家族や親族の結婚式での服装マナーは?衣裳の種類やレンタル金額相場

結婚式の服装

結婚式や披露宴では、新郎新婦だけではなく、両家の親も主催者になります。

その為、当日の服装は格式と品があり、新郎新婦本人たちとバランスが取れていることが大切になります。

親や家族、親戚の服装マナーについてまとめました。装いに悩んだ時の参考になれば幸いです。

両親の服装

両親の正礼装

一般的に父親はモーニング、母親は黒留袖が定番です。

服装の格が同じであれば、和装・洋装のどちらかに揃える必要はありません。

父親がモーニング、母親が黒留袖……という組み合わせが長年の通例になっています。

父親

モーニングコートまたはタキシード
挙式や披露宴が夜の場合は、男性の第一礼装は「燕尾服(タキシード)」ですが、モーニングを着ることも多いですね。

ネクタイは黒✕白、銀、グレーなどのストライプが一般的です。

和装は黒五つ紋羽織袴
新郎も黒五つ紋羽織袴を着る場合は、新郎よりも地味な出で立ちにします。

母親

母親の定番衣裳は、既婚女性の正礼装である「黒留袖」です。

洋装であればフォーマルドレスを着用します。
昼はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスになり、他の招待客と区別する意味合いでも、ロングドレスが好まれます。

兄弟姉妹・親族の服装

家族・親族

洋装 和装
祖父 モーニング、ブラックスーツなど 紋付羽織袴
祖母 フォーマルドレス、セレモニースーツなど 黒留袖
兄弟・男性親族 ブラックスーツ
ディレクタースーツ
未婚者や年が若ければダークスーツでもOK
姉妹・女性親族 フォーマルドレス
セレモニースーツ
フォーマル感のあるワンピースでもOK
既婚:黒留袖
未婚:振り袖、訪問着
学生・子ども 学校の制服
小さな子どもには着物やドレスを着せる場合も

祖父母

祖父母は両親よりも控えめな服装(格が『同格または、やや下』)になります。

例えば両親が正装であれば、祖父母は正装や準礼装です。

ただし祖父母のように招待客が高齢の場合は、身体や体調面的に正装や準礼装が難しいこともあります。
その時は無理をせず「普段着とは違う、よそ行き」くらいの服装でも問題ありません。

兄弟・男性親族

新郎新婦の兄弟や男性親族は、準礼装の「ディレクタースーツ」、「ブラックスーツ」を着ます。

未婚者や年が若ければ、略礼装の「ダークスーツ」を着る場合もあります。
手持ちにブラックスーツやダークスーツがあれば、それを着る人が大半ですね。

若い人は「シングルボタン」、年配の人は「ダブルボタン」が主流です。
貸衣装店によってはシングルタイプのスーツの取り扱いがない場合があり(実際に私たちが利用した所はそうでした)、その際はまた別に手配することになります。

【ディレクタースーツ】
ディレクターズスーツは昼間の準礼装です。
黒(または濃いグレー、濃紺)のジャケットに、グレーのストライプ地のスラックスを合わせます。

ブラックスーツよりも格は「上」なので、親族や主賓、上司として結婚式に出席する場合はディレクタースーツを着る人が多いですね。

【ブラックスーツ】
いわゆる「礼服」と呼ばれる冠婚葬祭で着る用のスーツで、昼夜問わず着られます。

黒のジャケットに共布の黒スラックスを合わせます。
冠婚葬祭用にブラックスーツを1着持っていれば、後は婚礼用のネクタイを合わせればOKです。

【ダークスーツ】
ダークスーツは濃紺やダークグレーのスーツのことで、いわゆる「ビジネススーツ」もダークスーツに入ります。
略礼装ですが婚礼用のネクタイやベストと組み合わせることで、結婚式にも対応できます。

