結婚披露宴の司会者を友人にお願いする際の原稿・台本案

司会者

挙式1ヶ月前の第3回打ち合わせの時に、司会者との打ち合わせも行なわれます。

結婚披露宴の司会を友人など(プロではない人)に頼む場合は、自分たちで「司会台本」を用意した方が絶対に安心です。

1.打ち合わせの前に、司会台本を作成・印刷して、打ち合わせの際に式場スタッフと司会者に内容を確認してもらう。

2.打ち合わせで結婚披露宴の内容を確定してから、後日、司会台本を作成して、式場スタッフと司会者に内容を確認してもらう。

という感じで、司会台本を作成して内容を修正していき、結婚式前までに原稿を完成させて、式場スタッフと司会者に渡しておきましょう。

結婚式場に司会進行の原稿や台本があるのかと思ったら『こちらでは用意が無いので、必要であれば自前で用意してください』と言われるだけなので(実体験)、結婚披露宴を安心して迎えられるように色々と準備します。

司会台本は以下の点に注意しながら作成していきましょう。

・結婚披露宴の進行表に沿って、詳しく行動を書いていく。※脚本みたいな感じです。
・読みやすく、言いやすい原稿を心がける。
・忌み言葉を使わない(例:終わる、切る、出る、退場する、去る、戻る、重ね重ね、度々)

司会台本・原稿作りに役立つテンプレートを作ってみました。
実際の自分たちの進行や演出に合わせながら、修正や加筆をしてみてください。

披露宴30分前:会場責任者と最終打ち合わせ

司会者は披露宴30分ほど前に披露宴会場入りして、会場責任者と最終打ち合わせをします。

打ち合わせ内容は「来賓の祝辞や乾杯の発声、余興を行なう人に変更は無いか?読み上げる名前は合っているか?」が主になります。

招待客の入場が始まれば、司会者席で待機します。

迎賓(招待客が入場)

【司会者】
本日はお忙しい中、お越しいただき誠にありがとうございます。
受付でお受け取りになられた「席次表(せきじひょう)」をご確認いただき、お席へとお進みください。

友人など司会のプロ以外の人が司会を務める場合は、迎賓(招待客が全員そろった)の段階で「司会者のあいさつ・コメント」を入れた方が良いと思います。

【司会者】
本日、ご披露宴の司会を務めさせていただきます「(司会者の名前)」と申します。

(新郎または新婦との関係性を説明する)
例:新郎新婦の大学時代のサークルの先輩

なにぶん不慣れの為、不届きな点も多いかと存じますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
(深く一礼)

新郎新婦、ご入場の準備が整いますまで、今しばらくご歓談ください。

【司会者】
まもなく新郎新婦が、ご入場なさいます。
どうぞお席にてお待ちくださいますようお願い申し上げます。

新郎新婦入場

新郎新婦の入場の準備が整ったら、会場責任者より合図が出ます。

「新郎新婦のご入場です!」の台詞は

1.「新郎新婦のご入場です!」→入場のBGMが流れる→新郎新婦入場
2.入場のBGMが流れる→「新郎新婦のご入場です!」→新郎新婦入場

の2パターンのタイミングがあるので、新郎新婦や式場スタッフと確認してください。

【司会者】
大変長らくお待たせいたしました。
皆さま、本日はお二人の結婚披露宴にお越しいただき、誠にありがとうございます。

これより新郎新婦がご入場されます。
お二人がご入場なされましたら、どうぞ皆さま、大きな祝福の拍手でお迎えください。

それでは、ご入場口にご注目ください。

(会場責任者より合図がある)
新郎新婦、ご入場です!!!
(♪入場曲が流れる)

皆さま盛大な拍手でお出迎えください。

オープニングムービーを流す場合
【司会者】
新郎新婦入場に先立ちまして、オープニングムービーを流させていただきます。

皆さま、スクリーンにご注目ください。

(オープニングムービー終了)
(♪入場曲が流れる)

