婚約指輪と結婚指輪の違いとは?予算相場や兼用の有無など売り場に行く前に知りたい基礎知識

婚約指輪と結婚指輪

結婚に際して必要になる指輪には「婚約指輪(エンゲージリング)」「結婚指輪(マリッジリング)」があります。

では、それぞれの指輪の違いを説明できるでしょうか?
「婚約指輪は大きいダイヤが付いている指輪。結婚指輪は薬指につける指輪」くらいだと思いますが、実際に選ぶ時にはもう少し色々と知識を仕入れておいた方が安心ですね。

ゼクシィ結婚トレンド調査2015のデータを元に「婚約指輪と結婚指輪の違い」を見てみたいと思います。

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪 結婚指輪
意味 「婚約の証」
男性から女性に(プロポーズの際などに)贈られる
「二人の誓いの証」
結婚式で交換の儀式がある
つける指 左手の薬指
※「結婚前は右手の薬指につける」とする人もいる
左手の薬指
購入・所有率 約6割 約9割
検討開始・決定時期 挙式の1年以上前 挙式の半年前~2ヶ月前
購入場所 路面店の独立した店舗、百貨店、その他ジュエリー・宝石店 左に同じ
決定者 「2人で」が半数。「夫」、「妻」で半々 「2人で」が圧倒的に多い
平均相場 34万円 23.8万円
夫は10.9万円、妻は12.9万円
デザイン ソリテア、メレが2大人気 ストレート、ウエーブ
素材 プラチナ プラチナ
石の有無 ダイヤあり 夫は石なし、妻はダイヤあり
注文方法 既製品が半数。セミオーダー、オーダーが続く 左に同じ

意味

婚約指輪:
男性から女性に「婚約の証」として贈られる指輪。
使用されるダイヤは、石の強度から「固い絆で結ばれる」、無色透明な色合いから「純真無垢」を意味する。

結婚指輪:
結婚式で「二人の誓いの証」として交換される指輪。
「永遠に途切れることのない愛情」や「絆を深め、愛が続く」という意味が込められている。

つける指

左手薬指

基本的に婚約指輪と結婚指輪をつける指は共通で左手の薬指です。
婚約指輪だと「結婚前は右手の薬指、結婚後は左手の薬指につける」という人もいます。

指輪をはめる指によって意味が異なり、結婚指輪をつける薬指には「聖なる誓い」という意味を持ちます。

ちなみに「式が終わったら婚約指輪は中指につける」という説があるそうですが、薬指と中指では指の太さがなかなか違うものなので、薬指のサイズに作っているのであれば、そのまま薬指につけていれば良いように思います。

購入・所有率

婚約記念品:あった(70%)
結婚指輪:購入した(97.4%)

婚約記念品の約90%が指輪(エンゲージリング)なので、婚約指輪を購入した人は約63%と言えます。

婚約記念品が無かった理由には

お金がもったいない
婚約指輪に意味を感じない
結納をしなかったので必要なかった
予算がない
普段身に付けるものではない
相手が買ってくれなかった
婚約期間しか使えない、使える期間が短い

など、現実的な意見が目立ちます。

ちなみに結婚準備のリアル管理人の私は「普段からアクセサリーをつけないのに、婚約指輪をもらっても仕舞いっぱなしになるから要らない」と断りました。

検討・決定時期

検討・決定時期

婚約指輪:挙式の1年以上前
結婚指輪:挙式の半年前~2ヶ月前

婚約指輪は挙式の1年以上に用意する人が圧倒的に多いです。
「プロポーズをする時に婚約指輪を用意をした」や「二人が結婚を決めて、その証として婚約指輪を購入した」という時期が、ちょうど1年以上前にあたることが考えられますね。

挙式の6ヶ月前よりも月が経つと、婚約指輪よりも結婚指輪を考え始める時期になるので、割合もゆるやかに下がっていきます。

結婚指輪は「入籍後」や「挙式時の指輪交換」に必要になるので、挙式日まで半年切ってから用意する人が多いです。

ちなみに「結婚指輪はいつからつけるものか?」に関しては

  • 挙式はまだだけど、入籍後からつけ始める
  • 入籍はしたが、挙式の指輪交換時までつけない

と、人によって意見が分かれます。「結婚式を挙げない」という場合は、入籍後からつけるのが一般的ですね。
入籍と結婚式のどちらを「二人の新しい人生の始まり」と考えるかで、つける時期が変わってくるので、それによっても結婚指輪を用意する時期が分かれますね。

