和装の婚礼衣裳で人気!自分に似合う色打掛の色や髪飾りの選び方

色打掛

和装の婚礼衣裳の中で、最も着られているのが「色打掛(いろうちかけ)」です。

挙式、披露宴・披露パーティでの新婦の衣裳はウエディングドレスが人気ですが「日本人らしく、和装もしたい!」と憧れる人は多いです。

結婚披露宴で着る機会が無くても、前撮り写真の和装婚礼衣装としても人気があります。

今回は色打掛について知る為に、着る場面、他の和装の婚礼衣装(白無垢や引き振袖)との違い、かかる費用、自分に似合う色打掛の選び方、髪型や髪飾りのアイディアなどをまとめて紹介したいと思います。

色打掛の基本知識

挙式もOKだけど少数派

色打掛

色打掛は正式な婚礼衣裳かつ白無垢と同格なので、挙式で着ても全く問題はありません。

白無垢には「嫁ぎ先に染まる」という意味があり、例えば「彼に婿養子に来てもらう」という場合は、白無垢よりも色打掛や引き振袖など色がある方を好まれます。

挙式で色打掛+角隠しにする場合は、洋髪だと着けられないので、文金高島田などの日本髪にする必要があります。
綿帽子だと洋髪でもOKなこともありますが、綿帽子には白無垢以外には合わせられません。

ただし一番人気のキリスト教式では「ウエディングドレス」、神前式では「白無垢」が一般的なので、どうしても「挙式で色打掛を着る」という人は少ないです。

披露宴やお色直しで着る機会が多い

披露宴と色打掛

色打掛を着る機会に恵まれやすいのが、挙式が終わった後の「披露宴」です。

挙式や披露宴での花嫁衣裳としては「ウエディングドレス+カラードレス」の組み合わせを選ぶ人が半数を占めますが「一生に一度しかない機会だから、和装の婚礼衣裳も着てみたい」という人は、披露宴に着る場合が多いです。

着るタイミングは人によって違いがありますが「披露宴の最初から色打掛を着る」または「披露宴途中のお色直しで色打掛を着る」のどちらかになります。

色打掛を含む衣裳の組み合わせパターンは以下の通りです。

【新婦の衣裳の組合せパターン】
ウエディングドレス+色打ち掛け:7.8%
ウエディングドレス+白無垢+色打ち掛け:3.7%
ウエディングドレス+カラードレス+色打ち掛け:2.3%
ウエディングドレス+カラードレス+白無垢+色打ち掛け: 1.1%
白無垢+色打ち掛け:0.6%
カラードレス+白無垢+色打ち掛け:0.5%
色打ち掛けのみ:0.4%

(全国版・ゼクシィ結婚トレンド調査2015より抜粋)

洋装から和装へお色直しをする際は、どうしても着付けに時間がかかったり、着付け料が発生したりするので、事前に時間や費用について確認しておくことをおすすめします。

白無垢や引き振袖(黒引き)との違いは?

白無垢も引き振袖も、挙式や披露宴で良く着られる婚礼衣裳です。

その為「白無垢と色打掛、どっちを着よう?」「色打掛と引き振袖ってどんな違いがあるの?」と疑問に思ってしまいますよね。色打掛と白無垢、引き振袖の違いについて、まとめてみました。

白無垢

白無垢

掛下、打掛、小物類など、全て白で揃えられた婚礼衣裳です。
打掛の袖や裾の縁、綿帽子の内側が赤い「赤ふきの白無垢」もありますが、定番は白一色で「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味があり、綿帽子と合わせられる唯一の婚礼衣裳になります。

白地の色打掛は、金色の刺繍を施したり、小物に色が着いていたりと、見た目の印象が大きく違います。

引き振袖(黒引きなど)

黒引き

引き振袖は「おはしょり部分をあまり取らず、裾が引きずるほど長い振り袖」のことです。「お引きずり」や「本振袖」「大振袖」とも呼ばれます。

歩いても長い裾が足にからまず、風で裾がめくり上がらないように、ふき(裾の縁部分)に綿を入れて、ふっくらさせます。

成人式に着た振袖は「中振袖」が多く、引き振袖よりも裾の丈が短く格が下です。
ただし「結婚したら、もう着る機会が無い」「引き振袖よりも軽くて動きやすい」という理由で、披露宴で着る人も少なくありません。

引き振袖の中でも黒地の引き振袖(=黒引き)は、江戸後期から昭和初期まで、一般的な花嫁衣裳として用いられたこともあり、現在も黒引きが定番になっています。挙式時は「角隠し」を付けます。

