ホテルウエディングが定番人気の理由とは?メリット・デメリットで見る魅力まとめ

ホテルウエディング

挙式・披露宴会場として定番人気なのが「ホテル」です。

ホテルウエディングが行なえるホテル自体に知名度があり、格式も高いことから、招待客に年配の方や会社の上司が多い場合でも、安心感があります。

式場・披露宴会場は一つのホテルに複数用意されており、少人数から大規模までの結婚式に幅広く対応してくれます。

「招待客に年配の方や会社の上司が多いので、同世代だけではなく、年上の方々にも受けの良い式・披露宴にしたい」

「式や披露宴が終わった後、結婚記念日など節目節目で食事したり宿泊したりして、思い出にひたりたい。」

というカップルに選ばれています。

会場として二大人気なのが専用式場とホテルですが「具体的にどのような違いがあるのか?」を中心に、ホテルウエディングのメリット・デメリットを考えていきたいと思います。

ホテルウエディングの人気ポイント・メリット

知名度と格式が高い

結婚式には様々な年代の人が招待客として訪れるので、ホテルウエディングは「伝統と格式がある」という理由から、特に年配の人に好まれます。

ホテルでの挙式や披露宴を考えている人は、やはり「フォーマル感」を重視されることが多いです。

式場や披露宴会場が開催されるようなホテルは、名前が知られた所ばかりなので、たとえ初めて訪れるホテルであっても「○○ホテルだから大丈夫だろう」という安心感があります。

まじまじと見られる機会が多い室内の調度品やテーブル・イス、カラトリーに至るまで「安っぽさがない」のも、ホテルならではの魅力です。

設備が充実している

ホテルは式場や披露宴を行なう会場だけではなく、美容院やエステサロン、貸衣裳店、装花店が併設されている場合も多く、1ヶ所で全ての打ち合わせが行なえるので、時間と手間を大幅に省けます。

設備が充実して嬉しいのは新郎新婦だけではなく、招待客にも大きなメリットがあります。

ロビーが広く喫茶店もあるので、早めに来ても時間が潰せるだけではなく、施設内には美容室や控室、クロークが完備しており、招待客は結婚式が始まる前に着替えやヘアメイクをすることも可能です。

特に着物での参列を考えていたり、結婚式の時期が夏や冬で移動時の恰好に悩んだりする時でも、かなり重宝すると思います。

立地・交通の便が良い

他の会場と比較して、ホテルは

  • 最寄りの公共交通機関から近い(駅近)
  • 敷地内に広い駐車場がある
  • 主要駅からの無料シャトルバスサービスがある

など、立地や交通の便の良さがあります。

特に遠方からの招待客が多い式を予定しているのであれば「行きやすさ」は優先事項になりますね。

宿泊の手配が楽&料金が割引になる

「新郎新婦に宿泊プレゼント」や「参列者の宿泊割引」などの特典を受けられるホテルもあります。

遠方からの招待客で前泊や後泊を希望している人がいる場合、宿泊の手配も手間なく行なえて、割引料金で泊まれるのは、ホテルウエディングの大きなメリットの一つです。

他にも、式前日に家族と泊まって一緒の時間を過ごしたり、式後に2人で宿泊して明日の新婚旅行に備えたりと、自分たちや家族の為にも使えるのも良いですね。

「思い出の場所」として長く利用できる

専門式場は基本的に結婚式が行なわれる時にしか空いておらず、結婚後、訪れる機会は非常に限られます。

ホテルウエディングは誰でも気軽に行ける「ホテル」という特性を活かして、結婚式が終わった後も、結婚記念日に食事をしたり、宿泊したりなど、様々な場面で訪れる機会に恵まれます。