注文から納品までは、約1ヶ月は見ておいた方が良いので「結婚指輪の決定は入籍日or挙式日の2ヶ月前まで」がタイムリミットといえます。

【結婚準備のリアル管理人の場合】
挙式日が5月21日。結婚指輪を見に行ったのが11月5日、購入したのが12月23日でした。

11月に百貨店のブライダルリング売り場へ見に行った時、二人して気に入った結婚指輪が見付かったのですが、その時は買わず、実際の購入は12月になりました。

その理由は「結婚相手が『結婚指輪の費用は自分が出したい』と言ったので、冬のボーナスが無事に入ったことを確認して買った」から。

納品予定は2月11日。入籍を春頃に予定しているので、ちょうど良い時期に買いに行ったなと思いました。

購入場所

指輪を見るカップル

購入場所に関しては、婚約指輪・結婚指輪とも差がほとんどありません。

(路面店など)独立した店舗の国内ブランドショップ:約30%
百貨店内の海外ブランドショップ・コーナー:約15%
百貨店内の国内ブランドショップ・コーナー:約12%
その他のジュエリー・宝飾品店:約12%
(路面店など)独立した店舗の海外ブランドショップ:約9%
ファッションビル・駅ビル・ショッピングモール内の国内ブランドショップ:約9%

国内ブランドは「(ブランド名)ブライダル」として別に店舗を設けていることも多いので、普段の買い物の際に見かけることも多いのではないでしょうか?

海外ブランドショップは路面店など独立した店舗ではなく、百貨店内に入っていることが多いので、上記のような割合になっています。

ちなみに指輪を探す際に検討した店舗数は「1店舗」が約30%、次の「3店舗」が20~25%、「2店舗」が17%と続きます。平均は3店舗。

ちなみに、ブライダルリングを取り扱う有名な国内・海外ブランドは以下の通りです。

【国内ブランドショップ】

  • I-PRIMO(アイプリモ)
  • 銀座ダイヤモンドシライシ
  • GINZA TANAKA(ギンザタナカ)
  • K.UNO(ケイ・ウノ)
  • Samantha Thavasa(サマンサティアラ)
  • STAR JEWELRY(スタージュエリー)
  • 俄 NIWAKA
  • 杢目金屋(もくめがねや)
  • 4℃(ヨンドシー)

【海外ブランドショップ】

  • BVLGARI(ブルガリ)
  • Cartier(カルティエ)
  • CHANEL(シャネル)
  • GUCCI(グッチ)
  • Tiffany & Co.(ティファニー)

「ブライダルリングを取り扱っているお店がどこにあるか分からない……」という時はゼクシィの「婚約指輪 結婚指輪」から、簡単に店舗検索&来店予約が行なえます。
来店予約をしておけば、待ち時間短縮や商品券のプレゼントや指輪のグレードアップなどの特典が受けられるなど、お得なポイントがたくさんあるので、是非ともお休みの前に活用してみて下さい。

婚約指輪・結婚指輪を探す(ゼクシィ公式)

決定者

悩む二人

決定者

婚約指輪:2人で>>>夫>妻
結婚指輪:2人で>>>>>>妻>>夫

購入の決定者は、どちらとも「2人で」が最も多いのですが、婚約指輪は「夫」、結婚指輪は「妻」の割合が高くなっています。

婚約指輪の決定者で夫が多いのは「彼氏が(彼女に内緒で)婚約指輪を購入して、プロポーズ時に見せる」というシチュエーションで利用されていることが理由に考えられます。

銀座ダイヤモンドシライシのCMTVでは、ちょうどそのシーンが描かれていますね。

一方、結婚指輪の決定者に妻が多いのは「彼女が結婚指輪選びに積極的で、彼氏が彼女の意向に合わせた」という感じでしょうか。

平均相場

貯金箱

指輪の平均相場

婚約指輪:34.0万円
結婚指輪(2人分):23.8万円
※夫は10.9万円、妻は12.9万円

婚約指輪の平均相場は結婚指輪に比べて2.5~3倍近く高いです。

この金額の差は「ダイヤ」による所が大きいです。
婚約指輪の方が、使用するダイヤのカラット数が大きく、数も多くなるので、どうしても平均相場が高くなってしまいます。

同様に女性の結婚指輪はダイヤ付きが主流なので、男性よりも2~3万円ほど割高になりますね。

デザイン

婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪:ソリテア(42.5%)≧メレ(41%)>>>パヴェ(8.7%)≧エタニティ(6.7%)
結婚指輪:ストレート>ウエーブ(V字、S字)

