ワイキキトロリーも無料!ハワイで最もお得に使えるJCBカード徹底活用術

JCBカード

普段はあまりクレジットカードやハワイに詳しくない人でも「ハワイでお得なクレジットカードはJCBカード」という話を聞いたことはないでしょうか?

JCBカードは、個人旅行や長期滞在だけではなく、旅行代理店のパッケージプランでハワイを訪れる人にもおすすめな1枚です。

ハワイでJTBカードが使えるお得な特典

ワイキキトロリー(ピンクライン)が無料で乗れる

ワイキキトロリー(ピンクライン)

ワイキキトロリーのピンクラインは、ワイキキの主要なホテルを回遊しながら、ハワイの二大ショッピングセンター「Tギャラリアハワイ by DFS」と「アラモアナセンター」を結ぶコースです。

1周あたり約1時間。約10分に1本で運行しています。
ワイキキトロリーはその時々でオープンエアだったり、小型バスだったり、2階建てだったりします。

Tギャラリアハワイの始発は8時50分、終発は21時30分(日曜は19時30分)。
朝早くから夜遅くまで運行しているので、朝ご飯を食べに行ったり、夕食後、買い物をして帰ったりする時でも充分に使えます。

旅行代理店で申し込んだ場合は、各旅行会社のトロリーバスも無料で利用できる為、使う機会は少ないかな?とも思うのですが、バスの各停留所はほとんど同じ所なので、バスを待っていた時に、先に来たバスに乗ってしまえば良いので、時間の節約にもなりますね。

ワイキキトロリーの使い方が分からなくても、それがピンクラインであれば、乗車時にJCBカードの提示すればOKです。

他の路線を利用する時は有料ですが、Tギャラリアハワイ by DFSやロイアル・ハワイアン・センター内のワイキキトロリーカウンターで、ワイキキトロリーのチケットを購入すると、通常料金から10%OFFで購入できます。

例えば、1日5ライン乗り放題チケットの料金は通常45ドル、日本語公式サイトでの購入は41ドルです。
JTB特典を使えば40.5ドル(4.5ドル分お得)になるので、当日、現地でチケットを購入しても全く損はありません。

JCBプラザ ラウンジが使える

ホノルルにある「JCBプラザ」「JCBプラザ・ラウンジ」では、それぞれハワイ旅行の際のお役立ちサービスが日本語で受けられます。

ハワイ滞在中に行きたい場所を無料のWi-Fiやインターネット、情報誌を使って調べたり、気になるお店やアクティビティの予約を代行してもらったり、ショッピングで沢山購入した荷物を預けたりなど、様々な使い方が可能です。

【JCBプラザ・ホノルル】
ワイキキ・ショッピング・プラザ2階&年中無休(営業時間:9時~20時)

  • JCB加盟店や観光の情報案内
  • ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケットの予約
  • カード紛失・盗難時の緊急サポート
  • 無料Wi-Fi

【JCBプラザ ラウンジ・ホノルル】
Tギャラリア ハワイ by DFS 2階(営業時間:10時~18時30分)

JCBプラザ・ホノルルでは、JCBプラザのサービスに加えて、以下のサービスが受けられます。

  • 無料インターネット
  • インターネットからの無料プリントアウト
  • 日本語の新聞や雑誌の閲覧
  • ハワイのガイドブックや情報誌の閲覧
  • ドリンクサービス
  • マッサージ機
  • かさのレンタル
  • 荷物の一時預かりサービス(当日中)

似たようなサービスは旅行代理店のラウンジなどでも受けられますが、自分たちが使える場所は一つでも多い方が何かと助かりますよね。

割引・プレゼント特典

「JCB優待ガイド」の掲載店舗で提示&JCBカードで支払うと、料金割引や品物のプレゼントなど各優待サービスが受けられます。

毎回どの店舗がJCB優待店に該当するのかを調べるのは、ちょっと面倒に感じますが、JCB優待店であれば[JCB優待実施中]のステッカーが貼られているので、それを目印にガイドブックを開けば大丈夫です。

またスマホアプリ「JCB海外優待 たびらば」や「JCBハワイガイド」を使えば、優待店検索をしたり、オフライン環境で地図や店舗詳細を確認したりもできるので、Wi-Fi環境のある内にインストールすることをおすすめします。

では実際にどのような優待特典が受けられるのか、いくつかの店舗をピックアップしてみました。

▼ショッピングモール 特典
  • アラモアナセンター
  • インターナショナル・マーケット・プレイス
  • カハラモール
  • キングスショップス(ショップハワイ)
  • ロイヤル・ハワイアン・センター(ショップハワイ)
  • ワイケレ・プレミアム・アウトレット
  • ワードビレッジ
対象店舗で使える「割引クーポンブック」を進呈
▼百貨店 特典
  • ブルーミングデールズ
  • メイシーズ
利用代金が15%OFFになる優待カードを進呈
特典
スパ ・スパ・トリートメント・サービスの利用で、利用代金が10~35%OFF
・スパ商品の購入で10%引き
▼美術館・博物館・史跡 特典
ビショップ・ミュージアム 入館料を通常料金から20%OFF
アリゾナ記念館 1.ポストカード進呈(日本語のアリゾナ記念館オフィシャルツアー参加が条件)
2.オリジナルトートバッグ進呈(アリゾナ記念館ストアで25ドル以上利用)
戦艦ミズーリ記念館 入館料を通常料金より20%OFF
ホノルル美術館 1.入館料を通常料金より50%OFF
2.ミュージアムショップの利用代金から10%OFF
太平洋航空博物館パールハーバー 入館料の支払いでプレゼント進呈
イオラニ宮殿 ガイド付特別ツアーorオーディオガイドツアーを特別料金にて提供