白無垢や色打掛との大きな違いとしては

  • 掛下や打掛がなく、長襦袢→引き振袖で着る為、身軽に動ける。
  • 帯が見える分、帯の鮮やかさが目を引く。
  • (黒引きを着た時)招待客との服装と色合いが似てしまう。
  • 全体的なきらびやかさが控えめで、地味な印象になりやすい。
  • 衣裳の重厚感が少ないので、カツラと合わせた時に頭でっかちになりやすい。

が挙げられます。

挙式、披露宴・披露パーティでの新婦の衣裳としては、白無垢や色打掛を着る人が多いので、総じて黒引きは少ないですね。

色打掛の選び方

色打掛は一般的な着物や引き振袖とは異なり「帯が打掛で隠れて、外に見えない」ので、帯との組み合わせを考える必要はありません。

その為「地色」や「柄・模様」選びが重要になります。

最初に見た時の印象が好みではなくても、実際に羽織ってみると「あ、意外と似合う」ということが多々あるので、まずは色々と試着してみることをおすすめします。

色打掛の正式な色は「白」「赤」「黒」です。

打掛は元々江戸時代の武家の女性の礼装で、白・赤・黒が最も正式な色とされていました。
江戸後期、打掛に憧れた裕福な町人が三色を婚礼衣装取り入れた……という背景があります。

打掛の色選びに関しては

  • 顔映りが良く見える色
  • 成人式で着た振袖と違う色
  • 挙式で着るウエディングドレスや白無垢とは違う色
  • 披露宴で着るカラードレスとは違う色
  • 披露宴やパーティー会場の絨毯や壁と重ならない色

を考えて選ぶと決めやすいと思います。
人気が高いのは「赤地」ですが、それ以外の色も選ばれています。

【白】
白は古くから清らかで神聖な色とされます。

純白からオフホワイトまで、色のバリエーションが豊富で、打掛に金や赤の刺繍を施したり、色付きの小物を使ったりすることで、白無垢とはまた違う豪華さが出ます。

【赤地】

筥迫・懐剣

色打掛の王道が「赤地」です。
赤はおめでたく、花嫁を艶やかに見せる色で、紅白のコントラストは結婚式という晴れの舞台にピッタリですね。

赤地よりも淡さのあるピンク地は肌馴染みが良く「可愛らしさ」や「明るさ」が増します。

【黒地】
黒は刺繍や金銀の箔で飾った図柄が映える色で、大人っぽい上品さがあります。
紺地と同じく、シックで落ち着きやすい色合いなので、華やかな印象を与えるには柄や色でバランスを取ります。

【金地】
金は「豊、富」や「不変」などの意味があり、色打掛には必ず取り入られている色です。
金地の色打掛は豪華で華麗な存在感があり、明るく軽やかな印象を与えます。

【青地】
青は「高潔」「純血」を意味する色で、淡い青(=水色)はサムシングブルーにも通じることから人気があります。
色の濃淡や柄によって印象がガラッと変わるので、

【緑地】
緑は「安心感」や「安定」、「調和」を表します。
新緑は「若々しく晴れやかな印象」、深緑は「落ち着いた大人の印象」になり、控えめな色なので柄や刺繍の色が良く映えます。


色打掛が決まったら打掛の中に着る「掛下(かけした)」を選びます。
掛下の色は、本来は「白」と決まっていましたが、最近は様々な色や柄を取り入れた打掛が登場しています。

試着時はどの色打掛とも馴染みが良い定番の白を合わることが多いですが、色打掛と掛下の組み合わせによって印象も大きく変わるので、自分が見せたい姿になれるように、掛下にもこだわりたい所ですね。

ちなみに白打掛→色打掛で着る場合は、打掛を着直すだけが一番手間がかからないので、掛下は「白」が最も都合が良いです。

柄と意味

同じ地色の打掛でも、柄や模様によって印象が大きく変わってきます。
一般論ですが、背が高い人は「大きい柄」、背が低い人は「縦に流れる小さな柄」が似合うと言われます。

柄や模様は、婚礼衣裳に相応しい「縁起物、吉祥文様」、季節に合った「花模様」が取り入られています。
今回は代表的な柄とその意味についてまとめてみました。

【縁起物・吉祥文様】


長寿の象徴の鶴。夫婦鶴には「夫婦仲良きこと」の意味合いを持ち、夫婦の幸せを願います。
松や亀、瑞雲などと一緒に用いられることが多いです。

鳳凰(ほうほう)
中国の伝説上の霊鳥である鳳凰は、おめでたいことが起こる前兆とされる鳥「瑞鳥(ずいちょう)」です。
一羽~数羽が大きく描かれる場合が多く、唐草や緋牡丹、桐、丈、菊花、龍などと組み合わせも良くあります。

