男性も知ってほしい!辛いマリッジブルーの症状と原因ごとの解消法まとめ

マリッジブルー

結婚を決意したカップルの半数以上がなると言われる「マリッジブルー」

今まで夢物語的だった「結婚すること」が現実的な話になると、不安や葛藤が起こるのは、非常に当然のことです。

そんな時に、相手(男性が多いです)が「考え過ぎ」「そんなに思いつめなくても良いのに」と軽くあしらってしまうと、マリッジブルーを乗り越えられず、不安定な状態が続くと、本格的なうつ病婚約破棄に繋がってしまうことも……。

今、マリッジブルーになっている人(または相手がなっている人)は「なぜ自分(相手が)が落ち込んでいるのか?」の原因を探り、解決策を見つけることが、解消への大きな一歩になります。

マリッジブルーの主な症状

マリッジブルーの症状は「抑うつ状態」とも似ています。

全ての人に同じ症状が出る訳ではありませんが、主に体感しやすい症状をまとめてみました。

【精神面】
●不安感が消えず、落ち着かない
●自分や相手などに対して不満感が増す
●気分が落ち込む、憂鬱な気分になる
●イライラする、自暴自棄になる
●結婚すること対して意欲がなくなる、迷いを覚える

【身体面】
●食欲がないor食欲が止まらない
●物を食べたり飲んだりすると気持ち悪くなる
●眠りが浅い、寝付きが悪い
●頭痛や腹痛、胃痛など、体の部位に「痛み」を感じる
●持病が悪化する

【相手に対する態度】
●怒りっぽく、喧嘩腰の口調になる
●そっけない、冷たい態度をとる
●愚痴や泣き言が多くなる
●元気がなく、弱々しい
●感情的になり、途中で泣き出す
●パニックやヒステリーを起こす
●結婚や結婚準備、新生活に関する話を避けたがる
●相手と会いたくなくなる。別の人に惹かれる

マリッジブルーになる時期で多いのは、以下の時期です。

  • プロポーズ直後
  • プロポーズの感動が落ち着いた後
  • 結婚準備が始まった頃からピーク頃
  • 同居を始めた頃
  • 親への挨拶や親戚を紹介された頃
  • 婚姻届を提出する直前

比較的「結婚準備が始まった頃」が強く感じやすいのですが、何が切っ掛けでマリッジブルーになるのかは本当に人それぞれなので、中には「この時にマリッジブルーになるとは思わなかった」という人もいます。

ちなみに男性の場合は「プロポーズ前」が多いと言われますね。
「相手から結婚を断られるのではないか?」「自分が家庭を持っても大丈夫なのか?」「相手を養っていけるのだろうか?」という心配は女性よりも大きいものです。

【「結婚準備のリアル」管理人の場合】
私の場合は「友人に結婚報告をした後」にやってきました。(理由は後述)
新居に引っ越す1ヶ月前、入籍をする3~4ヶ月前、挙式をする半年前に当たる時期です。

環境が大きく変化することへの不安感

環境の変化

マリッジブルーになる理由の大半はストレスによるものです。

男性よりも女性の方がマリッジブルーになりやすいのは「結婚することで女性の方が生活環境が大きく変わるから」です。

  • 慣れ親しんできた自分の名字が変わる
  • 家族と住んでいた実家を離れて暮らすことになる
  • 結婚や引っ越しで、働き方が大きく変わる(退職や転職など)
  • 仕事と家事の両立をする必要がある
  • 二人の生活の要となる家計管理を自分がすることになる
  • 相手の両親に「良い嫁」と思われないといけない

など、男性は「普段の生活の延長線上に『結婚』という一過程がある」くらいしか思わないのに対して、大きく環境が変わる女性は感じる不安やプレッシャーも大きくなりやすいものです。

ストレスチェックで良く利用されるものに「ホームズ・ラエ(またはレイ)のストレス表」があります。

この表は「配偶者の死」を最もストレスを感じる100として、それぞれのライフイベントごとの項目を点数化&ランキング形式にまとめたものです。

1967年にアメリカで発表されたものなので、現在の私たちに完全に当てはまるとは言いにくいのですが、結婚に関連して起こる変化については「ストレスを強く感じやすい」ということが分かります。

