結婚で姓名や本籍地が変わったら、パスポートはどうすれば良い?変更・書き換えの手続き方法

パスポート

入籍後、新婚旅行で海外へ行く人も多いと思いますが、その時に必要不可欠なのが「パスポート」です。

結婚によって姓名や本籍の都道府県名が変わる場合は、婚姻届提出後、新しい戸籍や身分証明証ができてから、パスポートの各手続きを行ないます。

パスワードあり/なし

【今まで一度もパスポートを作ったことが無い】
パスポートの新規発給の申請を行ないます。

【有効中のパスポートを持っている】
下記のどちらかの手続きが必要になります。
1.パスポートを新しく作り直す(新規発給の申請をする)。
2.返納したパスポートと現存有効期間が同じ新しいパスポート「記載事項変更旅券」を作る。

※以前は「記載事項の訂正」での変更でしたが、旅券法の一部改正に伴い、平成26年(2014年)3月20日以降、記載事項の訂正の制度が廃止されて「記載事項変更旅券」という新制度による申請が必要になりました。


注意したいのが、パスポートの記載情報の変更手続きは「氏名」「本籍」「性別」「生年月日」のいずれかに変更があった場合に行なうもので、

  • 同じ都道府県内で本籍を変更した
  • 引っ越しなどで住所が変わった

という場合であれば、変更申請の対象外です。

パスポートの本籍欄は「都道府県名」しか記載が無いので、本籍が同じ都道府県であれば、変更の必要はありません。

その為、特に既にパスポートを持っている男性の場合は「結婚によって本籍地の都道府県が変わったかどうか」で、パスポートの記載情報の変更手続きの有無が違ってきます。

婚姻届には、婚姻後の新しい本籍を記入する欄がありますが、現在の本籍地(=婚姻届提出前に戸籍謄本に記載されている住所)と新しい本籍地(自分たちが本籍地として希望する場所)が別の都道府県であれば、パスポートの記載情報の変更手続きが必要になるのです。

本籍地の都道府県内で住所が変わった場合は、パスポートの最終ページにある「所持人記入欄」の現住所を訂正(自分で二重線を引き、現住所を書き足すを)すればOKです。

新規パスポートの発給申請をする

新しくパスポートを作る時と作り直す時ともに手続き方法は同じです。

必要書類

新規パスポートの申請に必要なもの

一般旅券発給申請書

●一般旅券発給申請書:1通
パスポート申請窓口で入手できます。
申請書は5年用と10年用で分かれているので、間違わないように注意。

●変更後の戸籍謄本または抄本:1通
6ヶ月以内に発行されたもので、戸籍変更の経緯が確認できるもの。
同一戸籍内にある2人以上が同時に申請する場合は1通で共用もできます。

※戸籍の改製(電子化など)で、記載事項が省略されて変更内容が確認できない場合は「改製原戸籍」の提出が必要になるので、事前に要確認です。

●写真:1枚
・縦45mm×横35mmの縁なしで、無背景(無地で淡い色)の写真。
・申請日前6ヶ月以内に撮影されたもの。
・写真の裏面に申請者の氏名を記入。※表面に文字の凹凸が出たり、インクがにじんだりしないように注意。

詳しくは:パスポート申請用写真の規格(平成28年4月20日更新)- 外務省

●有効期間のあるパスポート(有効旅券)
返納して、失効処理(パスポート表紙に穴あけ)がされます。
残存有効期限は新しいパスポートに加算されません(有効期限は5年または10年間で同じ)。

●身分証明書(申請者本人に間違いないことを確認できる書類)
(ア).1点で良い書類
運転免許証、船員手帳、写真付き住基カード、個人番号カード(マイナンバーカード)など

(イ).アの書類がない場合に2点必要な書類
以下のAとBの各1点、またはAから2点を提示します。

A 健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要)など
B 次の内写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書など

