結婚で名字が変わる女性に必要な認印は?おすすめサイズや書体、夫婦共有が可能な範囲とは

mitomein

日常生活で最も使用する機会が多いハンコが「認印(みとめいん)」です。

その為、結婚により名字が変わる場合は、確実に1本は用意しておきたいもの。

個人が使用するハンコには、大きく分けて「実印、銀行印、認印」3種類あり、それぞれ使用する用途に違いがあります。

そもそも認印とは?

認印は、実印や銀行印と違い「役所で印鑑登録をしたり、金融機関に届出印として登録された印鑑以外のハンコ」を言います。

実印 銀行印 認印
登録・届け出 自治体(住所地の役所)で印鑑登録 金融機関に届け出 登録・届出なし
用途 印鑑証明を必要とする重要な契約
自動車や不動産(一軒家、マンション、土地など)の購入、ローン契約、遺産相続など
金融機関との取引
口座開設、預金の払い戻し、口座解約など
日々の書類や契約
書類や契約書の確認・承認、宅配便の荷物の受け取りなど

結婚後に必要になる認印については

  • 一人あたり何本必要になるか?
  • 認印は夫婦共有で使えるか?
  • 朱肉が必要なハンコ、朱肉が無くても押せるハンコ※のどちらが必要か?

が定番の質問として挙げられますが、認印を使用用途に応じて「家庭印」「仕事印」「公的書類などに使う認印」に分けて考えると整理しやすいです。

※浸透印、シャチハタ、スタンプ印、ゴム印、ネーム印など呼び方は様々。「朱肉要らず!」と書いてあるタイプのハンコ。

家庭印:家庭内のちょっとした時に使うハンコ

用途:宅配便や郵便物の受け取り、回覧板の閲覧確認、設備点検の完了確認、持ち物に自分の名前を入れるなど
夫婦共有:
浸透印:

玄関先に置いて「確認しました」という時に使う機会が多いものです。

夫婦共有&浸透印でもOKなハンコは「家庭印」くらい。
手書きのサインでも家庭印として使える場合が多いので「あれば便利」なハンコですね。

仕事印:主に仕事で使うハンコ

用途:申請書や報告書など社内書類への承認印・確認印
夫婦共有:✕(仕事で使うものなので、共有は一般的では無い)
浸透印:△(勤め先によって可否が異なる)

仕事印を新しく作るかどうかは、仕事で使う名字を「新姓と旧姓、どちらにするのか?」で変わります。

自分の希望や勤め先の都合で「結婚後は(新姓または旧姓)を使う」と取り交わした際に、仕事印を新しく作るかどうかを判断する必要があります。

【新姓で仕事をする場合】
仕事印は基本的に「名字のみ」なので、新姓のハンコを作る必要があります。

既に新姓と同じ名字の人がいる場合は、混同を防ぐ為の対策を取っておいた方が良いですね。
例えば、氏名(フルネーム)や名前のみで作る。絵柄をワンポイントで入れる。書体や印影の大きさを変えるなど。

【今後も旧姓のまま仕事をする場合】
「仕事印は変更せず、そのまま使う」のが多いです。
個人が特定できるのであれば「旧姓の仕事印の使用可」という措置を取るのが大半です。
通常社内文書や簡単な社外文書などに使う場合などが挙げられます。

ただし社会保険や年金、税金、給与振込口座、退職辞令、労務災害の申請などの公的書類には、新姓の認印の使用を求められます。
その際に使う認印を「仕事以外に使用している『公的書類などに使う認印』と兼用するかどうか?」は、使用頻度によって変わってきます。

勤め先によって「どこまで旧姓が使えるのか?」「仕事で新姓の認印を使う機会の多さ、少なさ」は異なるので、旧姓の使用を申し出た際に確認をして、必要性が高ければ新姓で仕事印を作ることになりますね。

