提出時に不備が出ない為の婚姻届の書き方と必要書類まとめ

婚姻届

結婚を希望するカップルにとって「婚姻届の提出」は、最も重要な手続きになります。

受理されると、法律上の夫婦になり、婚姻届を元に新しい戸籍が作成されます。

届出日が人生の大切な記念日となる日なので、なるべくスムーズに手続きを行ないたい所です。

ただし一生の内に何度も書く届ではないので「何をどう書いたら良いの?」と不安に思う人も少なくありません。

今回は役所に提出する際、なるべく不備が出ないようにする為に、抑えておきたいポイントををまとめてみました。

用意するもの・必要書類

【婚姻届の提出の際に必要なもの】
・婚姻届
・戸籍謄本(本籍地以外の役所に提出する場合)
・二人分の旧姓の印鑑
・身分証明書

婚姻届

婚姻届

市区町村の役所(名称は戸籍課、戸籍住民課、市民課など)でもらえます。

何課に行けば分からなかったら、役所の出入り口付近に総合案内の窓口があると思うので「婚姻届が欲しいが、何課でもらえるのか?」と尋ねると良いです。

後は該当の窓口へ行き「婚姻届を下さい」と言えばOK。身分証明書や印鑑、お金などは一切要りません。

提出する婚姻届は1通だけですが、書き損じた時や記念に残す為に2~3枚もらっておくと安心ですね。

書式は全国共通なので、どこでもらっても大丈夫。
役所によっては土日祝日でも、夜間窓口や当直室、守衛室でもらえる場合もあるので、平日の窓口が空いている時間に行けない場合は、事前に確認後、訪れることをおすすめします。

婚姻届の左上に「○○○県A市長殿」と書いてある場合「別地域の役所に提出できないのでは?」とも思うのですが、二重線を引いて婚姻届を提出する市区町村に変更すれば大丈夫。不安であればそのまま触らず、提出時に職員さんの指示に従って修正すればOKです。

またインターネットで公開されている「デザイン婚姻届」をダウンロードして、A3用紙に印刷して使うのも有りですね。

戸籍謄本または戸籍抄本

戸籍謄本・戸籍抄本

婚姻届を本籍地以外の役所に提出する際に必要です。

戸籍謄本が無くても婚姻届は受理されるので「入籍日を決めたが、当日までに戸籍謄本が用意できない」という場合は後日提出すればOKです。

  • 男性(夫)の本籍地に提出する→女性(妻)の戸籍謄本が必要
  • 女性(妻)の本籍地に提出する→男性(夫)の戸籍謄本が必要
  • 両方の本籍地以外に提出する→男性(夫)・女性(妻)両方の戸籍謄本が必要
  • 両方の本籍地に提出する→戸籍謄本は不要

本籍地とは戸籍が保管されている市町村区のこと

役所によって、必要なのが「戸籍謄本」または「戸籍謄(抄)本 」と書かれている場合もありますが、戸籍謄(抄)本 とは「戸籍謄本(全部事項証明)または戸籍抄本(個人事項証明)」という意味です。

戸籍謄本と戸籍抄本のどちらを提出すれば良いか迷った場合は「戸籍謄本」を用意するのが無難です。

戸籍謄本や戸籍抄本は本籍のある役所で交付申請書をもらい、戸籍筆頭者氏名、必要枚数などを記入して提出します。手数料は1通450円。

本籍地から遠方に住んでいる場合は、代理人に申請を頼んだり、郵送で請求したりも可能です。郵送だと手元に届くまで1~2週間は見ておいた方が良いです。

【戸籍謄本は、なぜ必要?不要になる?】
結婚をすると親の戸籍を抜けて、二人の戸籍が新たに作られます。

新戸籍を編製する際に、今までの戸籍内容を新しい戸籍に移記する必要があるのですが、

本籍地の役所に提出する場合:提出先の役所に戸籍謄本の原本があるので、改めて提出をする必要がない。
本籍地ではないの役所に提出する場合:婚姻届を受理しても、戸籍謄本が無いと戸籍の確認ができず、新しい戸籍の編製が行なえない。