ハワイ優待ガイド/2016-2017(PDFファイル)

最大10万円分の旅行券が当たる

期間中、ハワイで100ドル以上(合算不可)利用した「JCBカードご利用控え」をJCBプラザ ラウンジ・ホノルルに持参すると、旅行券10万円分やハワイのお店で使える商品券などの賞品プレゼントの抽選が行なえるキャンペーンを実施しています。

1等:旅行券10万円分×70名
2等:Tギャラリアハワイ by DFS商品券(US100ドル分×280名)
3等:Tギャラリアハワイ by DFS商品券(US20ドル分×2,000名)
4等:ABCストア ギフトカード

抽選の回数は利用金額に応じて最大5回までアップします。

抽選に必要な「100ドル以上のJCBカードご利用控え」は、ちょっとハードルが高いように感じますが、ホノルルは物価が高いこともあり、買い物や夕食、オプショナルツアーなど支払い金額が1回で100ドル以上になることは少なくないので、抽選にチャレンジする機会は確実にあります。

他のクレジットカードだと、上記のようなキャンペーンは、ほとんど行なっていないので、せっかくハワイでクレジットカードを使うならば、少しでもお得になる機会を一つでも掴んでみてください。

年会費無料!おすすめのJCBカードはこれ!

ハワイでお得に使えるJCBカードは「JCBロゴ」があるカードであれば、基本的にどのクレジットカードでもOKです。(JCBプリペイドは対象外)

ハワイ愛好者向けのクレジットカード(Hawaii Love Card《ハワイラブカード》)もありますが、新婚旅行でハワイに行く程度で、特に何度も訪れる予定がなかったり、翌年度以後は年会費有料だったりするので、帰国後もずっと使い続けられるようなクレジットカードをおすすめします。

申込み当初はカード利用限度額は低く設定されていますが、ハワイで買い物をしたり、食事代やオプショナルツアー料金を支払ったりする程度であれば、限度額以上にはならないので「新しくカードを作ったは良いけど、限度額が低過ぎて使えなかった……」という心配は要りません。

年会費無料で、国際カードブランドに「JCB」があるクレジットカードも多いです。
今回はカード初心者の人でも使いやすく、お得度も高いクレジットカードを紹介したいと思います。

あわせて読みたい:【項目別】新生活を迎えた新婚さん向けおすすめクレジットカードまとめ

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

オリコカード・ザ・ポイント

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、年会費永久無料&ポイント高還元の代表的なクレジットカードです。

発行元 株式会社オリエントコーポレーション
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
基本的な機能 クレジットカード
その他機能 ETCカード/電子マネーiD/QUICPay/家族カード
入会金・年会費 無料
ポイントの還元率 1%(100円で1ポイント)
特典 ・入会後6ヶ月間2%
・オリコモール利用特典:+0.5~15%
ポイントの有効期限 ポイント獲得月を含めて12ヵ月後の月末

オリコカード・ザ・ポイントを、今の時期に申し込んでおくと良い最大のメリットが、入会後の6ヵ月間、ポイント還元率が2.0%にアップすること。

新生活に必要な家具家電、結婚に関する費用(指輪、引き出物、二次会、内祝いなど)、そして今回の新婚旅行と、この時期は何かと高額な出費が続きます。

そんな時に、同じ金額の支払いでも通常の2倍のポイントが貯まれば、短期間でかなり多くのポイントが貯められます。

上限は「5,000ポイント」なので、最大25万円まで2.0%の恩恵を受けられることになります。

「既に新居への引っ越しも結婚式も終わったから、新しくカードを作る必要もないのでは?」とも思うかもしれませんが、新婚旅行中の買い物や食事、現地のオプショナルツアー、家族や親戚、友人、職場の方々に渡すお土産などを考えると、二人で数万~十数万円の金額になることは少なくありません。

100円ごとに1ポイントになる手持ちカードよりも、100円ごとに2ポイントになるオリコカード・ザ・ポイントを使った方が、確実にお得度が高いです。

貯まったポイントは、500オリコポイントから交換可能。
リアルタイムで提携のポイントに交換できる種類も多く、支払いに使いたい時、すぐに使える使い勝手の良さも魅力的です。

例えば、Tポイント、nanacoギフト、電子マネーWAONポイントにすれば、普段の買い物で消費できますし、ネットショップで買い物をする機会が多い人は、Amazonギフト券、LINEギフトコード、iTuneギフトコードもおすすめです。

「せっかくハワイに行くのだから、お得な特典付のクレジットカードで、快適な新婚旅行を楽しみたい」
「手持ちのクレジットカードはVISAなので、リスク回避の為に別の国際カードブランドのカードを作りたい」
という時は、6ヶ月間ポイント還元率2倍オリコカード・ザ・ポイント(JTB)に申し込んでみて下さい。


こちらでも記事を書いています
クレジットカード広場

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。