貝桶(かいおけ)
貝桶とは貝合わせの貝殻を入れるふた付きの桶です。形は八角・六角・四角・丸形など。

貝合せで使われるハマグリは同じ貝としかピッタリ合わない性質があることから「夫婦和合」の象徴として、江戸時代には嫁入り道具の一つとして使われていました。

檜扇(ひおうぎ)
檜(ひのき)の板を何枚も束ねた扇で、飾り結びが付いており、紐の流れが典雅な印象を与えます。
平安時代の貴族が儀式や装身具として用いました。

檜扇と似ているのが「扇面(せんめん)」で、地紙の先端部分に紐が付いていないのが違いに挙げられます。
扇面は扇や末広(すえひろ)とも呼び、末が広がる様子から吉兆の意味があり同じく縁起物です。

七宝(しっぽう)
同じ大きさの円を1/4ずつ重ねて繋いだ文様で、耐えない永遠の連鎖と拡大の姿から「円満」「調和」を表します。
仏教で貴重とされる「金、銀、瑠璃、珊瑚、瑪瑙(めのう)、玻璃(はり)、シャコ」に由来があります。

宝尽くし
亀甲、七宝、巻物、打ち出の小槌、金嚢、宝剣など、宝物を集めた文様のことで「福徳を招く」という意味があります。

【花模様】

松竹梅
松、竹、梅を組み合わせた文様で、慶事・吉祥の意味を持ちます。
鶴と亀を取り入れた「松竹梅鶴亀文」は、吉祥文尽くしで更におめでたい模様です。

花車
御所車(=牛車)に四季折々(梅、桜梅、杜若、藤、萩など)の草花が用いられた文様のことです。
御所車自体も吉祥文様で、貴族など位の高い人しか使えなかったことから「富」や「華やかさ」の象徴です。


菊は「邪気を払う」「延命効果」などの意味があり、四季の花々と共に用いられる場合は「一年中幸せに」という意味が込められます。
小さな菊の花を散らした「小菊文」や、花びらを何枚も重ねて八重咲きにした「八重菊文」、枝の付いた「菊枝文」など、様々な文様の種類があります。


桜は春の花ですが、日本の「国花」であり、花の文様として四季問わず着用できます。
描かれる桜は枝垂桜、八重桜、山桜など種類は様々で、それぞれに与える印象に違いがあります。

牡丹(ぼたん)
牡丹は「富貴」「高貴」の象徴で、花や葉を図案化して描かれます。

合わせる小物

白無垢に合わせる小物は白一色ですが、色打掛の場合は打掛に合わせて様々な色の組み合わせが選べます。

色打掛で用いられる主な小物類をまとめてみました。
直接肌に触れる肌着類(肌襦袢など)以外は、基本的にレンタルOKです。

角隠し

色打掛

角隠しには「(怒りの象徴である)角を隠して夫に従順に従う」という意味があります。色は「白」一択です。

角隠しは写真のように日本髪を結わないと着用できませんが、挙式時のみ用いられるもので、披露宴で色打掛を着る場合は必要ありません。

懐剣・筥迫

筥迫・懐剣

左が「筥迫」、右が「懐剣」。
筥迫、懐剣はどちらも武家の風習の名残がある小物です。

色合いは、おめでたい「紅白」や、豪華な「金・白」が定番ですが、紫やパステルカラー(水色、ピンク、薄緑など)もあり、色打掛や掛下の色合いに合わせて選びます。

貸衣装によっては、どの打ち掛けにも合いやすいように「1パターンのみ」という場合もあります。

【筥迫(はこせこ)】
薄い箱型の装身具で、身だしなみを整える為の化粧道具やちり紙などを入れる物入れとして使われていました。
胸元にアクセントとして差します。

【懐剣(かいけん、ふところがたな)】
白無垢や打ち掛けを着る時に帯に指す短剣で、懐剣袋に組紐が付いた形が一般的です。
懐剣袋を帯に差して、組紐を胸に垂らします。

「いざという時は女性であっても、自分で自分の身を守る」という意味があります。

末広

末広

末広(すえひろ)は「末広がりに幸せになるように」という意味を持つ、房付きの金(または銀)の扇子です。

胸に差したり、手に持ったりするもので、基本的に広げて使うことはありません。
房の色を筥迫や懐剣と合わせて、コーディネートをします。

草履

白足袋

かかと部分が高い婚礼用の草履を用います。

色打掛には朱や金、銀など豪華な色を使った草履を履くことが多いです。

レンタルが大多数

色打掛は「レンタル派」が大多数です。

レンタルした:95.2%
購入した:0.5%
その他 :1.0%
無回答:3.3%

(全国(推定値)・ゼクシィ結婚トレンド調査2015)