という事情から、届出を行なう役所によって戸籍謄本の必要性が変わってくるのです。

戸籍謄本は役所に「提出」する書類なので返却はされません。
その為「旧姓での戸籍謄本を手元に残したい」と思うのであれば、2通取得したり、コピーしたりしておきましょう。

ちなみに新しい戸籍での戸籍謄(抄)本が必要になるのは、パスポートの新規発行や変更手続きを行なう場合です。

既にパスポートを持っている人でも「入籍後、氏名や本籍地が変わった」という場合は、各項目の変更手続きが必要になります。

届出人の印鑑(旧姓)

旧姓の印鑑

二人の旧姓のハンコ

婚姻届に捺印する時役所に提出する際、万が一婚姻届に不備があった場合の訂正印(捨印)として必要になります。

実印ではなく、認め印でOKですが、ゴム印(浸透印やシャチハタなど朱肉無しで使えるハンコのこと)は不可です。

普通のハンコよりもサイズが小さい「訂正印」もありますが、署名欄で押したハンコと同じもので構いません。(ただし、ちょっと大きいので、はみ出た感があります)

【「結婚準備のリアル」管理人の体験談】

婚姻届の欄外に[印]を押す部分があり「訂正部分も無いから、ハンコは要らないだろう」と思っていたのですが、実際に役所で提出をする際に「欄外の捨印の部分にハンコをお願いします」と言われました。

その時、きちんと二人ともハンコを持参していたので「持ってて良かった……」と思いました。

捨印は婚姻届記入時に既に押しても良いそうなので、先に2ヶ所にハンコを押しておけば、持参する必要も無いとは思いますが、持っていった方が安心感がありますね。

多くの人にとって「旧姓で押す最後のハンコ」になると思います。
入籍が受理された後は、名字が新姓に変わるので、新しく自分用のハンコを用意する必要が出てきます。

身分証明書

身分証明書

運転免許証やパスポート、マイナンバーなど、写真付きで本人の確認ができるものを持参します。

【「結婚準備のリアル」管理人の体験談】
身分証明書を提示した際、(私と旦那とそろって行ったのですが)二人分の本人確認書類の番号を控えられました。運転免許証を提示したので[免許の条件]の下にある番号。

婚姻届受理手続きの際に「本人確認をした」という欄に記載する為に必要になのだ、と説明を受けました。

身分証明書の提示が無くても、婚姻届は受理されます。
後日、婚姻届に記載した住所宛に「婚姻届が提出されました」という旨が書かれたハガキが届き、本人確認の連絡が来ます。

