結婚式のスタッフやウエディングプランナーさんに心付けは必要?渡す場合の相場や渡し方

心付け 

心付けとは式当日、式場スタッフさんに「感謝」や「今日は宜しくお願いします」という気持ちを示す為に渡す現金や品物のこと。

結婚準備の本やサイトを見ていると「式場スタッフに渡す心付けの金額相場と渡し方」の項目が載っていますが、これは必ず行なうべきことなのでしょうか?

既に結婚式を挙げた人に、心付けの有無を聞くと「渡した」「渡さ(せ)なかった」と、人によって対応は様々で、自分たちはどうすれば良いのか、ちょっと迷ってしまいますよね。

今回は「心付けの渡す必要性は何によって変わるのか?」「渡す場合、誰にいくら程度渡せば良いのか?」など、良くある疑問に答えていこうと思います。

心付けは必要?不要?

心付けを渡すことは、義務ではありません。

式場スタッフから心付けを用意するように言われない限りは「自分たちが必要だと思っているならば必要」「不要だと思えば不要」という回答になります。

また自分たちが「渡したい」と思っても、式場によって「断る」「受け取る」の対応が異なります。

断られる

「サービス料としていただいているので不要です」
「当式場では手配するスタッフ一同、一切受け取らないことになっています」

と、最近は「サービス料に含まれているので」という理由から、心付けを断る式場も多いです。

式費用の見積書に「サービス料」や「介添料」の項目があれば、基本的には「心付けは不要」と思って問題ありません。

結婚式や披露宴の打ち合わせをしていくと、必ずお金の話が出てくるので、その際にウェディングプランナーに「心付けは必要かどうか」を相談しておくと、式前になってどうしようかと焦る心配はなくなりますね。

「式場スタッフには不要だが、外部スタッフ(美容院のスタッフなど)には心付けを渡した方が良い」とアドバイスされた場合は、指示に従っておけば失敗はありません。

受け取る

心付けを渡して問題ない式場でも

「受け取った心付けは会社に提出する必要があるので、本人の手には一切渡らない」
「裏方を含めたスタッフ全員の頭数で割って均等に分ける」

というように、心付けの取り扱い方は式場によって差があります。

また

式当日は受け取ってもらえたが、後日、式費用の精算の際に、手付金(内金)と一緒に返却された

という人もいます。

式場の規約で心付けは一切受け取れないが、新郎新婦の気持ちを無碍にできないので、その場では受け取り、精算の際、申し込み時に支払ってもらった手付けと一緒に返金した……という経緯ですね。

「感謝の気持ちを込めて包んだお金が、本人に渡らないのであれば、渡す意味が無い」と感じるのであれば、確実に受け取ってもらえる「菓子折りを渡す」という方法もあります。

お礼とは別物

心付けとは簡単に言えば「式場スタッフに渡す謝礼金」のこと。

受付や司会進行、写真・ビデオ撮影などを頼んだ友人・知人に渡す「お礼(=謝礼金)」。媒酌人、主賓、遠方からの招待客に渡す「お車代(=交通費)」とは、また異なるものです。

【用語解説】
媒酌人
披露宴で新郎新婦と共に高砂に座り、新郎新婦を紹介したり、乾杯の音頭を挙げたりなど、当日の式を取り仕切る人のこと。

主賓
招待客の中で最も格・社会的地位が高いゲストのこと。
招待客を代表して、新郎新婦に結婚のお祝いと招待への感謝の言葉を述べる「主賓の祝辞」をする。

主賓の祝辞を担当するのは、
職場の上司、学生時代の恩師、親戚の最年長者・親戚関係の要となる人物、幼なじみ・親友
……など、招待客の構成や新郎新婦との関係性によっても異なるので、必ず招待客の中で最も偉い人を主賓にするとは限らない。

遠方からの招待客
高速道路、長距離バス、特急列車、新幹線、飛行機などを利用して式場に来る招待客のこと。
「交通費が5000円以上かかる」や「交通費と宿泊費で20000円以上かかる」が、お車代を出す一般的な基準になる。

心付けの金額相場

予算

心付けで渡すお金は基本的に両家で折半。

新郎だけ、新婦だけがお世話になるスタッフの場合は、お世話になる方が出すという方法もあります。

金額相場
美容師・着付けスタッフ 3,000円~10,000円
宴会場スタッフ 1人あたり1,000円、まとめて10,000~30,000円
介添人 3,000円~5,000円
司会 3,000円~10,000円
カメラマン 3,000円~10,000円
演奏者 3,000円~10,000円
運転手 2,000円~3,000円