予約特典として宿泊割引や毎年のお食事招待などをプレゼントしてくれるホテルもあるので、式場選びの際は特典の有無や内容も要確認ですね。

熟練のウエディングプランナーが担当

ホテルウエディングでお世話になるウエディングプランナーさんは、他の会場と比較して、新郎新婦と同世代の若い方よりも年配の方が多いという印象です。

経験と知識が豊富な分、あまり結婚式や披露宴に出席したことがない新郎新婦や、最近の結婚式事情に詳しくない両親の心強い味方になってくれること間違いなしです。

既婚者も少なくなく「親や親戚目線」でも式や披露宴の内容を見てくれるので、特に招待客が年配が多い結婚式を考えているカップルにとって安心感がありますね。

ホテルウエディングのデメリット・気を付けたいこと

専用式場ではない分、不自由さがある

専門式場のように結婚式専用の設備が充分ではないことが多く「自分たちの結婚式では、こんな演出をしたい」という希望の演出ができない場合があります。

例えばチャペルだと、挙式終了後、バルーンリリースやライスシャワーをすることも可能ですが、室内型の挙式会場がメインとなるホテルウエディングでは、難しい所があります。

そもそも式の流れや演出、料理なども、ある程度決められたプランやコースからの選択になるので「二人らしいオリジナリティあふれる結婚式」にするのは、ホテルやウエディングプランナーさんにもよりますが、厳しい部分が多々あると思います。

またホテルという場所柄、法人利用や宿泊、ランチ目当てのお客さんも多く、招待客にとっては「結婚式に来た特別感」が下がってしまうのも気になります。 

挙式会場と披露宴会場に距離があって移動が大変だったり、ホテル内で迷ったりしやすいなど、広い敷地であるからこそ大変な部分も出てきますね。

他の花嫁花婿や招待客と重なる可能性あり

レストランやゲストハウスと違い「1日1~2組限定・貸し切り」ではなく、結婚式の日取りで人気の日は1日で複数組の挙式や披露宴が行なわれます。その分、会場も入れ替え制になるので、時間の融通が効きにくいというデメリットも。

特に披露宴会場は、同じフロアに複数会場ある場合が多く、開始・閉会が似たような時間帯になると、他の花嫁花婿とバッティングしてしまう可能性が高くなります。

その為「近くにあるので、どうしても他の式や披露宴と比較してしまった」や「他の人が多く、次の人の式
もあるので時間が限られてしまい、バタバタした雰囲気になった」という意見もありますね。

また招待客にとっても「間違って他のカップルの挙式会場や披露宴会場に行ってしまった」という事態にもなりかねません。

少人数から大規模まで幅広い招待客人数に対応

ホテルウエディングの招待客の平均人数は72.4人で、で、新郎・新婦、各家で呼ぶ招待客は「36人前後」が一つの目安になります。

披露宴が行なわれる会場は、元々「宴会場」として利用されている場所で、宴会場ごとに広さや雰囲気が異なります。

その為、家族や親戚だけの身内で行なう少人数結婚式から100人以上が集まる大規模な結婚式まで、様々なウエディングシーンに対応してくれます。

【招待客の平均人数】
30人未満:8.5%
30~40人未満:7.3%
40~50人未満:4.5%
50~60人未満:6.1%
60~70人未満:9.7%
70~80人未満:16.6%
80~90人未満:17.4%
90~100人未満:8.5%
100~110人未満:8.9%
110~120人未満:3.2%
120~130人未満:4.0%
130~140人未満:1.6%
140~150人未満:0.4%
150~160人未満:0.4%
160人以上:0.4%
------------
平均人数:72.4人

バンケット(宴会場)が大規模な所だと20~30人の少人数は断られたり、小規模な所だと大人数に対応していなかったりするので、招待客の人数問わず対応してくれるのは安心感がありますね。

人気の挙式スタイルは「キリスト教式」

ホテルには希望の挙式スタイルに対応できるよう、様々な式場が用意されています。

挙式形式は「キリスト教式(教会式)」が6割を占めており、他の会場と比較して「人前式」を行なう率は低い傾向にあります。

  • キリスト教式(教会式):62.4%
  • 人前式:17.8%
  • 神前式:16.9%
  • 仏前式:0.8%
  • その他:0.8%

挙式料は平均よりも低め

挙式料の平均金額は28.2万円

【ホテルウエディングの挙式料】
5万円未満(0を含む):1.1%
5~10万円未満:7.4
10~15万円未満:13.8%
15~20万円未満:9.6%
20~25万円未満:25.5%
25~30万円未満:14.9%
30~35万円未満:11.7%
35~40万円未満:2.1%
40~45万円未満:2.1%
45~50万円未満:―
50万円以上:11.7%
-------------
平均総額:28.2万円

