新婚旅行のお土産はどの範囲まで渡す?郵送時に添えるお礼の手紙の書き方

土産

新婚旅行で忘れてはいけないのが「お土産の購入」です。

普段の旅行のお土産とは異なり「無事に新婚旅行から帰ってきました。今後とも末永いお付き合いの程、宜しくお願いします」という意味を込めて送るもので、送り先や品数も普段より、かなり多くなります。

その為、新婚旅行前には「用意するお土産と購入後の渡す段取り」を考えて行動した方が、現地でのお土産選びに振り回されず、充実した新婚旅行を楽しめます。

新婚旅行のお土産を渡す範囲

悩む人

新婚旅行のお土産は「結婚に際して、お世話になった方」や「今後とも、お付き合いしていきたい方」に渡します。

いつもの旅行よりもお土産を渡す範囲が広い分「誰にお土産を用意すれば良いんだっけ?」と悩むカップルが少なくないので、事前にリストアップしておきましょう。

両親・義両親

親と彼女

お互いの両親へのお土産は、今後のお付き合いのことも考えて、きちんと用意しましょう。

引き出物や結婚内祝いを渡す必要が無い分、お土産でしっかりした品数を用意した方が好印象です。

過分なご祝儀や結婚祝いを頂いた方

ご祝儀

引き出物と結婚内祝いと新婚旅行のお土産は別物扱いで、ご祝儀を頂いた方には「引き出物・引き菓子」、結婚祝いを頂いた方には「結婚内祝い」という形で、それぞれ品物を贈ります。

その為「引き出物や結婚内祝いを送った人には、新婚旅行のお土産は要らない」や「新婚旅行のお土産を結婚内祝いにするのはNG」という意見も良く聞かれます。

なかなか難しい話ですが「お土産とは別に、結婚内祝いは渡す」「過分なご祝儀や結婚祝い(一般的な引き出物や結婚内祝いでは、不釣り合いなほどの多額の金額)を頂いた方には、お土産を割増で渡す」という考え方で行動すれば、失敗はないと思います。

招待客とフォトプロップス

挙式や披露宴、二次会への出席者・欠席者に対して、お土産を渡すかどうかに関しては「出席・欠席関係なく全員に渡した」と「招待していたが来られなかった人には渡した」で意見が分かれる所です。

結婚式や二次会の招待客が多ければ多いほど、買うべきお土産も増え、出費も割高になってしまうので、どこかで線引きをした方が良いです。

旅行への餞別を頂いた方

親族

祖父母や親しい親戚などからは、ご祝儀や結婚祝いとは別に「旅行費用」という形で餞別を頂くことも少なくありません。

その場合も「おかげさまで、楽しい旅行になりました」という感謝の気持ちを込めて、他よりも多少上乗せしたお土産を渡します。

職場

職場の上司

新婚旅行は長期間仕事を休んで行くことになるので、報告とお礼の意味を込めて渡します。

「会社or部署の皆さんで食べて下さい」向けの大容量のお土産……いわゆる「ばら撒き土産」を何箱か用意しておくと良いです。

ハワイ旅行であれば「マウナロア マカダミアナッツミニパック塩味24パック」や「ハワイアンホースト アイランド トリオ36袋セット」など。

お休みをいただきありがとうございました。
どうぞ皆さんで、お召し上がりください。

(名前)

と、お土産にメモ書きを添えると丁寧です。

また結婚式に出席して頂いた方や、休暇中に自分の仕事を肩代わりしてくれた方には、個別にお土産を用意するという人も多いです。

職場によっては「お土産禁止」という場合もあるので、上司などに「新婚旅行のお土産もNGか」を確認してから用意した方が安心だと思います。

友人

友人

お土産を渡す友人の範囲としては、

  • 親しい友人
  • 挙式や披露宴、二次会に出席した友人
  • 結婚式に来られなかった友人
  • 新婚旅行を事前に伝えていた友人
  • 新婚旅行後に会う予定がある友人