順位 ライフイベント 点数
配偶者の死 100
離婚 73
夫婦の別居 65
犯罪による収監 63
近親者の死 63
本人の怪我や病気 53
結婚 50
失業・リストラ 47
夫婦の和解 45
10 退職 45
11 家族の健康問題 44
12 妊娠、出産 40
13 性生活のトラブル 39
14 家族の増加 39
15 仕事上の大きな変化 39
16 経済苦 38
17 友人の死 37
18 配置転換・転勤 36
19 夫婦喧嘩の回数の変化 35
20 返済困難な借金 31
21 貸したお金が返ってこない 30
22 仕事の責任の変化 29
23 友人の死 37
24 子供が家を出る 29
25 親戚とのトラブル 29
26 配偶者の就職、離職 26
27 入学・卒業 26
28 生活環境の変化 25
29 趣味や習慣を変える 24
30 上司とのトラブル 23
31 労働時間・条件の変化 20
32 転居 20
33 転校 20
34 余暇の過ごし方の変化 19
35 社会活動の変化 19
36 宗教活動の変化 18
37 借金(返済できる額) 17
38 睡眠時間の変化 16
39 家族の親密度の変化 15
40 食生活の変化 15

当てはまる項目が多ければ多くなるほど、ストレス数が高くなるので「マリッジブルーになるのは仕方がないことだ」と認めてしまった方が「後は、どうやって向き合うのか?」と前向きに考えていきやすくなります。

自由さがなくなることへの不安

ハート

一緒に暮らしたり、結婚したりすることで「自由に使える時間やお金、同性や異性との交友関係が失われてしまったり、狭まったりしてしまうのではないか?」とは、誰しもが思うことです。

特に今まで一人暮らしで悠々自適に過ごしていると、好きな相手とは言え「一緒に生活する」「結婚して家族になる」ことになると、どうしても不自由さを感じてしまいます。

「自由さがなくなることへの不安」は男女どちらとも抱きやすい感情だと思います。

その中で「女性は結婚後は家庭に入り、夫や家族のために尽くすものだ。自分の時間などない。夫の言うことは絶対的で従うものだ」という考え方がどこかにあれば、結婚することに対する不安感がより増してしまいます。

相手への不安・不信感

不信感

今までは「恋人」「彼氏」として見てきた相手が「夫」「旦那」になることに対して

本当にこの人と結婚して良いのだろうか?

と思い悩むことも、マリッジブルーになる大きな切っ掛けになります。

マリッジブルーはお見合い結婚よりも恋愛結婚の人がなることが多いのも「恋愛と結婚」が関わっていると言えますね。
特に過去にお付き合いをしていた相手がいれば、どうしても比べてしまうものです。

また結婚に対する相手の

  • 結婚式や新居の準備にあまり乗り気ではない
  • 相手の親が結婚について何かと言うので憂鬱なのに、防御壁になってくれない

という態度もストレスになり、それが積み重なっていく内にマリッジブルーになる人も少なくありません。

結婚することを改めて考えた時に不安になった

これは私、「結婚準備のリアル」管理人の体験談です。

結婚報告を友人にした時、私の結婚に至る経緯を聞かれたので、正直に答えた所、

「『一緒に暮らす為』という目的で、結婚することに疑問はないのか?普通は同棲してから結婚を決めるものでは?」
「相手から結婚する意思についてきちんと確認したのか?プロポーズの言葉はあったのか?」
「結婚に対してなあなあに考えていないか?相手や相手の親に流されるまま結婚しようとしていないか?」

など、色々と突っ込んだ質問をされたのが、マリッジブルーになる大きな引き金になりました。

他の友人からは「そうなんだ。おめでとう」「相手はどんな人なの?」くらいしか反応がなかったので、結婚への意識に対する根本的な部分を、改めて問われた時に「え、そう言えば、どうなんだろう?」と。

その時はお酒が入っていたこともあり、相手の言葉や結婚を約束した経緯が正確に思い出せず「私は納得した上で結婚しようとしていたけど、全部、根本から間違っていたのでは?」「同棲して結婚したら、もう友達とこんな風に会えなくなるのでは?」と次々に疑問や不安なことが浮かんだ結果、その晩から「結婚しない方が良い?」と思うようになり、あっという間にマリッジブルーになりました……。

