招待客に渡すお車代の相場はいくら?主賓や遠方ごとの金額と渡し方まとめ

お車代

主賓や准主賓、遠方からの招待客に対して「本日はわざわざ来ていただき、ありがとうございます」という気持ちを込めて渡すのが「お車代」です。

「誰にどれくらいのお車代を包めば良いのか?」は誰もが悩む所で、多くても少なくてもNG。

例えばお車代が少ないと

遠方から何時間もかけて来たのにお車代がほとんど出なかった。式が豪華だった分『私にはお金を使いたくない、ってこと?』と思って、今後の付き合いについて考えるようになった。

と思われる可能性も出てきますよね。
実際に質問サイトや体験談を見ていると、お車代に対して不満を感じている人が少なくないことが分かります。

かと言って、多く出し過ぎると、相手に気を使わせてしまいます。

その為「お車代を誰に渡すか?」「金額相場はいくらなのか?」「どのタイミングで渡すのか?」を知っておくことが大切です。

結婚式に招待するくらい、今後のお付き合いを考えている人々に対して「常識や世間を知っていて、ソツがない人」に見られる為のポイントをまとめてみました。

主賓・准主賓

相場:1万円(以上)
渡し方:受付後、頼んだ側の親から渡してもらう

招待客のメインゲストとなる「主賓」や、祝辞を述べたり、乾杯の音頭を取ったりする「准主賓」に対しては、お礼の意味も込めてお車代を渡します。

お車代の金額は多めに渡すのが慣例で往復の交通費+切りの良い金額が目安です。

主賓や准主賓へのお車代は「1万円(以上)」が相場で、「自宅から結婚式場まで1万円もかからない」という場合でも1万円未満の金額にならないように注意しましょう。

またハイヤーの手配をしたり、タクシーチケットを渡していたりする場合は必要ありません。

仲人・媒酌人

相場:1万円
渡し方:披露宴終了後、両家の親が揃った時に手渡しする

往復のハイヤー代(遠方であれば交通費)に相当する金額を包みます。

披露宴終了後、お見送りをする際などに、両家の親そろって、別室で「御礼」と「お車代」を別々の祝儀袋で包んだものを渡します。

遠方からの招待客

遠方

相場:実際にかかる交通費の半額(片道分)~全額(往復分)
※夫婦で出席される場合は、最低でも1人分の往復の交通費は用意しておきたい。
渡し方:親族以外は受付、親族にはそれぞれの親から渡す

遠方を理由としたお車代を渡す場合は、

  • 交通費が往復で5,000円以上かかる
  • 交通費と宿泊代で2万円以上かかる
  • 式場まで飛行機、新幹線、特急車両、高速道路を利用する

が目安に挙げられます。

Google MAPやYahoo!路線図などで、招待客の住んでいる地域から式場までの交通費がいくらになるのか調べて「渡す/渡さない」「いくらまで渡す」を考えると分かりやすいです。

遠方からの招待客が多ければ多いほど、お車代の負担金額が大きくなってしまうので、全額負担が難しいのであれば招待する際に「交通費は片道分しか出せないが、出席してくれると嬉しいのだけど……」など伝えておいた方が良いですね。

お車代は新郎新婦が直接渡すのが最もふさわしいのですが、主役である二人は当日は忙しいので

  • 披露宴の受付時に、受付係から渡してもらう
  • 両親から渡してもらう

のどちらかの方法で、招待客にお車代が届くように手配をします。
親戚にお車代を渡す場合は、親から挨拶を兼ねて渡してもらえば良いです。

【「結婚準備のリアル」管理人の場合】
私は富山出身で、家族や親戚、高校時代までの友人は富山に住んでいます。
挙式と披露宴、披露パーティーを行なうのは京都になるので、富山駅⇔京都駅の交通費は片道8,110円、往復16,220円。
その為、お車代は「1万円(片道分+α)」または「1.5万円~2万円(往復代±α)」のどちらかになると思います。

招待客が前泊・後泊する場合は?

