結婚式場見学者必見!ブライダルフェア当日の服装指南&あると役立つ持ち物リスト

女性の服装

自分たちの結婚式する式場を決定する為、式場見学やブライダルフェアに行く時に気になるのが「当日、何を着て行ったら良いか」「何を持っていけば良いのか?」だと思います。

何の前情報も無いまま行くと「他のカップルはきちんとした恰好をしているのに、自分たちはラフ過ぎで恥ずかしかった」「何も考えず手ぶらで行ったら、色んな情報を取りこぼしてしまった」など、今後の式場決定に差し支えるようなケースが出てくるかもしれません。

前記事「結婚式場見学へ行く前にチェック!ブライダルフェア当日の確認・質問すべきポイント」と合わせて、参考にしていただければ幸いです。

当日の服装

ドレスコードの指定が無いのが一般的ですが、会場の雰囲気に合う清潔ある服装を心がけましょう。

結婚式場見学中の際、実際に挙式や披露宴が行なわれていることもあるので、男女ともに露出が激しかったり、カジュアルすぎたりする服装は不向きです。

その為「ちょっと良いお店でディナーを食べに行く」「ちょっと遠出をする」くらいの恰好が適しています。

式場によっては室内と屋外を行き来する場合もあり、温度差に対応できるように、特に女性は一枚羽織るものがあると安心です。

冬など寒い時期に式場見学に行く場合、会場内は暖房が良く効いていて、コートを脱いで持ち歩く機会が出てくる可能性があります。手に持ち歩いた時にかさばらず、重くなりすぎないコートを選ぶと良いです。

女性

女性の服装

【服装】
ワンピーストップス+スカートなど、いわゆるセミフォーマル、フェミニン、キレイめカジュアルと呼ばれる恰好が好まれます。デニムは「会場次第」と言った所です。

親への挨拶や両家顔合わせで用意したワンピースがあれば、それを着て行く方法もありますね。

ドレスの試着がある場合は、脱ぎ着のしやすい服装が向いています。例えば前開きのブラウスなどは都合が良いですね。

お店で洋服の試着をする際に「脱ぎ着が面倒だな」と思うような恰好は避けた方がスムーズです。
また試着時にスタッフさんに下着を見られてしまう可能性もあるので、見えても恥ずかしくないものを着けておくと安心感があります。

髪が長い人は、花嫁のヘアスタイルっぽい髪型にしてみると、より結婚式当日の衣裳イメージが掴みやすくなります。試着の際に、ヘアゴムやヘアアクセサリーで束ねるのも有りです。

【靴】
フラットシューズやバレエシューズなど、ヒールがない靴がおすすめです。

式場見学は意外と長時間歩き回ったり立ちっぱなしだったりするので、高いヒールの靴や履きなれていない靴を履いていくと、途中で足が痛くなる可能性が高いです。ブライダルフェアに集中できなくなってしまうのはもったいないので避けましょう。

ドレス試着をする際は、ストッキングを履いていく、または持参します。
普通の靴下でも試着は可能ですが、挙式や披露宴の際は膝丈ストッキングを着用するので、より本番に近い恰好ができます。

また秋や冬場はブーツの時期ですが、脱ぎ着がしにくいので、試着をする時は避けた方が無難ですね。

男性

男性の服装

【服装】
トップスは「襟付き」の方がきちんとした感がでます。例えばワイシャツやキレイめのポロシャツなど。

上着に迷ったら「ジャケットスタイル」が定番です。
ボトムスはスラックスやチノパンが万能で、ジーンズはダメージジーンズやケミカルウォッシュ系のカジュアル寄りは浮きます。

上記の写真の恰好よりも、もう少しフォーマル寄りにするとGoodですね。
スーツまで着る必要はありませんが、仕事帰りに式場見学やブライダルフェアへ行くのであれば、そのままの恰好で大丈夫です。