マリッジブルーの改善策

マリッジブルーの解消法は「結婚、将来、相手のことなど、数々の不安に対して、どう向き合っていくか。向き合わないでいるか」にあるように思います。

不安事について考え過ぎない

不安要素にばかりずーっと考えてしまうのは、心身ともに良くありません。

基本的にマリッジブルーは時間が経つとともに解消されるものなので「彼と結婚したい」という気持ちが揺るぎなければ「杞憂」と流してしまうのも一つの方法です。

また結婚や結婚準備と全く関係ない、好きなことをするのも良いですね。
今の独身という立場だからこそできる「結婚したらできなくなりそうなこと」に挑戦してみるのもアリです。

別のこと集中することで、結婚について考えることを止められたら、ちょっと気分が楽になります。

結婚や挙式日が近付くにつれて、何でも「結婚一色」になってしまうので「結婚準備と何も結び付かないデートをする」「『結婚』や結婚に関するキーワードを一切出さずに会話をする」という過ごし方も効果的です。

親や友人に話を聞いてもらう

電話をかける

マリッジブルーになると、人と話すことも億劫になってしまうのですが、何でも自分で溜め込んでしまわず、親や友人に愚痴ったり、相談したりしてみると、気分がすっと楽になるものです。

すでに結婚している人が身近にいれば、結婚前後の時の話をしてもらうのも、参考になると思います。
「今は忙しい時期だろうから」と連絡を控えてしまうものなので、自分から連絡を取ってみましょう。

その際に重要なのが同性の友人に話を聞いてもらうこと。

「マリッジブルーで気分が落ち込んでいる時に、優しく話を聞いてもらった男友達と浮気をしてしまった」というのは、意外にもある話らしいので、そのような過ちを犯さないためにも、相談する相手は良くよく選びましょう。

いつも通りの生活を心がける

精神的に不安定な時は、本当に何もかもやる気が起こらないものです。
そんな時だからこそ「えいやっ!」と思いながら、いつも通りの生活を送れるように心がけます。

  • 決まった時間にご飯を食べる
  • きちんとお風呂に入って寝間着に着替える
  • 部屋をきれいに保つ、散らかったら片付ける
  • 洗濯をして清潔な服を着る
  • 夜更かしせずに寝る
  • 部屋に引きこもらず、外に出る

など、当たり前のいつも通りの行動をすること。

「アレもできてない、コレもできてない。あぁ私って本当にダメなやつだから、彼を幸せにしてあげられない……」という負のループを断ち切るきっかけを作るのは、自分自身の行動にあるのです。

相手ときちんと向き合い、話し合う

一番のマリッジブルー解消法は相手に「今、自分が思っている不安なこと」を正直に伝えること。

話し合い、互いの考えや気持ちを確認し合うことで、安心感が生まれれば、マリッジブルーの原因の根本である「不安感」に打ち勝つことができます。

もちろん、相手がマリッジブルーになっていたら「きちんと対応すること」を心がけてみてくださいね。

【結婚準備のリアル管理人の場合】
実際に私にとって最も効果があったのが「相手と話し合う」ことでした。

「将来、夫婦別姓制度が制定されたら、旧姓に戻すという可能性もあることを理解してほしい」
「今の年齢や親とか世間体とかで、結婚を決めようとしていないか?」
「私と結婚して後悔はしないか?」

など、不安なこと、今のうちに言っておきたいことを、思いつく限り全部言ったように思います。

その後の相手の言葉を聞いて「これからも一緒に居るなら、やっぱりこの人だな」「あぁ、この人と結婚しても後悔はないな」と思い、それからウソのようにマリッジブルーが無くなりました。

いかがでしたか?

初めての結婚は何かと戸惑うことが多く、不安になることは仕方ありません。

夫婦になれば、今後、さらに色々な難題や困難を乗り越えなければいけないので、マリッジブルーは「結婚することによって、二人が出会う初めの困難」として二人で向かっていってみてください。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。