婚姻届の書き方

使用する筆記具

婚姻届は黒ボールペンや黒インクを使って記入します。

黒以外の色付きはインクやボールペン、消えるタイプのインク(フリクションボールなど)、鉛筆書きは不受理の対象になります。

色付きに関しては「ブルーブラック」や「青色」は役所によってOKとNGが分かれやすい所なので、やはり使用するのは「黒ボールペンまたは黒インク」が最適です。

届出日

婚姻届の届出日=入籍日。
実際に役所に提出する日(土・日曜・祝日も可)を記入します。

届出は365日24時間。
休日や夜間など役所の窓口が閉まっている時間帯でも、戸籍関係の届け出は受け付けています。

休日や夜間はあくまでも「受け取りだけ」で、内容の確認は役所の翌窓口受付日に持ち越されますが、書類に不備が無ければ、届出日=入籍日になります。

氏名

それぞれの婚姻前の氏名(旧姓)を記入します。

戸籍に旧字体で書かれている人は旧字を使います。
もし間違って新字で書いた場合は、正しく訂正すれば問題はありません。

旧字は婚姻届の提出の際に申し出ることで、新字に変更も可能です。

その他の欄に

例)夫の名字「三澤」を「三沢」に変更してください。

と書きます。

生年月日

生年月日を記入します。

年号(昭和・平成)でも西暦(19✕✕年)でも構いませんが、戸籍謄本や住民票は年号記載なので年号に統一した方が良いです。

届出人署名押印欄

すべて旧姓で。署名欄は必ず本人が記入します。
ちなみに届出人署名と捺印以外は、本人以外が記入しても良いです。

印鑑登録をした実印ではなく、認め印(普段使う略式の物)でも構いませんが、ゴム印は使用できないので注意。

「戸籍上の名字が旧字、普段使っている印鑑の名字は新字」という場合でも、印鑑が本人の物であれば問題ありません。

住所・世帯主の氏名

住民登録をしている住所と世帯主の氏名を記入。

婚姻届の提出が新居へ引っ越した後で、転入届提出済や婚姻届と同時に転入届を出す場合は新住所(と世帯主の氏名)を記入します。

婚姻届に記入する住所は「提出時点で住民登録をしている住所」なので、引越し前(転入届や転居届を提出する前)に婚姻届を提出する場合は、夫婦別々の住所で世帯主の氏名になることもあります。

住民登録をしている住所や世帯主の氏名は、住民票の写しに記載されているので「今の住所や世帯主って……?」と不安に思う時は、住民票の写しを取得して確認しておくことをおすすめします。

婚姻届の提出だけでは住所登録は変わらず、転出・転入届または転居届で住所変更手続きをする必要があります。

【新居への引越し後は転入届or転居届の提出を忘れずに】
引越し後の新居の新住所が旧住所と市区町村が異なる場合は、旧住所地の役所で転出届を提出後、転出証明書を取得(引越し後の場合は、郵送で転出証明書を申請する方法もあり)。新住所地の役所で「転入届」の手続きを行ないます。

引越し後の新居の新住所が旧住所と市区町村が同じ場合は、新住所地の役所で転居届を提出します。

本籍

現在の本籍地(戸籍謄本に記載されている住所)を記入します。

筆頭者の氏名は、戸籍謄本の始めに記載されている人の氏名を書きます。

【戸籍謄本の筆頭者が死亡しても筆頭者のまま】
筆頭者は生死に関係なく「筆頭者の父親が亡くなったので、母に代わる」ということはありません。

ちなみに離婚の場合は、名字が旧姓に戻る方が戸籍筆頭者の名前が変わります。

例えば戸籍の筆頭者が男性で、離婚をした場合、男性側はそのまま変動がありません。
女性側は結婚する前の戸籍(自分の両親の戸籍)の戻るか、1人で新しい戸籍を作るかになるので、女性側の戸籍筆頭者が変更になります。

父母の氏名 父母との続き柄

父母が婚姻している場合は、母の氏は省略して名前だけ書きます。亡くなっている場合も同様の記入をします。

離婚している場合は、それぞれの現在の姓を記入します。

続き柄には、戸籍上の続き柄を記入。
長男・長女であれば「長」、次男・次女であれば「次」または「二」「弐」と書きます。

養父母の場合は「父母の氏名 父母との続き柄」ではなく「その他の欄」に同様に「例)夫の養父 ○○○○ 続柄△男」書きます。

婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍

結婚後の戸籍上の姓を決めるものです。

夫の名字にするならば「夫の氏」、妻の名字にするならば「妻の氏」にレ点を付けます。
夫の氏にレ点を付けると、夫が戸籍の筆頭者になります。

婚姻後、夫婦で新しい戸籍が作られるので、新本籍には「自分たちが本籍地として希望する場所」を記入します。

本籍地として多く選ばれているのが「夫の実家」、「新居」、「妻の実家」の3パターン。

本籍は現住所と無関係で国内であれば、どこに置いても良いので、皇居や大阪城、二人の思い出の場所などを選ぶ人も少なくありませんね。

ただし戸籍謄(抄)本は、本籍地のある役所でしか発行できない(郵送の手もありますが時間は掛かります)ので、窓口まで取りに行く手間を考えると、あまり遠隔地に置かない方が良さそうです。

ちなみに「本籍地(左のレの氏の人がすでに戸籍の筆頭者となっているときは書かないでください)」は、再婚や分籍しているなどの理由で、既に戸籍の筆頭者になっている人の氏を夫婦の氏として選ぶ場合は、今ある戸籍に配偶者が入る形になる(新しい戸籍は作られない)ので、新本籍地の欄は書かなくて良い、という意味です。