婚約指輪と結婚指輪の大きな違いの一つは「デザインのタイプ」です。

婚約指輪は「ダイヤの数や留める位置」、結婚指輪は「アーム(リングの輪の部分)のライン」にそれぞれ特徴があり、見た時の印象が異なります。

【婚約指輪】
ソリテア(ソリティア):一粒のダイヤモンドをあしらった指輪。数本の爪で留めたタイプは「立て爪あり」、埋め込んだタイプを「立て爪なし」。
メレ:中央の大粒のダイヤモンドの周りに、メレダイヤ(小粒のダイヤ)を散りばめた指輪。デザインによって並べ方や数に違いあり。
パヴェ:石畳のようにメレダイヤをアームに敷き詰めた指輪。リング全体がキラキラした印象になる。
エタニティ:同じサイズ・カットのダイヤをアーム部分にぐるっと一周分留めた指輪。半分だけの「ハーフエタニティリング」もある。

【結婚指輪】
ストレート:アームラインが真っ直ぐな指輪。極細から幅広まで、太さは多種多様。
ウエーブ(V字、S字):アームラインが「V」や「S」の形になった指輪。ひねり具合で、様々な印象になる。

素材

婚約指輪・結婚指輪:プラチナ>>>>>>ゴールド>>コンピ

私たちの親世代の結婚指輪は「ゴールド(ホワイト、ピンク、イエローなど)」や「コンピ(プラチナ+ゴールド)」が多いように思うのですが、今は「プラチナ」が主流で、約8割の人が選んでいます。

実際に各ブランドの指輪を見ても、プラチナの指輪ばかりが並び、ゴールドやコンピをほとんど見かけません。
有ってもデザインがかなり限られるので、素材に特にこだわりが無く、デザイン重視で指輪を選ぶのであれば「プラチナ」で探した方が無難ですね。

ダイヤなど石の有無

誕生石

婚約指輪:ダイヤ
結婚指輪:
《夫》石なし(74%)>>>>ダイヤ(16.3%)>>その他宝石(ルビー、サファイアなど)
《妻》ダイヤ(74.1%)>>>>石なし(21.4%)>>その他宝石

女性がつける指輪は「ダイヤあり」、男性がつける指輪は「石なし」が主流です。

結婚指輪のペアリングを見ても「女性:ダイヤ付き、男性:石なし」が多いですね。
また男性の石付きは「外側または内側に一粒のダイヤを埋め込む」タイプになり、女性のダイヤ付きのようにキラキラ度や目立ち度が低くなるので、さり気なく身に付けられます。

婚約指輪のカラット数は「0.2~0.4ct未満」がボリュームゾーンで、0.3ctで4.3mmの大きさになります。
結婚指輪のカラット数は「0.01~0.03ct」が多く、私たちがイメージする婚約指輪のダイヤの1/10くらいのサイズ感ですね。

注文方法

婚約指輪・結婚指輪:
既製品(50~55%)>>>セミオーダー(30~40%)>オーダー(10~13%)

どちらの指輪も「既製品(レディメイド)」を選ぶ人が半数近くいます。
サイズ調整や仕上げ加工、刻印、内側の石の追加などは、既製品でも可能なので、店頭にある指輪を試着して気に入ったものがあれば、後は少しのアレンジを加えるだけでOKなのが良いですね。

セミオーダーは自分たちの好みに合わせて、元々あるデザインから少しデザインを変更したり、素材、石、枠(シャンク)、仕上げ加工などを様々なパターンから組み合わせたりして作る方法です。「既製品の指輪でも良いけれど、もう少し好みの感じにしたい」という人に選ばれています。

(フル)オーダーでは、二人の希望を取り入れた指輪のデザインを一から作ります。
手間と時間がかかりますが「世界に一つだけの指輪」が完成するのが魅力的ですね。

注文方法によって、デザインはもちろんのこと、値段や注文から納入までの時期が大きく異なるので「自分たちは、いつまでに、どのような指輪が欲しいのか?」を考えてみて下さい。

婚約指輪と結婚指輪の気になる疑問

Q&A

兼用は可能?

