特別支出は減らそうと思っても、できない部分が多いので「1年間にどれだけの特別費が出るのかを把握しておき、何らかの方法でまとまった金額を先取りで用意しておく」を意識して、その時が来ても備えられるようにしておきましょう。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。