宿泊施設

結婚式に参加するにあたり、宿泊も必要になると、出す側は「交通費+宿泊費」となり大きな負担になってしまいます。

招待する際に「遠方から来てもらうが、宿泊の予定はあるか?」や「こちらで宿泊先の手配は必要か?」を事前に確認しておきましょう。

交通費や宿泊費の負担方法としては

  • 交通費と宿泊費を全て負担する
  • 宿泊費は出さないが、交通費は全額負担する
  • 宿泊費は全額負担して、お車代(交通費)は「気持ち程度」にする

が一般的です。それぞれ話し合って「良い落とし所」を見付けましょう。

また公共交通機関と宿泊施設がセットになった旅行・宿泊プランがあったり、ホテルに併設されている結婚式場であれば「前泊は◎◎%OFF」の割引特典が受けられたりするので、通常よりも安く上がることもあるので、確認しておくと良いです。

親族にもお車代は渡すべき?

悩む人

親族へお車代を渡すかどうかは、各家庭の親族間にある「慣習」や「暗黙の取り決め」による所が大きく

  • 慶弔関係は「お互い様」なので、お車代は一切もらったり、渡したりしていない
  • 遠方から来てもらう親戚には一部負担している

という場合が多いです。

自分たちでは「親族間の暗黙のルール」について把握していない部分もあると思うので、親族へのお車代に関しては、両親に相談したり、親から招待予定の親族にそれとなく聞いてもらったりして決めましょう。

結婚式場は交通の便が良い所を選ぼう

結婚式場から近場に住んでいるゲストでも「最寄り駅から式場が遠くて、タクシーを利用することになった」という場合は、思わぬ交通費の出費になってしまいます。

その為、結婚式場を選ぶ際は「招待する予定のゲストにとって、交通の便の良い所」も考えましょう。

例えば

  • 駅から徒歩5分以内にある
  • 駅から無料のシャトルバスが定期的に出ている

という結婚式場であれば、バスやタクシーなどの手配も必要なくなるので、招待する側、される側に両方メリットがありますね。

【「結婚準備のリアル」管理人の体験談】
私たちが結婚式場を決めた理由の一つに「最寄りの地下鉄の駅から徒歩5分」と「主要駅から無料シャトルバスが1時間に4本出ている」という交通便の良さもありました。

特に私の親戚は式当日に富山から京都に来るので、終着駅である京都駅から式場まで無料シャトルバスが利用できれば、駅到着後、シャトルバスにさえ乗れば迷わず会場まで来ることが可能で、しかも往復の交通費が無料になる……というのは魅力的でしたね。

お車代とお礼の違いは?

式当日に渡すものには「お礼」もあります。
どちらも現金を包むものなので「この人にはお車代とお礼のどちらを差し上げたら良いのだろう?」と悩んでしまいますね。

「お車代とお礼」は以下のように考えると分かりやすいです。

【お車代】
意味:主賓や遠方から来てくれたゲストの「交通費や宿泊費にあててもらうお金」
例:主賓、准主賓、仲人、媒酌人、遠方の招待客
相場:主賓、准主賓、仲人、媒酌人へは「1万円以上」、遠方の招待客は「片道~往復分の交通費(切りの良い金額)」

【お礼】
挙式や披露宴で大切な役割をお願いした人や手伝ってくれた人に渡す「お礼のお金」
例:司会、受付、写真撮影、生演奏、スピーチ、余興、ブライズメイド、ブーケやウエルカムボード製作者
相場:司会は「3万円」、撮影や生演奏は「1~3万円」、受付、スピーチ、余興、ブライズメイドは「3,000円~5000円」、ブーケやウエルカムボード製作は「3,000円~2万円」

例えば「遠方から来てもらった友達に受付をお願いした」という場合は、お車代とお礼を合わせた金額を渡すことになります。
「お車代」と「お礼」で別々にする必要なく、表書きをどちらかにすれば大丈夫です。

お車代の書き方

お車代

【水引】
結び切り
結び切り(『真結び』とも呼ばれる)は解くのが難しい結び方で「今回一度で終わる」や「繰り返すことがないように」という意味があります。一度きりが好ましい婚礼関係の水引は「結び切り」の一択です。