『結婚準備のリアル』管理人の場合
私の勤め先では仕事印を今まで一度も使ったことが無いので、新姓でも作る必要性は低いです。

結婚による氏名変更の際、各種手続きの為の必要書類に押す認印が必要になった場合は、自宅に保管してある「公的書類などに使う認印」で兼ねれば良いかなと思っています。

公的書類などに使う認印:契約や申し込みなどに使うハンコ

用途:転居届、転出届・転入届、郵便物の転送、各種保険契約、運転免許証、クレジットカード発行、パスポート発行、賃貸契約などの各種手続き
夫婦共有:✕(別々の認印が必要)
浸透印:✕(朱肉を使うハンコが必要不可欠)

「認印で良いが、スタンプ印は不可」と注意書きがされている書類の場合は、朱肉を使うタイプのハンコが必要になります。

浸透印は以下の理由から、公的書類などに使うハンコに使えません。

  • 使用されるインクが時間が経つと色褪せてくる
  • ゴム製で劣化しやすく印章が変わりやすい
  • 同じ印章が大量に作られているので、偽造や悪用がしやすい

ちなみに「三文判(さんもんばん)」は出来合いの安いハンコのこと。
浸透印で無ければ(プラスチック製など)、認印、銀行印、実印にも使えます。

ただし大量生産品で偽造の危険性が高い為、家庭印以外の用途では使いにくいです。

また認印でも夫婦別々のハンコを持ちます。
同じ契約書や申し込み書に夫婦別々に捺印をする欄があったり、紛失時のリスク回避になります。

認印の作り方

浸透印であれば、100円ショップや文房具店、スーパーなどで簡単に手に入ります。

仕事印や公的書類などに使う認印は「印鑑屋」や「はんこ屋」「印章店」で、きちんとしたハンコを作った方が良いです。

実印や銀行印と分ける

認印として使っているハンコでも、条件さえ満たしていれば、実印や銀行印として使えます。

ただし紛失や盗難、偽造など、様々なリスクを考えると、それぞれの役割に応じて使い分けた方が安心ですね。

男女とも「名字のみ・縦書き」・書体は「読みやすいもの」

認印の書体例

認印は男女とも名字のみ・縦書きが一般的。

仕事印の場合は「氏名(フルネーム)で」と指定される場合もあります。

書体は実印ならば「印相体、篆書体」、銀行印は「印相体、篆書体、古印体」など、偽造防止を兼ねて一見して読みにくい書体が好まれますが、認印は「隷書体」「古印体」「楷書体」「行書体」など、誰でも読みやすい書体を選びます。

サイズは10.5㎜または12㎜

【印鑑サイズの例】
実印13.5㎜、銀行印12㎜、認印10.5㎜
実印15㎜、銀行印13.5㎜、認印12㎜

実印・銀行印・認印の中で、認印が最も小さいサイズになります。

既に「名前のみ」の銀行印を持っている場合は、銀行印のサイズに合わせて実印や認印を作ると、大きさで何のハンコなのか判別しやすくて便利です。

旧姓の認印を彫り直してくれる店も

「良い印材なのに、旧姓の印鑑が使えなくなるのは、ちょっと勿体ない」と思うのであれば、印材をそのまま使って彫り直し(改刻)してくれる印鑑屋で、作り直してもらうことをおすすめします。

ただし彫り直す前に「本当に認印としてしか使っていないか?」を確認することを忘れずに。銀行印と兼用していた場合は、改印の手続きをする必要が出てきます。

まとめ

  • 結婚後、名字が変わる場合は、新しく認印を作る必要あり。
  • 認印は「名字のみ・縦書き」、読みやすい字体で作る。
  • 大きさは「実印>銀行印>認印」10.5㎜または12㎜。
  • 家庭印は夫婦共有・浸透印OK。
  • 仕事印は勤め先と要相談。必要に応じて作る。
  • 公的書類などに使う認印は「朱肉を使って押すタイプのハンコ」を夫婦別々に持つ。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。