【靴】
革靴、キレイめのスニーカー
長時間歩いたり立ったりするので、履きなれた靴が適しています。

あると役立つ持ち物

持ち物

□メモ帳・筆記用具
□手帳・スケジュール帳
□デジカメ・スマホ
□小さい手提げ
□大きめのカバン・エコバッグ
□写真の切り抜き、ウエディングノートなど

メモ帳・ペン

式場スタッフの説明や質問・回答事項をメモする為に必要不可欠です。

スマホのメモ機能を使う方法もありますが、スマホでカメラを使ったりメモを取ったりの切り替えが、なかなか大変なので、別途メモ帳とペンを使った方が便利です。メモ帳ではなく、パンフレットに直接書き込む人もいるので、ペンは必ず持っていきましょう。

ペンによっては、紙に引っかかり書き心地が悪かったり、乾きが遅くて擦れた時に紙や手が汚れたりしやすいので「スラスラ書けてインクが乾きやすいペン」を選ぶことを強くおすすめします。

手帳・スケジュール帳

式場見学の際に、結婚式の希望日時や今後の打ち合わせ日について質問されることもあります。

今後の予定をすぐに確認できたり、忘れない内に書き込めたりする手帳やスケジュール帳も持参すると、話がスムーズに行なえます。

デジカメ・スマホ

デジカメ、スマホ、タブレットなど、カメラ機能があるデバイスが複数ある場合、画質や撮りやすさも重要ですが、相手や家族、友人と写真データの共有がしやすいものを選ぶと、写真を送るのに毎回の面倒がありません。

写真撮影の際は、公式サイトや結婚式場検索サイト、パンフレットには掲載されていない部分を中心に撮っておきましょう。

式場:全体、祭壇や参列者席からの見え方
披露宴会場:全体、テーブルコーディネート、メインテーブル(高砂席)や招待客席からの見え方
その他:エントランスやロビー、トイレ、ドレス

など、式場の様子や雰囲気が分かる写真を残しておくと、後々、他の結婚式場と比較する際に役立ちます。

小さい手提げ

式場見学の際は、大きな荷物は預けて、貴重品とカメラだけを持って結婚式場内を回る場合も少なくありません。

コートやジャケットに入る物ばかりであれば手ぶらでも良いのですが、女性だとそうも行かない部分が多々出てきます。
その為、小さい手提げ袋、ミニショッピングバッグ、ハンドバックなどを用意しておくと良いです。

大きめのカバン・エコバッグ

式場見学やブライダルフェアに行くと、パンフレットを始めとして、とにかく受け取る紙類が多いです。

紙袋に一括して入れてもらえますが
・持つとずっしりと重く、細い持ち手で手が痛くなりやすい
・同日、他の式場も見学する際に、ロゴ入りの紙袋を持っていくのは、ちょっと気まずい……
という理由から、A4サイズが入るリクルートカバンくらいの大きさのカバンやエコバッグを持参すると良いです。

写真の切り抜き、ウエディングノート

希望の挙式・披露宴のイメージや演出、余興が既にある場合は、写真の切り抜きを貼ったり、希望を書き込んだりしたウエディングノートを持参するのもGoodです。

式場見学やブライダルフェアの際に「このような雰囲気の結婚式を考えているのですが、こちらの式場では可能でしょうか?」と、自分たちの結婚式のイメージを伝えてみましょう。

結婚式は「自分たちのやりたいことが、きちんと形になったもの」が理想的なので、行った式場が希望に合った結婚式が行なえるかどうかの判断が付けやすくなります。

いかがでしたか?

「既に見学やブライダルフェアを予約している式場があるが、他にも色々と式場を見てみたい」という場合は(既に利用されているかもしれませんが)、ゼクシィなど式場検索口コミサイトが、かなり使えます。

希望の地域から式場見学やブライダルフェアの新着情報が簡単に分かり、そのまま予約も行なえます。嬉しい優待特典付きの式場も多いので、宜しければ活用してみてください。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。