住民票の写し:1通
「住民基本台帳ネットワークシステム」の利用により、住民票の写しの提出は原則不要です。

以下の理由に当てはまる場合は、6ヶ月以内に発行された住民票の写し1通が必要になります。

・住所や氏名の変更直後(婚姻届や転居届を提出した当日)に申請をする
・居所申請をする(住民登録をしていない単身赴任者や就学先等の都道府県で申請する)
・住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望しない

住民票の写しの取得には、以下の3通りの方法があります。

・市町村役場の窓口、出張所で申請をする。
・郵送で市区町村役所宛に請求する。
・コンビニなどのマルチコピー機から取得する。

手数料は1通200円~。自治体によって金額が異なります。

申請手続き

上記の必要書類を全部揃えて、各都道府県のパスポート申請窓口で申請を行ないます。

関連リンク:パスポート申請先都道府県ホームページへのリンク – 外務省

配偶者や二親等以内の親族、その他の代理人に依頼して代理提出も可能です。代理人も本人確認書類が必要になるので、忘れずに持参しましょう。

申請から受領までに、通常で1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。
申請窓口や受取窓口によって、受け取りまでの日数が異なる場合もあるので「1日でも早く受け取りたい」という場合は、要チェックです。

受領

パスポートを受け取る際は

・申請の時に渡された受理票(受領証)
・手数料(必要額の都道府県収入証紙、収入印紙を受領証に貼り付ける)

を持って、本人が必ず交付(申請)窓口へ行きます。

受け取り窓口は、原則、申請書を提出した旅券窓口と同じです。出張所や出張窓口で申請した場合は、受け取り場所の選択が可能なこともあります。

手数料は以下の通り。有効期間(10年or5年)によって、金額が変わります。

旅券の種類 都道府県収入証紙※ 収入印紙 合計
10年間有効な旅券(20歳以上) 2,000円 14,000円 16,000円
5年間有効な旅券(12歳以上) 2,000円 9,000円 11,000円
5年間有効な旅券(12歳未満) 2,000円 4,000円 6,000円

都道府県収入証紙や収入印紙は、パスポートセンター近くの「証紙・印紙売り場」で購入できるので、事前に用意しておく必要はありません。

※都道府県によっては、収入証紙や収入印紙ではなく、現金払いにしている所もあるので要確認です。

「記載事項変更旅券」を申請する

「記載事項変更旅券」を申請する際に必要なもの

記載事項変更旅券は、有効期間満了日は前のパスポートと同じ(そのまま引き継がれる)。

新しくパスポートを使用して作るので、元のパスポートは失効(=表紙が穴空きで使えない状態)になり、旅券番号や記載事項、サイン、顔写真、ICチップや機械読取部分の内容が変わります。

手数料は6,000円と、新規のパスポートを作るよりも料金が安いのがメリット。
申請受付から交付までの日数は、申請日から土日祝・年末年始を除いた日数で数えて1週間程度かかります。パスポートの新規申請・受領にかかる日数と変わりませんね。

代理提出も可能。ただし申請者本人が申請書への記入が必要なので、事前に「一般旅券発給申請書(記載事項変更用)」を手に入れて、記載しておくことを忘れずに。

「記載事項の訂正」が廃止になった理由とは?

以前の「記載事項の訂正」申請で訂正されたパスポート(以下、訂正旅券)は、訂正後の情報が訂正旅券に追記ページに記載されるだけで、機械読み取り部分(=顔写真のページ)やICチップの内容は変更されていませんでした。

国際民間航空機関(ICAO)では「2015年11月24日までに全ての非機械読取式旅券(機械読取式でない旅券)を失効すべき」としており、訂正旅券では国際標準外の非機械読取式旅券とみなされる可能性がある為、有効期間満了日以外は全て新しくなる「記載事項変更旅券」が使われるようになりました。

必要書類

一般旅券発給申請書(記載事項変更用)

新規申請とは違い「本人確認書類」は不要です。

●一般旅券発給申請書(記載事項変更用):1通
申請書上縁部が鶯色(うぐいすいろ)の書類です。右上に[記載事項変更用]と書かれているものを使用します。
各都道府県の旅券センターや旅券事務所などの窓口で配布されています。