また連れ子がいる場合は、養子縁組や入籍の手続きが必要になります。

同居を始めたとき

「結婚式を挙げた日」または「同居の始めた日」の内、早い方の月日を書きます。

どちらもまだであれば、空欄にしておきます。

初婚・再婚の別

初婚(初めての結婚)の場合は、初婚にチェックを入れます。
再婚の場合は、直前の婚姻について「死別」または「離別」にチェックを入れて、死別・離別した日を記入します。

同居を始める前の夫妻それぞれの世帯の主な仕事

一人暮らしの場合は「本人の仕事」、家族と同居していた場合は「親(大抵は父親)の仕事」で当てはまる箇所にレ点を入れます。

農家の場合は「1」、個人経営でお店を営んでいる場合は「2」、会社員の場合は従業員数や契約年数によって「3」または「4」または「5」、公務員は「4」、1~4に当てはまる仕事では無い場合は「5」、働いていない場合は「6」に、それぞれチェックを付けます。

夫妻の職業

夫妻の職業は国勢調査の行なわれる年だけ記入します。

役所の窓口にある職業一覧表から選んで記入するので空欄にしておき、役所に提出する前に記入すれば良いです。

西暦年の末尾が「0」の年(大規模調査)、西暦年の末尾が「5」の年(簡易調査)が国勢調査の年に当てはまるので、当分は職業欄を書かなくても良さそうです。

その他

その他欄は

  • 旧字から新字への変更
  • 養父母の氏名 続柄を記入
  • 父母の同意(未成年者の結婚の場合)

という場合に使います。

未成年の時は、父母の同意が必要です。
同意書を添付するか、その他の欄に「この印鑑に同意する」と書き、父母が署名をして、印鑑を押します。

届出人署名押印

旧姓で名前を書き、印鑑を押します。

印鑑は認印でOK。必ず朱肉を使って押印をします。
女性で名前の印鑑を作っている場合は、名字ではなく、名前の印鑑でも大丈夫。

同じ名字同士の結婚でも夫婦別の印鑑を使うこと。

シャチハタやスタンプ、ゴム印は使用不可。
上記の印鑑は、印面がゴム状で変形しやすく、同じ印面が量産されている可能性も考えられるので、婚姻届のような公式の文章に押す印鑑としては不適切です。

【認印(みとめいん)】
日頃、宅配便の領収印など、最も使う頻度が高いハンコのこと。「名字だけ」が一般的。

銀行の口座開設で使用する「銀行印」や、印鑑登録用の印鑑「実印」と兼ねても構いません。

連絡先

自宅や勤務先など昼間連絡が取れる方の電話番号を記入します。

提出した書類に不備があった時、記入した電話番号に連絡が来ます。

証人欄

成人2名の署名、生年月日、住所、本籍地を記入してもらう。

成人であれば、親や仲人、兄弟、友人など誰でも良いのですが、事前に証人欄の記入へ承諾を得ることを忘れずに。
印鑑は認印で構いませんが、同じ名字の夫婦や兄弟でも別々の印鑑が必要になるので用意してもらいましょう。

婚姻届を訂正する場合は?

婚姻届は契約書や申し込み書などと同じように修正液や修正テープの使用したものは受理されません。

正しい婚姻届の訂正は以下の通り。

1.書き間違った部分に、1本線または2本線を引き、欄内の余白に正しい内容を記入する。
2.届出人欄に押した印鑑と同じものを欄外の捨印欄に押します。夫婦二人分必要。
3.捨印欄上の「本届中 字加入、 字削除、 訂正」は空欄にしておき、役所に提出時に書き足す。
婚姻届の確認時に新しく修正が発覚した時のことを考えると、空欄の方が後々便利。

証人欄の訂正

証人欄の修正も手順は同じ。

欄外に証人の捨印を押してもらい、その近くに「本届中○字加入、○字削除、○訂正」と訂正内容を記入します。

証人欄の訂正の場合、訂正が必要な人の分の捨印だけでOKです。

いかがでしたか?