他挙式会場の挙式料と比較すると、挙式費用は2/3以下の料金に収まります。

ホテルの挙式会場は一室に設えた「室内型」が多く、併設されたチャペルが無いのが一般的なので、その分、料金も低め……という感じでしょうか。

地下施設だと窓がなく、シャンデリアや照明の明かりになるので「開放的な雰囲気で挙式をしたい」と思うカップルには不向きです。

総額相場

挙式、披露宴・披露パーティ総額は、平均404.2万円で、招待客の平均人数と合わせて考えるとホテルでの結婚式費用は「70人で400万円」が一つの目安になります。

50万円未満:0.4%
50~100万円未満:2.1%
100~150万円未満:2.9%
150~200万円未満:4.1%
200~250万円未満:4.5%
250~300万円未満:5.4%
300~350万円未満:12.8%
350~400万円未満:14.0%
400~450万円未満:16.5%
450~500万円未満:9.1%
500~550万円未満:10.3%
550~600万円未満:2.5%
600~650万円未満:7.9%
650~700万円未満:2.5%
700万円以上:5.0%
--------------
平均総額:404.2万円

「ホテルウエディングは高い」というイメージがありますが、他会場と比較しても「それほど高くはない」という印象です。

基本的に招待客の人数が増えたり、希望の演出を入れたり、基本プランからグレードをアップしたりすれば、総額も大きくなるので「自分たちがどのような結婚式をしたいのか?」によって、同じ会場でも費用は大きく変わります。

披露宴・披露パーティー会場 招待客人数(平均) 挙式、披露宴・披露パーティ総額(平均)
全国(推計値) 74.6人 359.7万円
一般の結婚式場 74.8人 413.1万円
ホテル 75.7人 404.2万円
レストラン 63.7人 335.9万円
ホテル・式場・会館内のレストラン 43.5人 272.3万円
ハウスウエディング(ゲストハウス) 74.5人 451.9万円

飲食代

料理と飲み物の総額は平均128.3万円。

一人あたりの料理+飲み物費用は1.95万円で、他の式場が2万円前後なのと比較しても、招待客一人あたりの飲食代金に差はありません。

ホテルの婚礼料理は「フランス料理」と「折衷料理」が2大定番です。
料理の味に関しては、正直、ホテルによって様々で「シェフのこだわりがあって美味しい」と「期待していたよりもイマイチ……」で二極化する傾向にあります。

余興や演出にそれほどこだわりがなければ、披露宴は食事や歓談がメインになり「料理の美味しさ」は外せないポイントです。

式場見学やブライダルフェアの際に、実際に提供される料理を試食して、式場選びの参考にすることをおすすめします。

ホテルウエディングの会場選びのポイント

ホテル結婚式の特徴やメリット・デメリットから、式場の選び方のポイントをまとめてみました。

【挙式会場】
・室内会場の他に、独立型のチャペル、神殿、ガーデンなどがあるか?

【設備やサービス】
・利用可能な設備内容
・ロビーなど待合いスペースの規模、喫茶店の有無
・控室の数と広さ
・ホテルと提携外からの持ち込みの可否、持ち込み料金
・料理の質や値段の適正さ

【交通】
・最寄り駅からの距離と時間
・主要駅からの送迎サービスの有無や料金
・インターチェンジや空港、新幹線停車駅からのアクセスのしやすさ
・駐車場の台数、近隣の駐車場の駐車料

【宿泊】
・前泊や後泊をする招待客向けの割引サービスの有無

ゼクシィを初めとした、結婚式・結婚式場口コミサイトでは、検索条件から理想の結婚式場探しが行なえます。

「お気に入りに追加」で他の候補と比較したり「見学・相談予約」からすぐに希望の式場に予約ができたりするので、忙しい時でも結婚準備を着実に進められます。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。