●変更後の戸籍抄(謄)本:1通

●写真:1枚

●有効期間のあるパスポート(有効旅券)
パスポートは返納して、失効処理が行なわれます。
返納したパスポートと有効期間満了日が同じパスポートが新たに発行されます。

●住民票:1通
※「住民基本台帳ネットワークシステム」の利用で提出は原則不要。

受領

パスポートを受け取る際は、

・申請の時に渡された受理票(受領証)
・手数料(必要額の都道府県収入証紙、収入印紙を受領証に貼り付ける)

を持って、本人が必ず交付(申請)窓口へ行きます。

受け取り窓口は、申請書を提出した旅券窓口と同じ。
ただし出張所や出張窓口で申請した場合は、受け取り場所の選択が可能なこともあります。

手数料は6,000円。
新規でパスポートを作るのとは違い、有効期間で金額は変わりません。

旅券の種類 都道府県収入証紙※ 収入印紙 合計
記載事項変更 2,000円 4,000円 6,000円

都道府県収入証紙や収入印紙は、パスポートセンター近くの「証紙・印紙売り場」で購入できるので、事前に用意しておく必要はありません。

※都道府県によっては、収入証紙や収入印紙ではなく、現金払いにしている所もあります。

パスポートの残存有効期間は3~6ヶ月以上必要

カレンダー

パスポートの残存有効期間は、帰国時まで有効なもの、約3~6ヶ月以上が必要とされています。
滞在期間や入国目的など、国ごとに異なりますが、特に長期滞在を予定している場合は、滞在予定期間よりも長い残存有効期間が求められることもあります。

関連リンク:JAL – 海外 ビザ・パスポート情報 (JAL旅プラスなび)

「料金が安いから記載事項変更旅券を申請しよう」「新しいパスポートを作る時間が無いので、旧姓のパスポートで行こう」と思っても、空港から出国する際に残存有効期間が不足している為に「渡航不可」が判明して、慌ててパスポートの早期発給をする事態も起こり得ます。

残存有効期間が6ヶ月を切っている場合は、万が一の事態を避ける為にも、新規パスポートの発給申請をすることをおすすめします。

諸外国の出入国管理については「国ごとに政策が異なる」や「国際政治情勢や内政事情などで予告なしに突然変更されることがある」ので、日本にある各国の大使館などで最新情報を確認することをおすすめします。

関連リンク:駐日外国公館リスト – 外務省

良くある質問

婚姻届の提出後、戸籍謄本・抄本はいつから取得できる?

婚姻届を提出後、新しい戸籍謄本・抄本を取得できる日数は「婚姻届をどこで提出するか?」によって異なります。

婚姻届を本籍地の役所へ提出する場合は、翌日~1週間はかかります。
電算化されていれば翌日~4日程度。手作業であれば1週間はかかると考えておくと良いです。

新しい本籍地以外で婚姻届を提出した場合(例:本籍地と新居の住所が異なる、国内リゾート婚の先で提出した)は、審査や新本籍地へ書類を送ってから新しい戸籍作成される分、時間がかかってしまうので1週間程度。

詳しい日数に関しては、婚姻届の提出時に「戸籍謄本・抄本はいつから取得が可能ですか?早めにパスポートの申請を行ないたいのですが……」と質問すると良いです。

本籍地は「男性側の実家」または「新居」を選ぶ人が多いですが、「パスポートの取得を手間なく行ないたい」と思うのであれば、新居に本籍地を置いた方が、近くの役所で手続きができるので、戸籍謄本・抄本の取得の手間がありません。

戸籍謄(抄)本の取り寄せ方法は?