手配方法は「利用した挙式、披露宴・披露パーティ会場」または「利用した会場が提携している衣裳店」がほとんどです。

平均金額は26.3万円

色打掛の平均金額は26.3万円

【各婚礼衣裳の平均金額】
ウエディングドレス:25.0万円
カラードレス:22.7万円
白無垢:17.6万円
色打ち掛け:26.3万円

各婚礼衣装の平均金額と比較してみると「やや高め」なのが分かります。

これは打掛に施された刺繍や金銀箔の織りが豪華であればあるほど、値段も相対的に高くなるからです。

洋装の婚礼衣装以上に値段の上限が高い(レンタルでも50万円overになることも)ので、予算オーバーにならないように注意が必要です。

色打掛に似合う髪型・髪飾りとは?

挙式、披露宴、お色直し時の
衣裳やヘアメイク時間を考慮する必要があります。

文金高島田

色打掛

婚礼用の髪型の定番が「文金高島田(ぶんきんたかしまだ)」です。
島田髷(しまだまげ)の一つ「高島田」の中で、最も格が高く、優美と気品さがあります。

挙式で色打掛を着る場合は、角隠しと合わせるのが一般的です。
地毛をどこまで使うかによって「全カツラ、半カツラ、地毛結い」に分かれます。

▼半カツラの被せ方を紹介した動画です。

前髪とサイドの髪を使うので、生え際が自然になり、カツラを付けた時の見た目の違和感が軽減します。
髪の長さは「あごライン」くらいまであれば大丈夫。

▼地毛で結った文金高島田の動画です。

長さは前髪を含めて肩甲骨あたり(だいたい20~30cm)まであれば大丈夫。
衣裳合わせ時に「地毛で文金高島田を考えていますが、どれくらい伸ばせば良いでしょうか?」と質問しておくと、悩まずに済むと思います。

新日本髪

新日本髪

新日本髪とは「自分の髪で結い上げた日本髪」のこと。

ヘアピンやヘアゴム、ハードスプレーなどを使って、日本髪風に結い上げます。

地毛なのでカツラよりも違和感がなく、生え際も綺麗に見えます。全体的に日本髪よりも小さめな仕上がりになるので、カツラを被った時のような「頭でっかち」な印象にはなりません。ただし崩れやすいので長時間は持ちにくいのがデメリットです。

洋髪

洋髪

色打掛には洋風なアップスタイルも良く似合います。

ドレスから色打掛へのお色直しであれば、洋髪の方がヘアセットの手間が省けて、時間短縮になります。

髪飾り

顔周りにアクセントを付ける髪飾りは、自分がなりたい雰囲気を考えながら、色打掛や掛下、小物の「色」や「柄」と合わせて選びます。

【色に合わせる】
髪飾りの色合いを色打掛や掛下に入っている色を合わせると統一感が出ます。
打掛には複数の色が入っているので、髪飾りの色に何色か組み合わせても大丈夫。

また打掛が淡い色であれば差し色に濃い色の髪飾りを選んだり、打掛の補色となる色の髪飾りを選んだりする方法もあります。

定番の「赤」や「白」は、どのような色打掛でも比較的合いやすいです。

【柄に合わせる】
刺繍が豪華な色打掛には控えめ、落ち着きある色打掛には華やかな髪飾りが似合います。
また菊、牡丹、桜など特徴的な文様が施されていれば、同じモチーフの髪飾りを選ぶのも手です。

【ブーケや会場の装花と合わせる】
特に生花を髪飾りに使う場合は、ブーケや会場装花と合わせると、一体感がありますね。
例えば菊や芍薬、牡丹は古典的、ユリやバラ、ダリアはクラシカルなイメージを与えます。
造花の髪飾りだと定番花は決まっているので、挙式や披露宴をする季節に合わせて選んでみると良いです。

【会場の広さ、招待客との距離感で選ぶ】
大振りで豪華な髪飾りは大きな会場で見栄えしますし、シンプルで小ぶりな髪飾りは招待客と距離が近い会場でも邪魔になりません。

かんざし・こうがい

かんざし・こうがい

つまみ細工

つまみ細工

生花

生花

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。