若者(10~30代)はダークスーツ、年配はブラックスーツを着ることが多いですね。

姉妹・女性親族

新郎新婦の姉妹や女性親族の服装は「フォーマルドレス」が一般的です。

正装は「アフタヌーンドレス(昼間)」と「イブニングドレス(夜)」。
略礼装は「セミドレス」や「カクテルドレス」、「ディナードレス(夜)」。

他にも「セレモニースーツ」や「フォーマル感のあるワンピース」も着られています。

和装であれば、既婚者は黒留袖、未婚者は振り袖や訪問着になります。

女性の服装は、結婚式や披露宴が開催される時間帯によって、装いが少し異なります。
足元はヌーディーなストッキング&ヒールのあるパンプスで共通です。

【昼間】
露出は控えめで、スカートはひざ丈~セミロング程度にします。
アクセサリーはパールやコサージュなど、キラキラしにくいものを選びましょう。

【夜】
昼間の結婚式・披露宴と比較して、胸元や腕など、露出が多くなっても大丈夫です。
光沢のある(ラメやスパンコールなど)で華やかさがある生地が向いています。
宝石や金銀、ビジューなど光るアクセサリーも着けられます。

学生・子ども

ブレザーや詰め襟、セーラー服問わず、制服であれば「礼装」に当たります。

制服を着るのに抵抗があれば、フォーマル感がある服装ならば大丈夫です。

衣裳選びのポイント

新郎新婦の服装の格に合わせる

新郎新婦の婚礼衣裳が準礼装や略礼装になる場合は、両親もそれに合わせます。

例えば人前結婚式や会費制の結婚式など、カジュアルな雰囲気の挙式・披露宴だと、新郎新婦が準礼装で両親が正礼装だと、どうしても場違いな雰囲気が出てしまいます。

男性はディレクタースーツやブラックスーツ、女性は和装ならば訪問着や色無地、洋装であればフォーマルドレスが定番です。

相手の両親とも相談を

顔合わせ食事会や結納時と同じように、結婚式や披露宴でも「両家の服装の格を揃える」ことが必要になります。

  • どのような衣裳を着るのか
  • 和装の場合、着付けはどうするか
  • ヘアセットをどこでお願いするのか

なども合わせて事前に相談をしておきましょう。

【結婚準備のリアル管理人の場合】
顔合わせ食事会が終わった後、相手の家族が私の実家に挨拶に来る機会があり、その時に挙式当日の服装についても話が出ました。

その時に「父親はモーニング、母親は黒留袖ではないか?」という話になり「最終確認で会った時に貸衣装店に行って決めましょう」となりました。

夏場の和装は大変!時期に応じた服装を

夏場の結婚式や披露宴は、冷房が効いているとはいえ、なかなかに暑くなりやすいものです。

当日は招待客をもてなしたり、動き回ったりすることを考えると、夏の衣裳は和装よりも洋装の方が良いでしょう。

衣裳のレンタル相場

金額相場
タキシード・モーニングコート一式 15,000円~60,000円
紋付羽織袴 30,000円~80,000円
フォーマルドレス 20,000円~100,000円
黒留袖一式 25,000円~100,000円
着付け代 10,000円~15,000円
ヘアメイク 5,000円~10,000円

衣裳は貸衣装店や地域、選ぶ衣裳によって、価格帯は様々です。

式場によってはレンタルプランや新郎新婦とのセットプランが用意されている場合があり、通常よりも安く借りられる場合もあるので確認してみましょう。

挙式日1ヶ月前までにはレンタルの手配を

家族や親族の衣裳をレンタルする場合は、挙式日1ヶ月前までを目安に手配を済ませます。

花嫁のウエディングドレスとは違い、種類も限られるので、貸衣装店に行ったその日にあっさり決まると思います。

貸衣装店によっては、選べる種類は少なくなりますが、カタログに掲載されている衣裳を選んで、電話やFAX、メールで注文ができる場合もあります。

実家が遠方にあり、なかなか貸衣装店に行きにくい時でも「いざという時に頼める」という安心感がありますね。

メッセージ・質問などをお待ちしています

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。