パスポートの申請を行なうのは、婚姻届の提出後、姓名や本籍地が変更になった後だと思うので、戸籍謄本・抄本ができてから申請を行ないます。

本籍地の区市町村の役所の窓口(戸籍担当係)で入手が可能です。

取り寄せには以下の3通りの方法が利用できます。

・本籍地の市区町村役所の窓口で申請をする。
・郵送で本籍地の市区町村役所宛に請求する。
・コンビニなどのマルチコピー機から取得する。

居住地から本籍地が離れている場合は、親に申請を頼んだり、郵送で申請を行なったり、コンビニのマルチコピー機を利用したりして、戸籍謄(抄)本を取り寄せます。
戸籍謄(抄)本は1通450円。郵送での申請だと、申請用と返信用で82~140円×2の切手代が追加でかかります。

ちなみに、パスポートの申請で言う本籍地は「都道府県単位」、役所関係で言う本籍地は「市区町村単位」を指します。

戸籍謄本と戸籍抄本の違いは?

【戸籍謄本(とうほん)】
戸籍原本に記載されている人を全て謄写(書き写すこと)したもの。

【戸籍抄本(こせきしょうほん)】
戸籍原本から申請者の指定した部分だけを記載したもの。

パスポートの場合は「戸籍謄(抄)本:1通」なので、戸籍謄本と戸籍抄本のどちらか1通を提出すればOKです。

パスポートの訂正手続きを行なわなかったらどうなる?

姓や本籍を変更した時にパスポートの訂正や新規発行の手続きを行なわず、その後、転籍(=本籍を移すこと)などを行なうと、最新の戸籍にパスポートに記載された姓や本籍が載っていないことがあります。パスポートと戸籍が同一人物か確認できない時は、除籍謄本などを提出する場合もあります。

パスポートに旧姓を併記するには?

パスポートに旧姓を併記することは、基本的にできません。

パスポートの氏名は、戸籍に記載されている氏名である必要があるので、結婚や養子縁組で姓が変わった場合は、改正後の氏名でパスポートを作成を行ないます。

ただし

・外国での旧姓での活動実績があり、旧姓表記でないと支障が起こる
・国際結婚や二重国籍、両親のどちらかが外国人などの理由で、外国式氏名表記を併記したい
・ミドルネームなどを別名として併記したい

という理由で、渡航により旧姓などの別名も併記する必要がある場合は、その必要性が確認できる書類などを提出して、審査の結果、認められた場合は別名併記(姓の後にカッコ書きで表記)が可能になります。別名併記は例外的で便宜的な措置なので、ICチップには記録されません。

旧姓併記のパスポートがあると「旧姓名義の銀行や保険などがある場合、変更手続きなどを行なう際の戸籍謄(抄)本以外の身分証明証に使える」という利点があります。

銀行口座やクレジットカードなどを作る際の名義は戸籍上の名前なので、旧姓併記のパスポートを作っても「旧姓で新規申し込みができる」という訳ではありません。

外務省としては「必要ではない人には、旧姓併記を認めない」という方針なので、多くの人は旧姓併記不可なのが残念ですね……。

関連リンク:こんな時、パスポートQ&A – 外務省

婚姻届を提出後、すぐ海外旅行へ行く場合は?

婚姻届

新婚旅行で海外へ行く場合は「新姓で航空券の予約をする」と「新姓のパスポートの旅券番号」が必要不可欠です。

※旅行会社で旅行を申し込む際、まだパスポートを作っていなかったり、入籍前で新姓になっていなかったりしても「新姓でパスポートを作り、旅券番号が分かったら、旅行会社の人に連絡する」ができるので大丈夫。

婚姻届を提出後、新姓のパスポートを手に入れるには約1~2週間かかるので「婚姻届を提出後、すぐに海外へ新婚旅行をする」のは難しいです。

婚姻届を提出→新本籍や新姓が記載された戸籍謄本・抄本の取得:翌日~1週間
パスポートの申請・受領:約1週間

これでは、新姓でのパスポートには間に合いませんよね。

航空券とパスポートの名前が一致していないと飛行機には乗れないので、航空券を旧姓の名前で予約した場合は、変更手続きを一切せず旧姓のパスポートをそのまま使うしかありません。