皆さま盛大な拍手でお出迎えください。

開宴の辞

【司会者】
皆さま、本日はお忙しい中お越しくださいまして、誠にありがとうございます。
只今より、○○家 ○○家 ご両家の結婚披露宴を始めさせていただきます。

ウェルカムスピーチ

【司会者】
新郎(+新婦)から皆さまへお礼を込めた、ごあいさつをいただきます。

○○○○様、どうぞ宜しくお願いいたします。

新郎新婦紹介

【司会者】
それでは僭越ながら、私の方より新郎新婦をご紹介させていただきます。

~新郎・新婦の生い立ち、経歴を紹介~
(自己紹介の内容は、新郎新婦から出身地、学歴、職歴、趣味、性格などの情報を伝えて、司会者に考えてもらった方が、自作自演感が無くて良いかもしれません。紹介は新郎、新婦の順に行ない、その後二人の馴れ初めを簡単に説明します)

来賓祝辞

【司会者】
それでは次に来賓の皆さまを代表して、ご祝辞をたまわりたいと存じます。

新郎様の(関係)であられます○○○○様、ご祝辞をお願いいたします。

(ご祝辞)

○○○○様、ありがとうございました。

(新郎の来賓が席に着く)

続きまして、新婦側の(関係)であられます○○○○様、ご祝辞をお願いいたします。

(ご祝辞)

○○○○様、ありがとうございました。

(新婦の来賓が席に着くのを待たずに、ケーキ入刀の台詞に移る)

ケーキ入刀

【司会者】
それではここで、新郎新婦のご両人にはケーキ入刀へお進みいただきます。

カメラ等をお持ちの方はご用意の上、ぜひとも前の方にお集まりください。
お二人がケーキにナイフを入れましたら、拍手をお願いいたします。

(会場責任者の合図や様子を見て)
それでは、ウエディングケーキ入刀でございます。

(ウエディングケーキ入刀)

(写真撮影タイムが落ち着く)

皆さま、どうもありがとうございました。今一度、新郎新婦に大きな拍手をお願いいたします。

ここで新郎新婦のお二人にファーストバイトをお願いしたいと存じます。

まずは新郎から新婦へお願いいたします。
(ファーストバイト:新郎→新婦)

続きまして、新婦から新郎へお願いいたします。
(ファーストバイト:新婦→新郎)

ありがとうございました。

※ケーキ入刀が生ケーキで、食後のデザートにケーキが出る場合は、一言説明を入れる。
なお、このケーキは後ほど皆さまにもお召し上がりいただけますので、どうぞお楽しみになさってください。

(新郎新婦着席。BGMが終了)

▼動画で見る「ウエディングケーキ入刀シーン」の司会例

乾杯

【司会者】
これよりお二人の門出を祝しまして、ご一緒に乾杯をいたしたいと存じます。

乾杯のご発声を頂戴いたしますのは(新郎新婦の関係性)でございます○○○○○様です。

(乾杯の発声)

皆さま、乾杯に際しまして、ご起立いただき、お手元のグラスをお持ちくださいませ。
※乾杯の発声をする人が「ご起立ください」と言う場合は省略する。

(乾杯!♪乾杯のBGM)

○○○○○様ありがとうございました。
皆さま、どうぞご着席ください。

祝宴開始

【司会者】
これより祝宴に入らせていただきます。

それでは皆さま、お食事とご歓談をお楽しみください。
(料理や食事の説明をする)
お料理はフレンチのフルコース形式になっております。
お飲み物はフリードリンクとなっておりますので、心ゆくまでお召し上がりください。

新婦・新郎お色直し退場

【司会者】
お食事中、ご歓談中恐れ入りますが、ここで新婦はお色直しの為、しばらく中座させていただきます。

どうぞ皆さま、拍手でお見送りください。

(新婦中座
♪中座のBGM)

【司会者】
ここで新郎はお色直しの為、しばらく中座させていただきます。

どうぞ皆さま、拍手でお見送りください。

(新郎中座
♪中座のBGM)

プロフィールムービー

【司会者】
ここで新郎新婦の生い立ちや出会いを紹介いたしますプロフィールムービーの上映を行ないます。

どうぞ皆さま、スクリーンにご注目ください。

(プロフィールムービーの上映)