などが一般的に挙げられます。

新婚旅行のお土産だからと言って深く考えず「旅行や帰省の際にお土産を渡す友人には渡す」という感じで、範囲を考えれば良いと思います。

新婚旅行前に「お土産リスト」を作成

名前 ご祝儀額 お土産代 品物 購入先

お土産を渡す範囲は人それぞれですが「渡す予定は決まっていないが、後々で困らないように、とりあえず多めに購入した」という人が多いです。

ただし、何の考えもなく色々と買ってしまうと、実際に渡す時に数や量が全然足りなかったり、買い過ぎて渡しきれずに持て余したりする危険性が出てきます。

その為、新婚旅行へ出発する前に「お土産リスト」を作成して「誰にいくら位の何を買うか」の目星を付けておくと、現地でお土産を購入する時に悩まずに済みます。

お土産通販・宅配サービスも賢く活用

インターネット通販

新婚旅行は二人で過ごす時間を楽しむ為に行くものなので「お祝いのお返しを買う為にハネムーンへ行く」という感じにならないように、お土産通販やお土産宅配サービスを利用するのも一つの手です。

特に「質より量」や「義理で渡す」、「重くてかさばる」系のお土産を購入する時に役立ってくれます。

また「新婚旅行先で人気のお土産が分からない」という時の下調べにも使えるので、どのような商品を取り扱っているのかを把握することで、現地でのお土産選びの参考にもなります。

例えば、JTBのお土産通販サイト「ワールドショッピングプラザ」や「JTB世界のおみやげ屋さん」などは有名ですね。

利用方法は以下の通りです。

1.新婚旅行前に日本で申込む
2.身軽にゆっくり旅行
3.希望日時に指定の場所へお届け(帰国日に合わせて自宅に送ってもらうと◎)
4.お土産の数が足りなければ追加注文

お土産通販を利用することで、事前にお土産をまとまった量が用意できるので「現地で自分の買い物が充分に取れる」「お土産の量が多過ぎて移動が大変になったり、空港でキャリーオーバーしたりする心配がない」というメリットがあります。

他にも「自分の使っているクレジットカードで確実に支払える」のも利点の一つで、例えばハワイではVISA・MasterCard・JCB以外の国際カードブランドは対応していない店舗も少なくないので、AMEXやDinersで買い物をしたい人は利用する価値大だと思います。

「送る人に合ったものを選んで買いたい」や「お土産のカタログには掲載がなく、現地でしか買えそうにないもの」に関しては、現地で購入するというように買い分けをすれば、現地でのお土産を買うのに当てる時間がぐっと短縮でき、厳選して選べることで、より良い買い物ができますね。

お礼の手紙の書き方

時間や距離的な都合で直接お土産を渡しに行けない時は、郵送(宅配)で送り「お礼の手紙」を一筆添えます。

送る前に「新婚旅行から帰ってきた」という報告と「○日頃にお土産を送りたいので受け取って欲しい」という連絡を電話やメールでしておくとスマートです。

○○○様

結婚式では大変お世話になりました。
その後、お変わりございませんでしょうか。

先日、新婚旅行先の□□□から無事に帰国しました。
(旅行中の感想を1~2行)

ついては、□□□のお土産を別便で送りましたので、どうぞお受け取り下さい。

なかなか直接お会いする機会がありませんが、また近々◎◎さんと一緒にお伺いしますので、何とぞ宜しくお願いいたします。

注意したいのが、手紙は「信書」にあたり、多くの宅配サービスでは、品物に同梱して手紙が送ることは禁止されています。

信書(手紙)が送れる宅配サービスは以下の通りです。
お土産と手紙を一緒に送りたい時は、郵送するのが一番安心感がありますね。

ヤマト運輸 佐川急便 日本郵便
すべて× 飛脚特定信書便 定形郵便・定形外郵便
レターパック(プラス・ライト)
EMS(国際スピード郵便)
スマートレター
郵便書簡(ミニレター)

結婚式や新婚旅行の写真を添えるのも◎

結婚式の服装

新婚旅行のお土産を送る際に、結婚式や新婚旅行の写真を同封するのも良いですね。

お土産の送り先の方と一緒に写っている写真だと尚良いです。
写真を撮る立場だと、自分が写っている写真というのは、なかなか見る機会が無いので……。

写真は信書には当たらない為「手紙と同封」「お土産と同封」のどちらでも構いません。写真は封筒や透明な袋に入れた状態で送ります。

結婚式(新婚旅行)の写真を同封しましたので、ご覧下さい。

という一文は、有っても無くても大丈夫です。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。