帰国後、すぐに訂正申請や新規発給を行ない、新しいパスポートに切り替えます。

それでも、やはり新姓のパスポートを使った方が良いので、通常よりも早くパスポートが作れる方法を紹介します。

  • 申請日3日目にパスポートが受け取れる「旅券早期発給制度」を利用する
  • 戸籍謄(抄)本の代わりに婚姻届受理証明書で申請をする

旅券早期発給制度を利用する

  • パスポートが早急に必要になった
  • 海外旅行の直前にパスポートの紛失や有効期限切れに気付いた
  • 渡航国の入国に必要な残存有効期間が無いことに直前なって気付いた
  • パスポートの受け取り予定日から査証(ビザ)やESTAの手続きでは遅過ぎる

という事情があり、通常の市区町村での申請では間に合わない場合、通常の発行手数料+追加手数料(4,000円~6,000円)を収めることで、申請日から1週間程度かかる所、3日目でパスポートが受け取れます。

「既にパスポートの申請をしており、早く受け取りたい」や「勤務先または学校が市外なので、パスポートセンターで手続きする方が楽だから」「海外渡航の予定が無い」という場合は、早期発給制度の対象外です。

パスポートの早期発給を受け付けている窓口に問い合わせ後、申請手続きを行ないます。

注意したいのは、旅券早期発給制度は、自治体独自の取り組みであり、全国各地で利用できる訳ではありません。

ざっと調べた所、広島、岡山、愛媛、鹿児島では、旅券早期発給制度が行なわれていますね。
それ以外の自治体にお住まいの人は、各パスポートセンターに連絡して、早期発給が可能かどうか問い合わせをおすすめします。

婚姻届受理証明書で申請をする

婚姻届を提出後、新しい戸籍謄(抄)本ができてから、パスポート申請をしたのでは、海外旅行の出発に間に合わない場合は、婚姻届を提出した役所で婚姻届受理証明書(発行手数料:1通350円)を交付してもらい、パスポート申請時に戸籍謄(抄)本の代わりに提出する方法もあります。

婚姻届受理証明書で申請する場合は、本人が申請を行ない(代理申請が不可)、パスポートを受け取る時に新しい戸籍謄(抄)本の提出をする必要があります。

新しい戸籍謄(抄)本の取得には1週間かかることを考えると、パスポートの受け取り予定日までには、戸籍謄(抄)本が用意できるので、パスポートの取得までの日数を1週間短縮できるのはメリットですね。

パスポートを初めて取得する場合や、以前のパスポートの有効期限が切れた後に申請する場合は、新しい戸籍謄(抄)本が必要になり、婚姻届受理証明書では受け付けていないので、利用の際には注意して下さい。また出発日を確認する為、渡航の日程表やチケット・予約票の提示が必要です。


ハワイへ新婚旅行へ行く二人に注意】
新婚旅行でハワイやアメリカへ行く場合は、パスポートだけではなく、アメリカ電子渡航認証システムの認証ESTA(エスタ)の申請が必要になります。

「ESTA申請ウェブサイトから自分で申請」と「旅行代理店で申請の代理を依頼する」の2通りの申請方法があるので、搭乗前に忘れず手続きをしておきましょう。

2件のコメント

  1. 高橋久美 より:

    結婚により性が変わりました。
    パスポートの期限は、2021年迄あります。
    住所(本籍変更無し)
    東京都八王子市
    変更に際し必要な書類 
    届けをする場所
    金額はいくら?

    1. 昼時かをる より:

      高橋久美様

      お住いが東京とのことなので「パスポート|東京都生活文化局」が参考になるかと存じます。

      必要な書類と手数料に関しては
      ・有効なパスポートを持っていて新規にパスポートを申請する場合
      ・パスポートの記載事項を変更する
      によって異なりますので、申請・受領に必要な書類手数料一覧を参照ください。

      東京のパスポートセンターは、新宿・有楽町・池袋・立川がありますので、申請と受領がしやすい所で行なって下さい。
      アクセス(新宿・有楽町・池袋・立川)|東京都生活文化局

      新婚旅行のパスポートは旧姓のまま氏名変更しないで大丈夫?!利用時のメリット、デメリットと注意点でも書いていますが、旧姓のままのパスポートでも海外旅行へ行くことは可能なので、氏名変更はせず、そのままお使いになる方法もあります。

      (昼時かをる)

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。