【袋】
水引や熨斗付きの祝儀袋またはポチ袋
お車代入れる金額に応じて使い分けて、1万円以上は「祝儀袋」、1万円未満ならば「ポチ袋」が一般的に利用されています。

ご祝儀袋の中でも、水引や熨斗が印刷されたものは略式のもので、入れる金額が少ない時に使います。
ポチ袋は「お札を折りたたんで入れるタイプの小さな袋」のことで、ほんの気持ち(千年単位の少額のお金)を包むのに適しています。

【筆記用具】
毛筆または筆ペン

【表書き】
御車代、御車料、寿、お礼
表書きのパターンはいくつかありますが、無難なのが「御車代」や「御車料」です。
「本日はわざわざ足を運んでいただき、ありがとうございます」という感謝の気持ちがストレートに伝わりやすくなります。

【お札・お札の向き】
新札を必ず使う
お札の肖像画がある方を前にして、肖像画が先に入るように入れる

【表書きの名前】
新郎側のゲストは新郎の名字、新婦側のゲストは新婦の名字を書く
※新郎新婦共通のゲストであれば、新郎新婦の名字を連名にしてもOK
結婚式・披露宴当日に渡す場合は「旧姓」、後日改めて渡す時は「新姓」にします。

お車代は「現金・後払い」が無難

お車代を渡さず「結婚式場までのチケットを手配する」という方法もあります。

招待客が自らチケットを手配する必要がなく、早割や金券ショップで安く購入可能であれば節約にもなりますよね。

ただし

  • ゲストが好きに交通手段が選べない
  • 時間指定のチケットだと、時間の融通が利きにくい
  • 予定や事情が変わった時の変更が難しい
  • 万が一、出席できない場合のリスクが大きい
  • 招待客の都合で交通手段や日時がギリギリまで分からない
  • 「ご祝儀を多く出すべき?」など気を使わせてしまう

という場合もあるので、指定がない限りは、お車代は「現金・後払い」が適しています。

お車代の「渡し忘れ」や「取り違え」に注意

お車代の渡す際に気を付けたいのが「渡し忘れ」「取り違え」です。

「同じく出席した友達の話から、自分だけお車代をもらえていないことが判明した。渡しそびれだとは思うけど、新婦に聞きにくい話なのでモヤモヤしている」

「『お車代の金額が明らかに少ないなぁ』と思っていたら、別の人に渡す用の祝儀袋を受け取っていたことが、後になって分かった」

という事態が起こってしまっては、今後のお付き合いにも影響してしまいますよね。

後々のトラブルを防止する為にも

  • 祝儀袋やポチ袋の左上に○○○○様と書く
  • 渡す人の名前を書いたフセンを貼っておく
  • 一回り大きい封筒に祝儀袋やポチ袋を入れて、渡す相手の名前を書く
  • 顔写真と名前が載ったリストを作成する
  • 渡す前に「(新郎または新婦の名字)のご友人の○○○さんですね?」と確認してもらう

など工夫をして、誰に何を渡すのかをハッキリ分かるようにしておきましょう。

2件のコメント

  1. 匿名 より:

    結婚式のお昼に招待して、帰りも遅くなるので、食事代を渡したいのですが、表書きはどうすればいいのか❓教えて下さい

    1. 昼時かをる より:

      メッセージありがとうございます。

      「結婚式に出席された方へ当日の夕食代としてお金を渡す場合は、表書きをどうすれば良いのか?」という旨の質問として、答えさせていただきます。

      感謝の気持ちを表す表書きとしては「寸志」や「御礼」が(結婚式問わず)一般的に使われます。
      「この度は結婚式にお越しいただきありがとうございます。ほんの気持ちですがお納めください」という意味が込められます。

      寸志には「目上の人が目下の人に渡すお礼」の意味があるので、渡す相手が目上であれば「御礼」が適しています。
      表書きに迷うのであれば何も書かず「今晩の食事代にでも使ってください」と一言添えて渡すのも良いのではないでしょうか。

      食事代を意味する表書きには「御膳料」もありますが、一般的には葬儀や法事の時に使われるものなので、避けた方が良いかと思います。

      (昼時かをる)

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。