婚姻届の書き方で分からない所や内容に問題が無いか不安があれば、提出日前に役所に相談へ行き、内容に不備が無いか確認してもらうことをおすすめします。

基本的に書類に不備が見付かっても、その場で訂正できるものがほとんどなので、特に問題はないのですが、訂正や書き換えができない程の不備がある場合は、持ち帰って、当日中に再提出が無理なら後日……ということも考えられます。

特に入籍日を決まった日に考えていたり、婚姻届の提出を休日や祝日にしたり、代理人に提出をお願いしたりする場合は、やはり事前確認を受けておいた方が不受理の心配がなくて安心です。

婚姻届を提出・受理後、各種変更手続きに必要な戸籍謄(抄)本、婚姻届受理証明書住民票を忘れずに取得しておきましょう。

婚姻届の各種確認の為、15~30分くらいは待つ必要があるので(特に本籍地が他府県だったり、新戸籍の住所地に指定した所が『昔は□□番地だけだったが、今は区画整理で地番が変わった為、□□番地1か2を選ばなくてはならない』と言われた……など)、その間に請求書を書いておくと時間つぶしにもなります。

2件のコメント

  1. ももたろう より:

    婚姻届を出します。それぞれが世帯主の場合、後から世帯合併の手続きをするのはわかっているのですが、住民登録をしている住所欄で疑問があります。
    転入を済ませているので住所は新住所、世帯主は、別々なのでそれぞれの名前。
    夫は、姓は変わらないのでそのままです。私は変わるので、新姓での名前、旧姓での名前どちらで記入したら良いでしょうか。事前に市役所で確認していただいた際は、新姓で直されたのですが。
    住民登録されているのは旧姓です。
    本当にこのまま提出しても大丈夫でしょうか。

    1. 昼時かをる より:

      ももたろう様

      質問ありがとうございます。

      結婚や妊娠で退職したら失業保険はもらえる?給付条件や手続き方法まとめでコメントされた下記の質問と合わせて回答いたします。

      市役所で事前に、見てもらったのですが
      住民登録されている世帯主のはずなのに、新姓での世帯主
      で大丈夫なのでしょうか。
      ちなみに、転入は済んでいて、後から世帯合併をします。私は住民登録で旧姓での世帯主になっています。なのに新姓での世帯主でかいていいのですか。
      ------------------

      以前、婚姻届の内容を事前に確認してもらった所、住所(住民登録をしている所)の世帯主の氏名を新姓に直されたのだが、婚姻届の書き方を見ても世帯主の氏名は現在の苗字(旧姓)で書かれている。
      結婚前なのに、なぜ新姓に直されたのか分からない。本当にこのまま婚姻届を提出しても大丈夫か?書類不備で再提出にならないか?

      という旨の質問として回答させていただきます。

      回答まで日数が経ってしまい、既に解決された話でしたら済みません。

      最寄りの役所の市民窓口課に問い合わせた所

      ・住所の世帯主の氏名は「現在の名字」を記入する。
      ・既に新姓で書かれている場合は、訂正をする。

      新姓の部分に1本線または2本線を引き、欄内の空欄に現在の名字を書く。
      婚姻届の欄外にある「○字訂正」の欄に文字数を記入する※後で他の部分でも訂正が見つかった時に面倒なので、空欄にしておき、窓口で確認後、加筆した方が無難。
      同じく欄外の捨印欄に、届出人印に押したハンコと同じものを2人分押す。

      という対処法になると聞きました。

      私も「住所は新住所。世帯主は別々」だったので、世帯主の名前も婚姻届の書き方を参考にして、住所は現夫と同じ。世帯主の氏名は結婚前の自分の氏名を記入しました。
      役所の方に内容を確認してもらい、それで問題なかったので、なぜ新姓に直されたのか分からず、今回問い合わせした市民窓口課の人も不思議がっていました。

      現在のまま婚姻届を提出されても、窓口で訂正することになると思うので、届出人印に押したハンコを忘れずに持っていって下さい。

      (昼時かをる)

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。