「婚約指輪と結婚指輪を兼用にする」ことは、近年は珍しいことでは無いです。

1.婚約指輪として購入したリングを、結婚指輪としても、つけ続ける
2.結婚指輪のデザインのリングを、婚約指輪として購入して、つけ続ける

のどちらかが考えられます。

婚約指輪と結婚指輪(女性用)には基本的にダイヤが付いているので「ダイヤ付きの指輪が良い」という第一段階は、どちらもクリアできます。

兼用にするメリット・デメリットとしては

○指輪費用の節約になる
○婚約指輪が仕舞いっぱなしにならない
×ダイヤが非埋め込み型だと、仕事や家事の際にダイヤが物に当たり、傷付く可能性がある
×婚約指輪という特別感が薄くなる
×ダイヤが目立つデザインだと、弔事の際に派手な印象を与える。

が挙げられます。

兼用で指輪を選ぶのであれば「指輪のデザインを婚約指輪よりにするのか、結婚指輪よりにするのか」を考える必要がありますね。

ブランドは揃える?

ブランドを揃えると「調和感が出やすい」「セットで買うと割引やプレゼントなどの特典が使える」というメリットがあります。
最近は「婚約指輪と重ねづけできる結婚指輪」も増えてきているので、より統一感ある印象にできますね。

結婚指輪を選ぶ際に「婚約指輪を購入したブランドに、自分好みの指輪がない」「結婚指輪は日常的につけるものなので、サイズ調整や表面の磨き直し、クリーニングなどのアフターケアがしっかりしたブランドが良い」という希望があれば、別のブランドを選ぶのも全然ありです。

ちなみに、結婚指輪と婚約指輪の両方を購入した人に対して「結婚指輪購入店が婚約指輪購入店と同一店舗だったか」という質問に対して

婚約指輪を購入した店と同じ:51%、婚約指輪を購入した店とは違う:49%

と、ほぼ半分半分の結果になりました。これは過去6年のデータを見ても比率は大きく変わりません。

婚約指輪と婚約指輪のブランドを揃えるかどうかは「選ぶ人、指輪次第」ということですね。

「重ね付け」とは?

左手薬指

上記の写真のように「婚約指輪と結婚指輪の両方をつけること」を指します。

婚約指輪には「婚約期間中の指輪なので、結婚後はめったに付けずに仕舞いっぱなし」というイメージがあり、実際に「買ってもタンスの肥やしになるから」という理由で婚約指輪を希望しない女性も少なくありません。

欧米では婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするのが一般的で、海外セレブの手元の写真を見ると「指の外側に大きめのダイヤの指輪(=婚約指輪)、内側がシンプルな指輪(=結婚指輪)」を付けています。

日本にも「日常生活でも婚約指輪をつけよう」という流れが来て、重ね付けを前提にした婚約・結婚指輪をセットに取り扱うブランドも増えてきました。
もちろん気に入ったデサインの指輪があれば、別々のシリーズやブランドを重ね付けにしても個人の自由です。

重ね付けを前提にした指輪を購入する際は「内側の結婚指輪は一つだけ付ける場合よりも、若干大きいものになるので、結婚指輪だけをつけた時にブカブカになって落ちやすい」ことも覚えておいた方が良いですね。
たまに重ね付けする程度であれば、結婚指輪をぴったりサイズで作った方が良いかもしれません。詳しくはブランドの店員さんと相談しながら決めましょう。

また重ね付けをすると、どうしても指輪同士がぶつかって傷や痛みが起こりやすいので、二つの指輪がピッタリ合うようなデザインを選んだり、磨き直しのアフターケアがしっかりしたお店で購入したりすることをおすすめします。

いかがでしたか?

婚約指輪と結婚指輪の違いは分かりましたでしょうか?

基本が分かったら、後は実際に指輪を選ぶだけです。

ゼクシィでは人気ブランドの婚約・結婚指輪を好みの条件で検索して、自分の希望する指輪がどのブランドで手に入るのかが分かったり、最寄りの店舗を調べて来店予約を行なえたりします。

混雑しがちな人気店舗でも事前に予約をしておけば、スムーズに相談ができるので1日に何軒もブランドをはしごして見に行きたい時に便利です。
また商品券のプレゼントや指輪のグレードアップなどの特典が受けられるショップもあるので、お得に賢く活用してみて下さい。

婚約指輪・結婚指輪を探す(ゼクシィ公式)

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。