新郎新婦お色直し入場

【司会者】
皆さま、大変長らくおまたせいたしました。

これより新郎新婦、装いも新たに(演出名:キャンドルサービス)によるご入場でございます。

皆さまのテーブルへご挨拶にうかがいますので、どうぞ温かい拍手やお声がけをいただきたいと存じます。

(テーブルラウンド後、メインキャンドルの点火へ)
これよりメインキャンドルへ点火へと入らせていただきます。
カメラをお持ちの方は、どうぞ前の方までお越しいただきまして、お近くでお撮りください。

メインキャンドルへの点火でございます。
(メインキャンドルの点火)

(新郎新婦が席へ戻る)
皆さま、お二人に今一度のお祝いの拍手をお願いいたします。

スピーチ・余興

【司会者】
それでは新郎新婦をお席へお迎え致しました所で、ご来賓の皆さまより、ご祝辞をちょうだいいたしたいと存じます。

はじめに(新郎新婦の関係)でございます ○○○○様にお願いいたします。

(ご祝辞)

○○○○様、どうもありがとうございました。

(来賓が着席する)

心温まるご祝辞をいただいて参りましたが、続いては楽しい余興をご披露いただきたいと存じます。
(新郎新婦の関係)でございます ○○○○様、○○○○様、○○○○様、○○○○様、お願いいたします。

(余興)

どうもありがとうございました。(余興に合わせた一言コメントを入れるとGood)
(席に着くのを待たずに、祝電披露に入る)

祝電披露

【司会者】
続きまして、お二人の門出を祝して、多数の電報が届いておりますので、この時間をお借りして、祝電をいくつか披露させていただきます。

(祝電を全文朗読)
読む祝電は当日新郎・新婦両親が決定します。

この他にも、たくさんの祝電が届いております。
お時間の都合上、ここからはお名前だけのご紹介とさせて頂きます。

(名前朗読)

どうもありがとうございました。

新婦手紙

【司会者】
ここで新婦から新婦のご両親様へ感謝の気持ちを込めたメッセージがございます。

今日の日を迎えるにあたり、思いを手紙にしたためたとのことです。

それではお願いいたします。

(新婦手紙朗読)

ありがとうございました。

ご両親への花束贈呈

【司会者】
お二人の感謝の気持ちを花束に込めまして、新郎新婦からそれぞれご両親様へ花束を贈呈いただきます。

(花束の進呈)
皆さま、今一度、大きな拍手をお願いいたします。

ご両家代表謝辞・新郎あいさつ

【司会者】
それではご両家を代表いたしまして、新郎のお父様○○○○様よりお礼のご挨拶がございます。

(両家代表謝辞)

ありがとうございました。

続きまして新郎の○○○○様より一言あいさつをたまわります。

(新郎のあいさつ)

ありがとうございました。

お開き

【司会者】

只今のお言葉を持ちまして、○○家、○○家ご両家の結婚披露宴をめでたくお開きとさせて頂きます。

これより新郎新婦、ご両親がお見送りの準備をなさいます。
今日一番の拍手を持ってお見送りくださいませ。

(新郎新婦、両親の両親は見送りの準備の為、退場)
♪退場の曲

新婚旅行や二次会についての説明を入れる。

本日はおかげさまで大変楽しい結婚披露宴になりました。
本当にありがとうございました。

また拙い司会にも関わらず、最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。
(一礼)

皆さま、お手回りのお荷物をご確認いただきまして、今しばらくお席にてお待ちくださいませ。

送賓

【司会者】
大変長らくお待たせいたしました。新郎新婦、ご両親がお待ちでございます。

ご準備整いました方からお開き口へとお進みください。

司会終了。お疲れ様でした!


第3回打ち合わせ(1ヶ月前)

【結婚式場】
□料理の試食・決定
席次表や挙式参列者名簿を提出
引き出物・引き菓子・プチギフトの手配
□司会者と打ち合わせ←この部分の記事です!
□(宿泊する場合)宿泊者名簿の提出
受付担当者の決定

【ヘアメイク】
ブライダルエステ(約1ヶ月前から始める4回コースの場合)

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。