ちなみに特別な頼み事をした友人・知人へのお礼(謝礼金)相場は以下の通り。

  • 受付:3000円〜5000円
  • 司会:20,000~30,000円
  • カメラマン:5,000円~10,000円+現像費など諸経費
  • 演奏者:5,000円~10,000円

式場スタッフに渡す心付けと比較して、金額は全体的に高めです。

のし袋の書き方

kokoroduke-2

【用意する袋】
結び切りのポチ袋、のし袋

心付けは「ほんのきもち」や「寸志」として少額を入れるので、水引きや熨斗は印刷されたポチ袋やのし袋が向いています。金額目安が「○万円」と書かれた高額用のご祝儀袋は使いません。

【表書き】
寿、御礼

【贈り元】
挙式スタッフに対しては両家の連名にします。
お金をどちらか一方が出している場合でも連名が一般的です。新郎だけ、新婦だけがお世話になる人にはそれぞれの名字を書きます。

【折り方・入れ方】
新札の表が正面に来るように三つ折り、四つ折りにして入れる。

渡し方

式当日、結婚式や披露宴の前に「今日は宜しくお願いします」の挨拶時に渡すと、渡し忘れが減ります。

新郎新婦が揃って渡すのが良いのですが、当日は何かと慌ただしいので、

ヘアメイク・介添人には、ブライズルームに入った時に新婦や新婦の母親が渡す。
それ以外のスタッフには、新郎や親から渡してもらう。

と役割分担をしておくと、重複や渡し忘れの心配が減ります。人目の付かない場所で渡すのが原則。

事前に「誰に誰が、いくら、どのタイミングで渡すのか」を打ち合わせしておくと、スムーズです。

また結婚式や披露宴終了後「今日はありがとうございました」と渡したり、ウエディングプランナーへは後日渡したりするケースもあります。

心付けとしてお菓子を贈る場合

フィナンシェ

「心付けは断られたが、お菓子は受け取ってくれた」という式場は多いです。
 
「幸せのお裾分けだから」や「金銭ではないので、受け取っても問題がない」という理由が挙げられますね。

また「ウェディングプランナーと介添人には心付けを渡した。司会者、美容室の着付け・メイク担当者、カメラマンには菓子折りを贈った」というように、スタッフによって心付けと菓子折りを贈り分けるという人もいます。

贈るお菓子は「故郷や地元の名菓、有名店の人気商品の菓子折り」「個包装で日持ちがするもの」が定番。

「式当日は何も渡さなかったが、後日、お礼の菓子折りを渡した」

「新婚旅行先のお土産と感謝の手紙をウェディングプランナーさんに渡した」

という人がいるように、式当日ではなく、後から渡すという方法もあります。

まとめ

【心付けは不要・必要?】
心付けを渡すのは義務ではない。
式場によって受取の不可に違いがあるので、事前にウエディングプランナーさんに確認すること。

【心付けの用意】
金額相場は3,000円~1万円。「お気持ち程度」の金額を包むのが一般的。
渡す相手(司会者、ウエディングプランナー、着付け・ヘアメイク担当者、介添人、演奏者など)によって差はある。

結び切りの水引きが印刷されたポチ袋やのし袋を用意。
表書きは「寿」や「御礼」、贈り元は「両家の名字」が一般的。

【菓子折りの場合】
地元の銘菓や有名店の人気商品。個包装で日持ちのするお菓子が無難。
結婚式・披露宴の後日に渡す場合は、新婚旅行先のお土産という手も。

【渡し方】
式当日、挙式が始まる前や披露宴終了後に手渡しする。
渡す際は「本日は宜しくお願いします」「本日はお世話になりました」と丁寧な挨拶を添えること。

【ポイント】
事前に「金額」「渡すタイミング」「誰が誰に何を渡すか」を話し合うこと。
心付けを渡す人、金額をリスト作成しておくと便利。

急に追加で必要になった時に備えて、表書きを書いたのし袋と新札、菓子折りは余分に用意しておくと安心。

1件のコメント

  1. 匿名 より:

    的確な答えでとても役にたちました

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。