引っ越しや結婚による原付バイクの住所・氏名変更手続き方法

原付バイク

125cc以下の原付バイク(原動機付自転車、原付自転車、原チャリ)は各市町村の税務課の管轄になるので、引っ越しで住所が変更になる場合は、各市町村役所で届け出を行ないます。

結婚で氏名が変更になる場合は、婚姻届の提出後、新しい戸籍が編纂されれば、原付バイクの登録内容も自動的に変更になる(住民票と同じく、自動的に変更内容が反映される)ので、氏名変更手続きは必要ありません。

ただし「新姓での標識交付証明書が必要」という場合は、旧姓の標識交付証明書を持参して、再発行という形を取ります。

住所変更

引っ越しで住所が変更になる際、旧住所と新住所が「同一市区町村内」または「同一市区町村以外」によって、手続き方法が異なります。

【同一市区町村内で引っ越しする場合】
特別な手続きは不要。

【同一市区町村以外に引っ越す(引っ越した)場合】
各市町村役所の税務課にて「廃車(旧住所地)」と「登録(新住所地)」の手続きを行なう。

同一市区町村内で引っ越しする場合:特別な手続きは不要

転居届

引越し先の役所に転居届(住民異動届 転居)を提出することで、自動的に原付バイクの住所変更も行なわれるので、届出やナンバープレートの交換は必要ありません

同一市区町村以外で引っ越しする場合

同一市区町村以外に引っ越す(引っ越した)場合は、各市区町村役所の税務課にて「廃車(旧住所地)」と「登録(新住所地)」の手続きを行ないます。

1.旧住所を管轄する市町村役所:ナンバープレートと標識交付証明書を返納。「軽自動車税(原動機付自転車等)廃車届受理証明書」を発行してもらう。

2.新住所を管轄する市町村役所:原動機付自転車の登録。新しいナンバープレートと新しい標識交付証明書を受け取る。

旧住所の役所で軽自動車税(原動機付自転車等)廃車届受理証明書を取得する

軽自動車税(原動機付自転車等)廃車届受理証明書とは、原付バイクなどを廃車したことを証明する書面です。

旧住所の役所には転出届の提出と転出証明書の受け取りで行く機会があるので、その時に合わせて手続きを行なっておくと楽ですね。

申請方法 市町村役所の税務課の窓口または郵送で請求
必要なもの ▼窓口▼
●ナンバープレート
●標識交付証明書(登録時に交付された証明書)
●所有者の印鑑(認印)
●本人確認書類(運転免許証など)
※代理人が手続きする時は申請書に所有者の氏名、現住所の記入、押印が必要

▼郵送▼
●軽自動車税廃車申告書
●ナンバープレート
●標識交付証明書(登録時に交付された証明書)
●返信用封筒

料金 1通あたり350円

【標識交付証明書】
ナンバープレート(標識)の交付を受けた原付バイクの使用者に対して、市区町村長が交付する書面です。

自治体によっては申請の際に記入する「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」に受付印を捺印した書類を返却されて、それが標識交付証明書の代わりになる場合もあります。

紛失などで標識交付証明書を再発行する場合は、本人確認書類と印鑑(認印)を持参して、原付バイクを登録した市区町村の役所で申請を行ないます。

新住所の役所で原付バイクの登録

新住所の役所で原付バイクの登録を行ないます。
転入届を提出する際に、合わせて手続きを行なっておくと楽です。

旧住所の役所で廃車手続きをしていない場合は、新住所の役所にて、ナンバープレートと標識交付証明書を持参することで、廃車→登録の手続きが行なえる所もあります。

それが可能かどうかは自治体ごとに異なるので、まずは税務課に問い合わせすることをおすすめします。

手続き先 新住所を管轄する市町村役所の税務課の窓口
必要なもの ●前住所地の役所で取得した「軽自動車税(原動機付自転車等)廃車届受理証明書」または「ナンバープレートと標識交付証明書」
●本人確認書類(運転免許証など)
●印鑑(認印で可)
料金 不要

氏名変更:自動的に変更されるので手続きの必要なし

婚姻届の受理後、新しい戸籍が編纂されれば、住民票と同じように、原付バイクの登録内容も自動的に反映されるので、結婚して氏名が変わった場合でも、氏名変更手続きを行なう必要はありません。

ただし標識交付証明書(登録時に交付された証明書)は旧姓のままなので、新姓での標識交付証明書が必要であれば、

  • 標識交付証明書
  • 本人確認書類
  • 印鑑

を持参して、税務課の窓口で標識交付証明書を再発行(旧姓の標識交付証明書を、新姓の標識交付証明書に替える)してもらいます。

持参する本人確認書類は、旧姓の本人確認書類(いわゆる『旧姓と新姓の両方が確認できるもの』では無くても)でも大丈夫です。

自賠責保険の各変更は必要?

自賠責保険は車両に掛ける保険で「車体番号」と「有効期間」が大事なので、住所や氏名変更を行なっていなくても、補償内容や保険金の支払いには問題ありません。

その為、自賠責保険更新の際、合わせて住所や氏名の変更をする人が多いです。

ただし自賠責保険証書にナンバー(標識番号)の記載があり、引っ越しで新しいナンバープレートになり、標識番号が変更になった場合は、保険会社に住所変更を届け出た方が良いです。各保険会社の窓口や郵送にて手続きが行なえます。

また自賠責保険のシールが、新しいナンバープレートに上手く移行できなかった際は、保険会社支店で新しい自賠責保険のシールをもらうことになります。その際に各変更手続きを行なうという方法もあります。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。